2009年02月28日

大阪プロレス2.28サタナイ試合結果

メルマガきました。

※試合前に4月29日IMPホール、大阪プロレス10周年記念興行にて王者、大石真翔vs挑戦者、原田大輔のインディペンデントワールド世界Jrヘビー級選手権の決定が発表された。

…おー、きまったのねハラコちゃん!しかもホームのリングで。

・冨宅&×三原(満月の夜)タイガース○&政宗

※試合後、タイガースは「メインではバファローがクーガーをブチのめす!そしてヲロチは死んだ!ヤマタノヲロチは2度死ぬ!DIE TWICE!!」と言い残し去っていった。

・○くいしんぼう(体固め)ミラクル×
※もう一人はえべっさん


※ミラクルがくいしんぼうに裏STFを仕掛けたところ、えべっさんが2人まとめて押さえつける。しかし、くいしんぼうがミラクルを押さえる形になっていたためくいしんぼうの勝利となった。

・○ビリー&秀吉&日向寺塁(ベルティゴ)小峠&原田×&タダスケ

※B&Gがコンビネーションを駆使してビリー、秀吉からみちのくプロレスの新人、日向寺を分断。
リング上は原田と日向寺の一騎打ちとなるが、原田が仕掛けたジャーマンを日向寺に切り返されてしまう。
それが仇となり、秀吉、ビリーの猛攻を喰らって原田が敗北。

日向寺との一騎打ちで仕留め切れなかった原田にタダスケが詰め寄る。小峠は「お前がそんなに集中できてないなら、元々はオレが狙っていたベルト。オレがやってやってもいいんじゃねぇのか!?」と言う。
そこにタダスケが「自分にも権利があるんじゃないですか!?今の自分は小峠さんにも原田さんにも勝てる自身がある!」と言い、小峠と一触即発の状態に。

そこにテッド・タナベが入り「これはK-DOJOから言われたことなんだから今さらどうしようもないだろ!」と止めようとする。
原田は「ベルトに挑戦するなら、お客さんにも、タダスケや小峠さんにも認められなくてはならない!3人で闘いあって一番強い人間が挑戦する。それでどうや!」と改めて挑戦者を決めることを提案。テッドはこれを了承した。
インディJrのベルト巡って若手の熱い戦いが行われる!!

…ハラコちゃんの挑戦が決まったかと思いきや。
これは、挑戦者決定戦をやるんですな。これまでこのタイトル戦線にからみがなかったタダスケ君にもこれはチャンスでは。

※休憩時間前にVTRにてネパールからヲロチが到着したという発表があった。

大阪プロレスお笑い選手権試合
・<王者>○松山(山門)気仙沼二郎×<挑戦者>


※沼二郎のヘッドバットに何度も心が折れそうになりながらも乱れ髪からハリセン、山門と畳み掛けて勝利した松山。最後は沼二郎の「俺の海」で締めくくった。

・○クーガー(スカイカナールホールド)バファロー×

※イスやラダーが飛び交う大乱戦はクーガーが秘技スカイカナールホールドで勝利!

試合後、クーガーはビリーを呼び出し、改めてシングルのベルトに挑戦を表明。ビリーはこれを受け握手を交わそうとするが、脱皮して新しい風貌となったのヲロチが登場。クーガーにエクスプロイダーを決めると、ビリーに対しベルトへの挑戦をアピール。
クーガーはさらにヲロチを倒しビリーのベルトへたどり着くとビリーとファンに約束した。

…ネパール帰りのヲロチ、どんな感じやろか。

*
3/1(日)は13時よりデルアリでホリパラです!

○対戦カード

・三原一晃 vs ブラックバファロー

・タダスケ vs ヲロチ

・秀吉 vs ミラクルマン vs 原田大輔

・ビリーケン・キッド&小峠篤司 vs タイガースマスク&政宗

・くいしんぼう仮面&えべっさん vs アジアン・クーガー&松山勘十郎

※瀬戸口直貴欠場、ヲロチ帰国により対戦カードが変更となっております。
posted by hazel at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。