2008年11月23日

KAIENTAI-DOJO11.23神戸、インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級選手権結果

週プロモバイルより。
K-DOJO神戸大会での、インディワールドジュニア、大石vs小峠の試合結果を。

セミファィナル
インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級選手権
・<王者>○大石真翔(14分30秒直伝トルネードクラッチ)×小峠篤司
※第9代王者が3度目の防衛に成功

…ううむ、ことみちゃんとれんかったか…。試合内容が気になります。明日のSアリーナであるかな?

そして試合後、原田大輔選手が挑戦を迫ったとのこと。

大石さんのコメント。

「きつかったー!はっきりいってナメてたよ。あっちゃん、鋭いなんてもんじゃないよ。
でも、これ(ベルト)は、円華から、TAKAみちのくから、そしてメンズテイオーから守ったベルトだから。その名ただる中に、あっちゃんの名前も入れておいてやるよ」

原田の挑戦に関しては、

「申し訳ないけど俺、人気者だからあとが詰まってんだよ。それを全部受けたら、挑戦を受けてやる。ただし!挑戦状はちゃんと書いてくるように。書いてこないとダメ。
この後の全員受けてから、原田泰造の挑戦を受けてやる。えっ、泰造じゃないの?」

…ハラコちゃんは、「たいぞう」って呼ばれてたりするみたいなので、ある意味正解かもですが。
とにかく、挑戦状書くことから始めたほうがいいみたいですぞ。

確かにこのタイトル、狙ってる選手多いですな。小峠さんに決まった後、Kに参戦した野橋さんが挑戦要求に関して大石さんに詰め寄るシーンをSアリーナで見ました。
大石さんは「今回は小峠に決まったから。その後だ」と言ってましたが、確かにある意味人気者(汗)
posted by hazel at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。