2009年08月05日

大阪プロレス8.1サタナイ(Sアリーナ)その2

200908050536000.jpg
8/4放送Sアリーナ、大阪プロレス8.1サタナイ映像の続きです。
続いてはメイン、ビリーvsタダスケ。さー、がんばれ、俺(汗)

・×ビリーケン・キッド(13分34秒アウトキャスト→体固め)○タダスケ
200908050537000.jpg
入場してくるビリー、その背後からタダスケが走ってきてバットで急襲。

場外、タダスケがビリーをイスで一撃。
200908050538000.jpg

リング内、互いを投げようとする両者、タダスケふんばるが、ビリーがブレンバスター。
200908050540000.jpg

200908050541000.jpg
ビリー、タダスケをコーナーにすえると串刺しドロップキック。
200908050542000.jpg

ビリー、タダスケにこうもり吊り落とし、しかしタダスケフォールはキックアウト。
200908050543000.jpg

コーナーに上るビリー、しかしタダスケがそこにレフェリーをぶつけて阻止。
200908050545000.jpg

そしてイスでビリーの頭を殴打。
200908050546000.jpg

200908050547000.jpg
ドライバー、
200908050547001.jpg
続いてアウトキャスト、押さえ込んで3カウント、タダスケ勝利。
200908050548000.jpg

試合後。
タダスケ「今日から大阪プロレスで一番はこの俺様だ!ハーッハハ!」
200908050549000.jpg

200908050551000.jpg
バファロー「ビリーケンキッドにタダスケが自分の力で勝ったんだ、この事実はでけえぞ。8月の、8.23ビッグマッチ、大阪府立第二、メインエベントはこのタダスケで文句ねえだろ!」
200908050554000.jpg
バファロー「8月23日、夏のビッグマッチ、最低の大会にしてやってくれ。以上!」
200908050555000.jpg

200908050557000.jpg
ビリー「こんなことしかできないのかお前ら。おい!こんなんじゃ納得いかねえぞ。俺は絶対ゆるさねえぞ。全ての借りは、必ず、俺自身の手で返します。
おいタダスケ、よく聞け、ビリーケンキッドをなめんじゃねえぞ!」
200908050558000.jpg

…私はこの日の試合結果を知った時、悔しさとか怒りよりも、ずーんと冷めた気持ちになってしまいました(汗)
で、映像を見たら少しは納得いくだろうかと思ったけど、最初に受けた印象は変わらず。どう考えても納得がいかず、ものすごく気持ち悪い。

自分がビリーケンキッドのファンだから、負けたからそう感じるんかなあ…。
現場で観戦した人は、勢いに乗るタダスケの驚異的な成長と、ビリーケンキッドをも凌ぐ強さを感じたんだろうか。

少なくとも、この前週に自分が観戦した時点で見た様子と、今回の映像では、気持ちがついていかない…。

プロレスを楽しんでいる身としては、その世界に、ストーリーに乗っかって、喜びたい、怒りたい、悔しがりたいと思ってるんですが。…だめだ、どうしても文句ばかりが出てしまう。

ビリーさんは10周年興行で東郷にタッグで負け、シングルでも負け、タイトル戦で負けベルトを失った。さらにルード化して力を現してきたタダスケにも負けた。

…そんなに今ビリーさんて調子悪いんか(汗) スランプなんか。試合ではそんなふうに見えないし。

ラフを交えたとはいえ、ベストコンディションのビリーさんを上回るほど、タダスケは強くなったのか。

確かにタダスケはルード転向してから、それらしい空気を纏い、キャリア以上の力を見せていると思う。でもそれが、現実の伸び以上の背景を背負わされて嘘くさく思えてしまう。せっかくの成長を受け入れられない…

なんだか、「急成長したタダスケの脅威」とか、「新生LOV、東郷が結託」とか、言葉を形にしただけで、背景とかを何も書かずに人物だけが先走って動いてるような印象。

それと。これは前から感じていた傾向ですが、ルード側が勢力を見せている時、標的となる選手は一方的にやられて、それ以外の選手はストーリーラインにのらずに静観ぽくなるのはなんとかならないんだろうか。その間、俺のターンを待ってるばかりに見える。遊戯王かよ(汗)これも「ルード軍の脅威」を表現するためか。

今だって、大阪プロレスを潰すという彼らに対抗する者は?…そーいや「大阪プロレスつぶす」って言ってることに反応示す人も誰もいないような(汗) 無視?

東郷の持つタイトルに名乗りをあげる者は?
タッグタイトル争いしてる選手はまるで別行動のようだし。少しはこっち気にしろよ(汗)

あるいは、タダスケがキャリアとか段階なんて無視して勝ってるんだから、誰が名乗りをあげてもいいやろ。
誰か先輩格の選手が「ふざけるのもいいかげんにしろ」と潰しにかかってもいいし、まだ新人のかずくん、復帰間もないタコちゃんだって、かかっていけばいいやん。
大阪に戻ったロベ君は、今こそ食ってかかってストーリーに食い込む絶好のタイミングなのでは。

…いろいろ考えすぎて、何書きたいのかわからんくなってきた(汗)

でも望むのは一つ。わくわくさせて。今の状況、全然のれませんぜ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。