2008年07月28日

九州プロレス7.26トリアス観戦メモ(その2)

4.jpg
7.26九州プロレスのトリアス久山でのイベント試合の様子、ここからは第二部の分です。

16時より第二部。一部より若干過ごしやすいかな…。
ここもきゅーちゃんリポーター、美里ちゃんのプロレスの見方指南でスタート。一回目よりもこなれた感じ。

二部は阿蘇山、田中純二、つぼ原人のお3人がAMW参戦のために二部は欠席。人数が減ったせいか、ここでは入場式ではなく筑前さんが一人で出てきて挨拶。

映画招待券があたるサインボール投げもありました。最後の1個は、前の席で一生懸命手をあげてた男の子に、筑前さんがそっと手渡し。その様子に場内拍手。なごむわあ。

二部はシングルマッチ二本。

・○めんたい☆キッド(4分34秒ムーンサルトプレス)×白波佑助

初対決のシングル戦。九州プロレスの中では軽量級の2人、ルチャ度が高く、おそらく先輩格のめんたいが、白波を翻弄するかと思いきや、白波、落ち着いた攻撃でかなりの善戦。
逆エビの角度など、かなりえぐい。

めんたいは、白波をリング下に落とすとフェイントを見せたり。しかし、すこーし動きが固いような。
…私はこのめんさいさんを見るたびになんとなく、フラッシュムーンを思い出すのですよね。元気かしらミスター。…あ、昨日大阪世界館にム(以下自粛)。

ちなみに同一人物ではなさそうです。声とお尻のラインがチト違う。それでわかる自分もいかがなものか(汗)。

ラストはムーンサルトプレスが決まってめんたい勝利。ケブラーダといい、飛びのフォームは弧を描いててきれいです。…撮れんかったけど(汗)。

*
○筑前りょう太(7分59秒とぶばい→片エビ固め)×中洲ヨースケ

※出場を予定していた台風6号は、玄界灘近辺で熱帯低気圧へ変わり日本海方面へ抜けたため、急遽欠場。代替の選手として、トリアスへ遊びに来ていた中洲ヨースケが出場。

台風の登場曲が流れるも、台風野郎は現れず。と、スタッフからリングアナに、なにやら伝達メモが。

リングアナ「入りました情報によりますと、出場を予定しておりました台風6号は、玄界灘付近で熱帯低気圧に変わ日本海方面へ抜けたため、欠場となります」

…え(汗)。

「替わりの選手として、トリアスに遊びに来ていた、中洲ヨースケが出場いたします」

…なにこの仕込みw(汗)。個人的には、遊び人キャラのヨースケさんよりも、台風のほうがお子様ウケよかったんでは。まあしかし、熱帯性低気圧になっちゃったんなら仕方ない(汗)。

5.jpg

ヨースケ登場。おピンクのサーフパンツにグラサン姿。ヘラヘラとお客さんとタッチして、コーナートップに座るが、コールされてもそのまま。

怒る筑前、ようやくサングラスを外して戦う体制になるヨースケ、が、ゴングが鳴っても組み合おうとせず、リング下に滑り降りたり、筑前がそれを追うと逆にリングイしたり、あげくは客席を逃げ回り追いかけっこになったり、客席に座り込んだりと、意外と翻弄。

しかし筑前の強烈な張り手に叫び声をあげる。この様子に会場のお子様、なかなか好反応。

それでもなんとか自分のペースを作り、コーナーからのライダーキックをお見舞いするヨースケ。…お、これは日高洋輔時代のサルムーブの名残のような。

そしてスワントーンボムにいくが、筑前かわしてヨースケ自爆、その隙に筑前、即座にコーナーに上がり、得意のフィニッシュ「とぶばい」が炸裂、ヨースケさすがに返せず3カウント。

…カードとしては微妙だったけど、意外とキャラの対比を見せてくれましたな。ヨースケ選手、正直あんまり好きじゃないんですが、ちょっとだけ見直し。

*
第二部もこの後はプロレス教室。
今度は、マット運動の後、対戦ゲームも。
「めんたい君と勝負したい人!」と言うと、元気に手をあげる子供達。かわいー。
そして「あっちまで押し切ったら勝ちだよ」と、ちょっとしたお相撲を。ちょっとずつあとづさりして子供達に華を持たせるめんたいさんでした。

続いて「この僕、筑前りょう太と勝負したい人!」というと、さらに元気よく手をあげる子供達。全員で押し切る子供達。筑前さんはもうニコニコ。子供好きさん炸裂w

そーいや、これに加わるには小さすぎるお子さんがよちよち…とリングのほうに寄っていってたのですが、それを見たレフェリーのケニーさんが、エプロンに座らせてあげて、リングの様子を見せてあげてました。これも和むー。

写真撮影タイムの後、みんなで「九州を元気にするバイ!」でシメとなりました。

*
楽しくわかりやすく、特に一部はメリハリのある試合を見せてくれて、なかなか楽しゅうございました。

しかし天候が暑すぎてちょっとアレでしたな…。トリアスの中には、こういうスペースはないのかな?
秋口にでもまた開催できたら、もっと気持ちよくたくさんのお客さんに見てもらえそう。

それとプロレス教室。今回のも和んでよかったですが、参加してるお子様だけでなく、見てる側にももっと楽しく見れる演出があってもよかったかも。
お子様達が喜んでくれたら、それでもう充分とも思いますが、せっかくなら、もう一ひねり。

個人的には、大阪プロレスの、途中でルードが襲撃するアレがすげい好きなんですが、九州プロレスならではのスタイルができたらいいですな。


posted by hazel at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
九州弁を読む度に、懐かしさが込み上げました。
やはり故郷の言葉は胸に響きますね、地道でいいから地域に密着して少しづつ大きくなって、大阪プロレスに負けない団体に成長していただきたいと心から願います。
Posted by さぬきうどん at 2008年07月29日 14:56
>さぬきうどん様
筑前さんは技も「とぶばい」「かづくばい」ですもんねw

大阪プロレスのように定着してほしいですし、そして大阪プロレスにも今以上に充実してもらって、対抗戦とかでワクワクするときが来たらいいなあと思っとります。
Posted by hazel at 2008年07月30日 13:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。