2009年02月10日

ビリーケンキッドon「Sアリーナ」2/9 その1

200902100521000.jpg
2/9のサムライチャンネル、Sアリーナに、我らがビリーケンキッド大先生が出演された様子など。

登場前にはちらっとハリケーン記者会見での様子、復帰戦での映像が。

はい登場。
200902100522000.jpg
紹介されると「よろしくお願いします!」と、三田さんと週プロ佐久間編集長に深々とお辞儀、そして笑顔。きゃっ。

三田「前回来ていただいた時も復帰直後だったんですけど、今回も復帰ということで」
ビリー「ねえ、またやってしまいましたよ」

三田「この一年間はホント大変でしたね」
ビリー「ホンマですね、給料泥棒といわれ続けてね」
…前の欠場の時も気にしてこういうこと言ってたな…(汗)

三田「休んでらっしゃる間もファンサービスでデルフィンアリーナでプリンを焼いたり」
ビリー「自分のTシャツを売ったりしてました、はい」
そう言って下に着てたTシャツをちらっとアピール。抜かりなし。
200902100528000.jpg

三田「今、コンディションはどんな感じなんですか?」
ビリー「正直、この前の復帰戦の時は、自分は動けてないのを実感したんですけど、幸い今、デルフィンアリーナで毎日試合をしておりまして。練習と実戦は違うんですけど、実戦があるおかげで、だいぶつかめてきましたね」

佐久間「(ハリケーンでは)ケガを払拭できればと思いますね。ここまで覆面ワールドリーグのいい流れがあっただけに、その鬱憤を全部出してほしいですよね」

三田「ビリーさんがケガをしたっていうニュースが入ってくるたびに、『えーっ!』ってなってましたよ。この一年半、悲しいニュースをうかがいましたんで、今度こそ、そういうことをなくしていただきたい」
…三田さん、好きー。

*
ケガの話から、去年2月のハリケーン、対丸藤戦の話題に。
200902100537000.jpg
三田「骨折からの復帰戦でしたが、強行出場だったわけですか」
ビリー「全然治ってなくて、手術直後よりも(骨が)離れている状態でした。なんで長引いたか、原因はわかんないです。
でも、僕自身どうしてもやりたかったです。彼という天才レスラーの力を感じてみたかったですし」

三田「やってみてどうでしたか?」
ビリー「天才ってなんぼのもんやと思いましたが、すんませんでした!って感じでしたね。神様って残酷と思いました。なんぶつ与えてんねん、ニ物も三物も。
でも、大きな経験になりました」

三田「せっかくならベストコンディションでやりたかったのでは」
ビリー「コンディションのことは、今思えばありますけど、この時、出せる力の全てを出したので」
200902100538000.jpg

*
この前腕骨折から、昨年7月復帰。
三田「欠場期間ってのはやはり怖いですか」
ビリー「怖さはめちゃめちゃ日に日に増えていくし、みんなとの距離がどんどん離れていってる気がしましたね」
200902100539000.jpg
ビリー「今だから話せますけど、実はこの時も完治していないんですよね」
…ちょ、、、、ちょっと待てーーー!知らないぞその話!

三田「あの時(復帰後Sアリーナに出演した時)、治りましたと言ってらしたのに」
ビリー「ウソつきました」
…この人はもう…あぅあぅ

三田「しかもこの後毎日試合をされて」
ビリー「逆にこの状態でそれを乗り切れて、すごい自信になりましたね。コンディションも良くなりまして。
8月の末にレントゲンをとって、それで完全にくっついたってのを見せていただいたので」
…てーことでその後完治したようでよかった。しかしもうホントにこの人は…(泣)
200902100542000.jpg

映像は、7.12の復帰戦後のマイクが。
「もう、欠場はしません!」
200902100542001.jpg
ビリー「思いっきり嘘つきましたね」
…ていううこの時は嘘というより、結果的にまた怪我してしまったわけですが…

三田「でも、ファイトスタイルをかえるわけにいかないですよね」
佐久間「場外へのおすわりトペとかリスキーですけど、それがビリー選手の持ち味ですし」

ビリー「ファイトスタイルを変える気はないです。ここから変わんなきゃいけない時かもしれないですけど、そうなったら、それが身を引くときなのかもしれないですし。今は考えられないですね」
…ビリーさんの試合スタイルはもちろん素晴らしいし、ご自分でもこだわりがあると思うけど。身を引くって言葉は、今って話でなくても「うぐ。」となってしまいますですよ、ファンとしては…。
選手を続けていく上で、より体調に気遣っていただきたい。ケガ治らずに試合しないで下さい(汗)

*
そして11〜12月の天王山。

ビリー「一番ピークで、コンディションもよかったですし、自信もありました」
三田「バファローがまた悪くなって、やりづらかったんじゃないですか?」
ビリー「お客さんにしたら、天王山でこういう試合をするのは…という意見もあって、僕自身もすっきりしない、皆さんは心から喜んでないんだなっていう、悔しさみたいなのは残りましたね」
…うぐ。すみません。確かにそう思いました。でもビリーさんが天王山優勝したのは紛れもない事実。だけど、優勝してもこういう感覚があるってことは、今年も優勝して二連覇しなくちゃですね。と勝手に鼻息(汗)。

三田「タイガースの豹変はどう思います?」
ビリー「どうなんすかね、何がやりたいのかちょっと最近ではわからなくなってきましたね」
…私は当初からわかりません(汗)。

この時Vが、脱臼した時の瞬間が。
200902100548000.jpg
ビリー「これですね」
三田「あ、今完全に肩の骨ぽこっと出てますね」
200902100549000.jpg
…私のガビガビなテレビ写真でも、突起してるのがわかります(泣)

三田「よく最後まで戦い抜きましたね」
ビリー「肩鎖関節ってのは、レスラーは怪我しやすい場所らしいんですけど、この瞬間は終わったと思いましたね。
なんべんもあきらめようと思ったんですけど、お客さんの声援が耳に入ってきて、この試合だけはなんとしても戦う抜こうと思って。勝てたけど、しかし!」
これで再度欠場することに…。

ここでいったん区切りますー。この後は、ハリケーンに向けての話です。
この記事へのコメント
毎度、この番組を見れる環境でないので助かっています。いつもありがとうございます。
Posted by さぬきうどん at 2009年02月10日 09:38
>さぬきうどん様
やはり実際に見るのが、ビリーさんの表情や雰囲気もわかるので一番ですが、どんなことをしゃべったか、知りたい方に書いてお伝えできたらよいなと思ってせっせと拾っとります。
あと、なにげにサムライ見たらこういうの見れるよーという気持ちも込めてw
Posted by hazel at 2009年02月12日 09:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。