2004年11月13日

インディーのお仕事#107

デビューおめでとう!
さて、お仕事。いってみよー。(今日のタイトルコールは国際の西田レフェリーと会場さんでした)
今日のお品書き。
<WEEKLY INDIES DIGEST!>
・大阪プロレス 11.3大阪IMPホール天王山FINAL
・大阪プロレス 11.7後楽園ホール
・大日本プロレス11.5道場記者会見
・WMF 11.6バトルスフィア東京
・インディペンデントドリーム 11.7バトルスフィア東京
・新日本プロレス 11.8北沢LION'S ROAD 2nd
・DDT11・9北沢タウンホール
<WEEKLY INDIES PICK-UP!>
・WWS 11.7本庄市民体育館
・国際プロレス 11.7鶴見青果市場特設リング
…となっております。

大阪、11.3天王山ファイナル。
この日の生ゴン映像はこちら
お仕事ボーナストラックはまず、内田さんのデビュー戦映像が。

・×内田祥一(7分49秒逆エビ固め)○ゴア

「171cm80kg、内田祥一ー!」とコールされるや「お願いします!」と大きくお辞儀。そして舞う沢山の紙テープ。それが予想外だったのか、一瞬とまどったような表情。うれしかったろうなあ。緊張でそれどころじゃなかったろか。
ゴアに肘うちをぶつける内田。ゴアは横っ面をはってその動きを止める。しかし内田、すかさずドロップキック、場内から大きな拍手。走ってくる内田にゴア、ラリアット。そしてラストの逆エビで内田ギブアップ。

そして試合後、ゴアさんが内田さんの健闘を称えてその背中を叩くシーンもちらっと。うー、写真や映像で何回見てもここ好きです。
試合後…

天王山2004準決勝
・×ペロ(9分17秒ラストライド)○“ビッグボス”MA-G-MA


体当たり合戦をするペロとマグマ、ペロがパワーで勝るシーンが追加でありました。

天王山2004準決勝
・○ビリーケン・キッド(15分31秒ラス・エスパルダス)×タイガースマスク


試合前に握手する2人、裏投げからタイガーススープレックスにいく場面も放映あり。

天王山2004優勝決定戦
・×ビリーケン・キッド(18分04秒ラストライド)○“ビッグボス”MA-G-MA


2人の入場シーンも生ゴンよりも少し長めにあり。
コーナーでマグマがビリーの足を椅子で殴るシーンが追加で放映あり。

そして試合後乱闘。
ペロのマイク「これからはな、ペロも最前線に出て、愚連隊とやっていくぞ!」

…この日の試合は、11.23にサムライで放送予定です。

そして今度は11.7後楽園。
これの生ゴン映像の分はこちら
お仕事で流れたのは以下の試合。

・○村浜武洋(10分21秒片エビ固め)×中嶋勝彦

…キックの攻防からドロップキックの相打ちになるシーンもあり。

・ビリーケン・キッド&×タイガースマスク&ペロ(21分58秒体固め)○“ビッグボス”MA-G-MA&大王QUALLT&ゴア

…虎ビリーの間にペロが入っての入場シーンも。ロープの上でポーズとりますが、真ん中の重量にひっぱられませんでしたでしょか(汗)。

そして、岸和田勢の勝利後、ゴアがマイク。
「今日はな、俺の知り合いを1人、連れてきたんだ。みちのくプロレス、湯浅和也!リングに上がってくれ」
湯浅、花道から登場。「12月3日、俺とシングルで戦ってくれ!」
少しの間の後、ゴア「死ぬ気で行くぞ、湯浅!」と2人は握手。

…いかん、こんだけで泣きそう。お仕事、これ流してくれてグッジョブです。今年のJカップでは実現できなかった対決の機会が、ようやく出来たんですね。

・えべっさん&デンセンマン&○中西百恵(18分48秒モモ☆ラッチ)スペル・デルフィン&×くいしんぼう仮面&風香


前半、素早い動きでデルを翻弄しまくるモモの姿も。高度な鬼ごっこ状態(笑)。そしてすばやいドロップキック。数珠繋ぎで風香ちゃんの足に自ら締められにいくシーンには「さすが、セクハラ大王」とのナレーション。セクハラしてほめられるのえべ様だけ(笑)。

そしてモモ、マイク。「実はえべっさんと同じ小学校に通ってました」場内どよめき。「ジムも一緒でした。私のお姉ちゃんと同級生です。てことは、私はえべっさんの後輩にあたるわけです。そんなえべっさんに是非とも1月7日、私の引退試合に参戦していただけないでしょうか?」場内歓声。

えべ「行くとも!(お金のアクションしながら)こっちのほうは社長と交渉してください」

場外からデル「タダでいいで」えべ「いやそれは…」場内爆笑。
えべ「わかりました。1月7日私えべっさん中西百重引退興行、参戦させていただきます」場内拍手。ホントにタダ?(笑)

…あれ、ビューティフルは?ま、この日の試合は11.19にスカイAでも放送予定です。

V後、「決勝去年と同じカードでしょ?ビリケン選手もシングルチャンピオンになったりとか、頑張ったと思うんだけど、でもねやっぱり…まだ頑張んなきゃ。同じ結果じゃ駄目」とニコライ。うー。全身から頑張ってるのがわかるビリーさんにあえてそう言いますか。でも、確かにもう一歩上のビリーさんを見たいです。ああ、ファンって残酷。

*
大日。
アブコバさんの奥さんの写真披露。て、それじゃわかんないよ(笑)。
それと、新しいトラックがようやく手に入ったことで、新たな事業展開として、アブコバさんが社長となって「大日本プロレス運輸」という引越屋さんを立ち上げるとのこと。
このメンツ来てくれるならうれしいけど、そのまま一軒家プロレスや商店街プロレスみたいに家のもの全部壊されそうな気がするのは気のせいか(笑)。

*
DDT、11.9北沢。
一宮、ディーノ、坂井のトリプルスレッド戦後、ディーノから一宮に質問。
「なんか社長としてないの?アイアンマンを盛り上げる何とかっていうのは。それにアタシ乗ろう乗ろうと必死に伺ってたのに」
一宮「今ここで発表します。その企画、アイアンマン五十三次の旅」

坂井、ディーノ「なっに〜〜〜!」
一宮「この3名で(17日の)新木場を終了した後行って参りますのでよろしくお願いいたします」

…五十三次ってことは関東から関西までだから、こっちにはこないのね。ちぇ。

ホスト軍とFECが決裂。
東郷「これ以上、テメエらと組んだらFECの格が下がんだよ!」とホスト軍をギタンギタンに。
メインは東郷、橋本、守部のFEC対三四郎、柿本、そして柿本のタイツを借りたホストの神咲。が、神咲きがFECに寝返り。試合後乱闘になったところに、パワーホールが流れて泉州力登場。
…登場の意味不明(笑)。どっかで聞いたようなマイクと、泉州のショボショボ感に呆然(笑)。なんかむりやり落としたというか、ドリフの最後にセット壊れたり、巨人が出てきて終了、みたいな感じ(汗)。

試合後、三四郎集会。お仕事でも流れた(私は内容書いてないですが)ライオンズロードに関連して。

三四郎「東京スポーツ持ってるやついるか?」記事を読み出す。「新日『ライオンズロード』真壁プロデューサー他団体メッタ斬り!DDTのHERO!やたらと飛んだり跳ねたりしていたけど、そこに戦いはあるのか。健心も佐々木健介のモノマネをしているだけ。だからなんだっつーのよ。矢野はああいったスタイルだけど、ちゃんとレスリングしてたよ」

新聞を置いて。「俺から一言言わせてもらおう。お前が言うなー!!」ギャラリー、大喜び。
「テメエなんてな、新日本という団体がなければ、佐野直と一緒だよ。お前なんてな、新日本という鎧がなければ佐野直と一緒だよ」

…ぎゃはは、史上最大級の侮辱。
そしてもいちど「俺から言わせてくれ、お前が言うなー!!」

V後、ニコライのコメント。「俺はね、ふらりと来た新日の選手が同じこと言うならいいと思う。だけど真壁選手プロデューサーなんでしょ。このカードはあなたが責任ある立場で決めたものでしょ。その人がDDTの提供マッチとして組んだんだったら、それは言っちゃいけないんじゃないの?じゃああなた達は彼らの試合見ずに試合組んだんですかと。あなたのコンセプトと違うからって文句言うのはあなたの立場としておかしいと思う」

…全く持っておっしゃる通りのような。自分で用意したものに自分でケチつけてるって感じですね。真壁選手が斬ってるって内容も、否定的な見方をしている人なら誰でも言えるようなつまんない指摘だし。もう少し面白いツッコミ希望。

えと、さらにお仕事はこれに付随して、名前を出された佐野直にまで話聞いてる。「ここで俺の名前出してるってことは、2人とも俺と試合したいってことなのかな?」…絶対に違います。ていうか真壁さんはあなたのこと何も言ってません。「じゃあ真壁選手と高木選手と戦って勝った方と、俺はいつでも戦う準備はできてるから」

…なんかある意味面白かったけど、もういいです(汗)。

後、国際プロレスが鶴見青果市場で最終試合ということで、最後にこの場所をフルに使い、立体駐車場で、お客さんも選手も来る車を気にしながら試合する状態に。以前、近くのジャスコにまで行って試合をして以来、「ジャスコ禁止」になった話は以前生ゴンの「A-1」(くりいむしちゅーの有田氏がやってたコーナー)で聞いてますが。

今日はこんなとこで。
posted by hazel at 01:21| Comment(11) | TrackBack(0) | インディーのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん、さすがお仕事、グッジョブ!!ですよ

そういや佐野直はいつのまにスタンリーじゃなくなったんだろ?w
Posted by ブラソ・デ・おろおろ at 2004年11月13日 06:02
村浜中嶋の相撃ちキック、ええですのぅ。
ええもん見せてもらいました(−人ー)
ありがとうございます、仕事人さま。
Posted by gems at 2004年11月13日 16:12
アップお疲れ様です。

私も観ておりました。
さて、三四郎選手の発言ですが、
メルマガで気になること言ってたんで、
何だろうと思っていたんですよ。
その事でしたか。
でも真壁選手・・・それはないでしょう。
確かに新日HPで総評を見たとき、
DDTの選手に対して辛いなとは思っていたんですけど。
ニコライ氏が言うのももっともですし。

このことが契機になって、真壁vs三四郎という流れ・・・
になるのかなぁ(^^ゞ
三四郎選手はディック選手のことがあるし。

最後に。
佐野直・・・もういいっす(TT)
Posted by 赤しゃち@名前がフユキ at 2004年11月13日 23:22
>おろおろ様

まだいちおうスタンリーみたいですよ。国際の試合ではその名で出てましたし。ただ誰もいちいちスタンリーと言わないだけ(笑)。その必要ないし(笑)。

>gems様
お仕事は生ゴンで流れた以外の部分も流してくれるのでうれしゅうございます。やはり何事も念力送ってみるもんですな。念力の効果かどうかはさておき(汗)。

>赤しゃち様
真壁vs三四郎になるかなあ。この問題からそうして直接対決する展開があるとしたら、ちょっとベタという気もしますね。三四郎さんがプロデュースするDDT提供試合を出すとか、新日との対抗戦をするとかの展開のほうがいいような。

ライオンズロード、若手の場というだけでなく、小さい会場で新日の選手を見ることで、魅力に気づくと思うのでいいと思うんですよね。デルアリで新日の選手を見たら力を再確認したりしますし。そこで他の団体の選手もあがって、いろんな交流戦があればいいのに、それこそプロデューサーのセンスでイマイチな感じになってる気がします。

佐野直は私ももういりませんが、お仕事的には「お前が言うな」キャラを確立したような。
Posted by hazel at 2004年11月14日 10:28
>hazel様
ときどき生ゴンとかインディーのお仕事の話で出てくる『佐野直』選手のことが気になって、レスラー名鑑をチェックしたら、この人めっちゃ若いじゃないですかっ(爆)私はずっと、もう盛りを過ぎたおじさんレスラーを想像してました・・・(苦笑)しかし、レスラーの皆さんは、それぞれの思い描く『プロレス』を模索しているんだなと思いました。
追伸
今、『インディーの』を一発変換しようとしたら、『院ディーノ』になってしまって焦りました(苦笑・関係ないお話ですみません)
Posted by ミスアカプル子 at 2004年11月14日 12:21
>プル子様
いやー、佐野選手のことは気にとめなくていいですよ。ここで読むだけでいいと思います(笑)。

院ディーノ誤変換、全然関係なくないですよ。ディーノさんのこと、大阪プロレスのことなら、いつでもなんでもこのブログは歓迎ですので。
Posted by hazel at 2004年11月14日 18:28
>hazel様
私はディーノ選手をあまり知らないのに、なぜ一発変換できたのかと驚愕しております(笑・『村浜武洋』とか、『魔裟斗』は辞書登録したんだけど、なぜディーノ選手なんだと思いました)。
Posted by ミスアカプル子 at 2004年11月14日 21:38
>プル子様
それはもしかしたらここのブログに来ていることの悪影響かも(笑)<変換ディーノ。
魔裟斗さんは変換しずらいですねー。携帯からの時は多分「マサト」って打っちゃうと思います。

Posted by hazel at 2004年11月15日 01:24
ゴアの「死ぬ気でいくぞ!」でジーンとしました。
熱い試合になるのでしょうねぇ。
あと、ペロ・タイガース・ビリーでロープに登ってのポーズ・・・あれでロープがだいぶ緩んでしまったんじゃないかと、私も不安でしたー☆

DDTは五十三次が楽しみで楽しみで。
しかし関東から福岡まで来る事を望むhazelさん。
プロレスファンって残酷ですよね!(笑)
ライオンズロードの件も、ニコライの言うまんまと私も思いました。
そしてDDTへのツッコミがしょぼいというのも同感です。
しかしそんな怒りも「お前が言うな!」と佐野直で落とす三四郎さんのエンタメ頭が素晴らしいな、と。

しかしここ最近10時半以降のお仕事の内容の記憶がありません・・・。うふ。
Posted by モモツキ at 2004年11月15日 09:55
>モモツキ様
サムライからメルマガ来たのですが、12.3みちのく後楽園、放送決まりました。うおお、見るぅ、録画するぅ、ここに書くぅ。(無駄な気合)

ペロたん、マジ重そうですよね。ロープは以前、WWEでトップロープが外れたことがあったので、一瞬それ思い出しました。こわ。

いえ、別に行脚しなくてもいいんですのよ、ぽこっといきなり福岡に来ていただいても。そしたら私、「死ねー!」って言いながらディーノさんに後ろから抱きつきます。そしたらきっと「何よこのクソ女!」とタコ殴りにしてくださることでしょう。わくわく(ゆがんだ願望)。

真壁さんはライオンズロードのいい展開がまだ出来てない感じですが、三四郎さんは佐野直のいい利用が出来てますね(笑)。…でも試合は組まないでね。

え。10:30の女、モモツキなんですか?(意味不明)それ以降は、飲んでるのか寝てるのか別人格になるのか。ミステリアスミステリオ。
Posted by hazel at 2004年11月15日 18:09
今さっき、ライオンズロードやってたのでサムライで見てました。
最後に真壁選手がライオンズロード第三回もやると宣言し、「努力してるヤツはもっとメディアにでなきゃ」とゆーてました。ちょっとだけ見直し。んじゃ、だからこそ、いい選手をピックアップして、それが生きるいいカードを組んでほしいですね。ま、間違っても佐野は(以下略)。
Posted by hazel at 2004年11月17日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。