2008年10月31日

大阪プロレス10.26IMP(Sアリーナ)その2

F1010110.JPG
10/29のSアリーナ、大阪プロレス10.26IMP映像の続きです。
続いてはダブルメインイベントの一つめ、大阪プロレス選手権。
…秀吉、頭巾かぶってても目力すげい…
大阪プロレス選手権
・<王者>○秀吉(21分14秒刀狩)<挑戦者>×政宗
※秀吉が2度目の防衛に成功
F1010109.JPG
ひざまずいた政宗に蹴りを打ち込む秀吉、もう一発、そして低空ドロップキック。
秀吉、政宗に奈落。
F1010108.JPG
「おっしゃいくぞー!」と場外の政宗にトペにいく秀吉、しかし政宗は椅子で迎撃。
F1010107.JPG
場外、秀吉の足に椅子を振り下ろす政宗。

F1010106.JPG
秀吉にアンクルホールドにいく政宗、この時「20分経過」のコール、秀吉は政宗を足で振り払う。
刀狩にいく秀吉、政宗こらえるが最後はマットを叩く。秀吉勝利、王者防衛。
F1010105.JPG

試合後。
F1010104.JPG
秀吉「オレは、タイトルマッチ、戦えたことを誇りに思うぞ。タッグのベルト、2人で狙おうじゃないか!」場内拍手。
握手の手を差し出す秀吉、それに近づく政宗。しかしその手に向かって軽くファックサインをすると、ゲートにいた、タイガースと黒服のほうへ。
秀吉「おい、やめろ!」
F1010102.JPG
しかし政宗は、タイガースと握手。場内からは非難の声。
…秀吉のとめる声がせつないよ(泣)

F1010101.JPG
秀吉「てめえがその気だったら、わかったよ、そのカス野郎たちと、政宗、お前をな、地獄の底まで引きずりこんでやるからな、てめえこのもふざけんなこら」

…方向性の違いは、少し前から明らかだった、秀吉と政宗。それでも秀吉は、政宗と一緒にやっていきたい気持ちを出してました。しかし、こちらも大方の予想通り、政宗はタイガースの新ルード軍へ。

それにしても。タイガースにマスクはがされて以来、身も心も捧げちゃうバファローはさておき(汗)、政宗がここに合流する理由は?
「オレはルードやりたいから、じゃあそっち」って感じ?班の役割分担じゃあるまいに(汗)。

タイガースに何らかの魅力を感じているのかな?しかしそれこそまだ全然中途半端な印象なので、納得いかない。
秀吉にしてみれば「あんなののどこがいいのよ、キーーッ!」て感じでしょうな。こんな裏切りにあいつつも、心の底ではこのままずっと、まーくんに強い思いは持ったままかも。

思えば、もともと戦国が正規軍が合流することを誘ったのは、正規軍時代のタイガース。「まーくんと呼んでみたい」とか、「オススメブログは『新政宗推参也』」とか、やたらと政宗さんにかかわりたい様子でしたな。
それで、もしかしたら、今回も強く勧誘したのか。で、まーくんもまんざらでもなかったのか(汗)。

しかし、政宗バファローは武侍漢以来、行動をともにすることが多かったのに、ここにタイガースがいると、なんかすげいバラバラな印象。黒服(この呼び名でいいのかもう)もいるせいか。
新ルード軍の意図も脅威も、まだぜんぜんぼんやりしたままですぜ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。