2010年06月21日

沖縄プロレス、本土初上陸!徳島、大阪、神戸で試合開催!

沖縄プロレス公式より。

沖縄プロレス 本土初上陸!!

9月3日(金)徳島大会
徳島・阿南市スポーツ総合センター サンアリーナ体育館
詳細は後日発表致します。

9月4日(土)大阪大会(昼夜興行)『大阪初上陸!沖縄プロレス』
大阪・弁天町世界館
(第一部)13時開場 14時試合開始
(第二部)18時開場 19時試合開始

9月5日(日)神戸大会
『南国・沖縄フェアファイナルイベント めんそ〜れ沖縄プロレス』
神戸 西神オリエンタルホテル 4階宴会場「翔雲の間」
受付17時30分、食事18時〜20時、ショー・試合18時45分〜20時30分

沖縄民謡、親父倶楽部LIVE、沖縄童話読み語り、プロレス教室、スペシャル抽選会他

<当日の他の催し>
(3階ロビー、宴会場 入場無料)
◇9:00〜22:00 沖縄物産展
◇14:00〜       
スペル・デルフィン&早坂好恵夫妻トークショー、サイン・撮影、書籍販売会

…とのことです!
徳島は、シーサー王の故郷ですな。…書いていいんよね(汗)

そして大阪では昼夜興行があります。これでいける方が増えるといいなあ。

そして神戸はディナーショー形式のプロレス。いろんな催しもありますが、この中で沖縄物産展があるのがいいですね。
ご当地プロレス団体がほかの地域で興行をやる時、こういう催しと一緒にやったらいいのになあと思ってました。

沖縄プロレスが沖縄観光PRのひとつの看板になって、逆に物産展にひかれた方がプロレスにも関心持ってもらえたら理想ですな。

九州プロレスも、もしも他地域でやる機会があったら、そういう要素入れてほしいなあ。

沖縄プロレス6.18 第二代沖縄プロレス王座決定トーナメントニ回戦結果

沖縄プロレス公式より。
第二代沖縄プロレス王座決定トーナメント、6.18分の試合結果を。

第二代沖縄プロレス王座決定トーナメント 2回戦
・○シーサー王(14分47秒ファイナルシーサー)×エイサー8

…むー、シーサー王がきたか、やはり…
まだキャリアの浅いエイティたんがどんぐらい頑張ったかが気になります。

これでシーサー王は準決勝進出、相手はゴールデンパイン、7/3対戦です!

沖縄の中では大型選手となる二人の対戦は迫力ありそうですな。
posted by hazel at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪プロレス「大阪タッグフェスティバル2010」途中経過(6/20現在)※考察追加

「大阪タッグフェステイバル2010」

A、Bブロックに分かれ、勝ち2点、負け0点、引き分け1点。
各ブロック得点1位通過チームが6.27IMP大会で優勝決定戦を戦う。

6/20試合終了後の結果…
[Aブロック]
・望月成晃&ドン・フジイ(得点4、残1試合)
・タダスケ&ヲロチ(得点2、残1試合)
・小峠篤司&原田大輔(得点2、残1試合)
・ビリーケンキッド&ユタカ(得点0、残1試合)

[Bブロック]
・ブラックバファロー&タイガースマスク(得点4、残1試合)
・政宗&秀吉(得点3、残1試合)
・アジアン・クーガー&えべっさん(得点1、残1試合)
・高井憲吾&入江茂弘(得点0、残1試合)


…6/20時点で、ビリーユタカ組、クーガーえべ組、高井入江組の決勝進出はなくなりましたな…。

しかし、ビリーユタカ組は、残るは望月フジイ組戦。ドラゲ勢に一矢報いてほしい…
ここで食い止めれば、Aブロックは、タダスケヲロチ組対小峠原田組の勝利チームが得点4となり、望月フジイと同点で望みがつながります。

Bブロックは、戦国対丑寅の勝利チームが、決勝進出となります!

今後の試合…
■6/26(土)18:00…[大阪]大阪プロレス 「大阪タッグフェスティバル2010」 大阪ミナミ・ムーブオン・アリーナ

[Aブロック]
・小峠篤司&原田大輔(2点) vs タダスケ&ヲロチ(2点)

・ビリーケン・キッド&ユタカ(0点) vs 望月成晃&ドン・フジイ(4点)

[Bブロック]
・秀吉&政宗(3点) vs タイガースマスク&ブラックバファロー(4点)

・アジアン・クーガー&えべっさん(1点) vs 高井憲悟&入江茂弘(0点)


■6/27(日)13:00…[大阪]大阪プロレス「大阪タッグフェスティバル2010〜優勝決定戦」松下IMPホール

Aブロック1位 vs Bブロック1位

posted by hazel at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪プロレス6.20大阪タッグフェス第4戦試合結果(内容書き足し)

試合結果をメルマガより。
少し書き足します。後で写真も追加予定。

前説のカード発表で、第三試合はお肉争奪タッグマッチと発表。
吉野「いつ決まったんですか」
宮尾「30分前に決まりました」…ww

・○秀吉(7分41秒刀狩)×えべっさん

…腰を攻撃すると、そのたびに「腰はやめてー!」と声をあげるえべ。
「腰やっていいんか」とレフェリーに確認しつつも集中攻撃する秀吉w

試合後、「もう、止めてよー。腰使えなくなったらどうするん」とえべ、
「使うことないやろ」と吉野。…あの。お昼ですよ。お子様客もいますよ(汗)


・×タコヤキーダー(7分07秒アウトキャスト→体固め)○タダスケ

…タコちゃんの攻撃する時の雰囲気が、前と少し変わった気がする。落ち着きが出たというか。…やはり、落としたもののベルトを獲ったのは自信がついたかなあ。
しかしタダスケはうまいよな…さらに。


焼肉勝っちゃんプレゼンツお肉争奪タッグマッチ
・アジアン・クーガー&○松山勘十郎(12分31秒陣太鼓→片エビ固め)政宗&×くいしんぼう仮面


焼肉勝っちゃんのオーナーさんがお肉持参。それを手にみんなで記念撮影w
意欲燃やして「にくー!にくー!」と言いながら攻撃する勘十郎w

政宗をつかまえてロープ渡りする勘十郎、ミラクルが蝶々を持つが微妙に勘ちゃんを嫌がらせ。と、くいさんがそのミラクルめがけてスライディングキックww…ケガしてるのに(汗)

政宗くいしんぼうという異色タッグ、連携しようとする政宗、しかしダブルのブレンバスターをしようとすると相手の方に入るくい。「ちげーよ!」と怒る政宗。
…これはかつてはデルフィンさんとくいさんでやってたボケパターンだけど、政宗のツッコミが新鮮w

ラストは愛しのみだれ髪から陣太鼓をきめて勘ちゃん勝利。

と、そこになぜかえべが勝手に来て倒れて余命いくばくもない状態に。焼肉勝っちゃんにささげる言葉と、ささげる歌をムチャぶりされるが見事に歌いきるw


抽選会はスパイダーたん。リング下から瀬戸口君が盛り上げてる。二人とも、回復待ってますよー。


「大阪タッグフェスティバル2010」公式戦
・高井憲悟&×入江茂弘(17分10秒腕固め)タイガースマスク&○ブラックバファロー
※高井&入江2敗0点、タイガース&バファロー2勝4点


…チームでら奇襲、しかし丑寅は入江を捕まえて徹底的に腕攻め。苦しめられる入江、必死に逃れると高井とド迫力の連携を決める。
が、ラストはバファローが仕留めて勝利。

…チームでら組もいい試合見せてくれるけど、丑寅としてはここは落とせないよな…


「大阪タッグフェスティバル2010」公式戦
・○小峠篤司&原田大輔(25分50秒桃の青春インパクト→片エビ固め)ビリーケン・キッド&×ユタカ
※小峠&原田1勝1敗2点、ビリー&ユタカ2敗0点


…今回のタッグフェスの中で、自分が一番見たかったカードです。ビリーユタカは来週望月フジイ組戦もあるけど…それも見たいけど、互いをよく知る、認め合うからこそのものがある、この試合が見たかった。

いい試合じゃった…。見たかったものがかなった感じ。
小峠原田は、海外遠征、UWAタイトル獲得経験でさらに攻撃が多彩になってきたなあ…
しかし、ビリー組に、それもビリーさんが獲って勝ってほしかった。特に今は。

試合後、「俺たちふたりは、自分たちの力だけでベルトを巻いてるわけではない 、先輩たちがいるからと強く感じました」と小峠。

…大阪の子たちはみんなええ子じゃ…。←エコヒイキおかん状態(汗)
posted by hazel at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神プロレス喧嘩祭り 大阪プロレス対ドラゴンゲート6.18スカイホール(観戦メモ簡略版)※リンク追加

s_IMG_6039.jpg
試合結果と、感想を少しだけ。

※リンク追加。
ちゃーさんがトゥギャッターで関連ツイッターをまとめてくれています。
阪神プロレス喧嘩祭り

からしさんご観戦

パクチさんご観戦

ツイッターでも、ハッシュタグ#osk_pw、#prowrestlingでたどくと速報ツイートされていた方が多数いらっしゃいます。
ドラゲのタグもあるのかな?

6月18日(金)「阪神プロレス喧嘩祭り 大阪プロレス 対 ドラゴンゲート」
京セラドーム大阪 スカイホール 18:30開始 観衆700人(超満員札止め)


はじめていきましたスカイホール。
同行した現地友によりますと、ここはかつて、ガイアジャパンがよく使っていた会場だとか。
ホールというより、球場の外周の通路的な部分を広く使ったスペースという感じ。

まず入場式。双方の選手が、双方の応援席サイドから一人ずつリングイン。ルードもリンピオもみんな。
選手がくると相手側に負けじと、この時から拍手と声援が飛ぶ飛ぶ、選手もあおる。

リングの中は一触即発状態、ひとまず収めて、ドラゲ側はシーマが挑発的なマイク。これに大阪ファンは、マイクが聞こえなくなるレベルの大ブーイング。
大阪側は、ビリーが言葉はシンプルに「おしゃべりでなく、試合で勝負してやる」と。

試合はどの試合も、入場時、スタート時から選手の声援がすごい!
そしてリングインするたび、攻撃が入るたびに、声があがる。
…自分も、大阪サイドが相手を倒すと、大げさに喜んだりしました(汗)これは反対側のドラゲサイドも同様だったようで。

しかしながら、完全に反対側に分けてあるので、相手からの罵声的なものは遠くに聞こえる程度で、周りは同士ばかりなので異様に応援が盛り上がる。

セコンドの選手も声援を促すアクションをしきりに、さらにはリングアナまで客席を煽るというありえない風景だけど、ここまでくると燃える。

これは未体験の空気。対抗戦にあまり気乗りしなかった自分ですが、この空気がなんか面白くなってきてた。興行の形式としてアリだと思いました。

試合は以下に。
続きはこちら
posted by hazel at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日のつぶやき

6/20にツイッターでつぶやいた分のログを、ツイログより持ってきています

続きはこちら
posted by hazel at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。