2006年03月01日

大阪プロレス2.26なみはやドーム(NEWS侍)その1

タッグタイトル常連の2人の新たな出会い
さー、遅くなりましたが、2.28放送のNEWS侍より、大阪プロレスなみはやドーム大会の様子を。この日の試合結果はこちら、「携帯写真限界挑戦ブログ」さん、「billy of smile」さん(試合写真観戦記)、「ご機嫌なるもの。」さん(観戦記)、「音楽・プロレス日記」さん(観戦記)でも試合の様子を載せてらっしゃいますのでぜひ。

放送があったのは、セミ、メインの2試合でした。私も生観戦しましたので、あわせて感想を書こうかと。放送がなかった他の試合に関しては、「インディーのお仕事」やプロレス誌の記事で紹介があったときにまた書こうかと思います。

セミ
・タイガースマスク&×フラッシュムーン(23分07秒ベルティゴ)○ビリーケン・キッド&ブラックバファロー
フードをはずした瞬間。なんかこれまでになかった色気が出てきたような
タイガース組、入場に続いて、ビリー組入場。
コーナートップでかぶっていた黒いガウンのフードをはずし、そのマスクを見せるビリー。

場外、コーナーにテーブルをすえるバファ、そこにタイガースを叩きつけるビリー。
リング内、タイガースをロープにふろうとするビリー、しかしタイガース、逆にロープにふり、戻ってきたところを素早く投げる。
そしてロープ際でランニングニードロップ、ビリーを場外に落とす。そして「オッケー、ミスター!」とフラッシュをうながす。フラッシュ、その声を聞くやリングを走り、タイガースのアシストで場外のビリーへトペコンヒーロ。…伸身の姿がきれい。
まさしく月のようなラインのトペ
そしてタイガースもリングを走り、反対方向の場外のバファにトペ。

雪崩式タイガーススープレックス
コーナートップでビリーを背後から捕まえるタイガース、エルボーでそれを落とそうとするビリー、その攻撃につかんだ手を離してしまうが、体制を戻してなんと雪崩式タイガーススープレックス。…ちょっとスパイダージャーマンみたいでしたよ。
フェニックス
フラッシュ、コーナーからリング中央のビリーにフェニックススプラッシュ、フォールはバファがカット。…おー、ミスターはフェニックスをやれる方なんだ。

ビリー、フラッシュを肩車しコーナートップのバファがダブルインパクトを狙うが、フラッシュ逃れてビリーをコーナーに叩きつける。そしてスクールボーイにいくがカウント2。

ビリー、フラッシュにエスパルダ、と思いきやその途中の体制からリバースDDT。…お、エスパルダの新バリエーションかしら。

ラストはベルティゴでビリーがフラッシュから勝利、ビリー、バファロー組が新タッグ王者に。…初めてなまで見ましたが。ベルティゴは頭をつかんでくいっと落とす瞬間が怖い技ですね。
ベルティー、 ゴー!


試合後。
ビリー「おいお前ら。見ての通りだ。俺たちベンダバルが、もっともっとすさまじい風を、この大阪に撒き散らす。
オレは〜、悪じゃな〜い、ワルでもな〜い、がっ!チョイ悪だ!」
チョイ悪様、絶好調
…あ、またチョイ悪写真載せてしもうた(汗)。
しかしタイガース組が思った以上に連係も技も素晴らしかったです。タイガースさんは、タッグで組んだ相手との、心のつながりのようなものをいつも見せてくれるような気が。

そしてベンダバル、ビリー&バファロー組。見た目のかっこよさももちろん、まだまだぜんぜん余力がありそうで。しかしビリーさんを全面に押し出すことで、こんなこれまでと雰囲気の違うルード軍のイメージになるとは思いませんでした。これまでにない、とてつもなく明るい空気のルード。その中で、ベンダバルのメンバーがそれぞれのキャラと持ち味を出しまくってくれたら。そんな期待感でいっぱい。まずはこのタッグ王者の2人で、どこへでも乗り込んでいってほしい。

…長くなったのでまずはここまで。


この記事へのコメント
どもで〜す。ご紹介ありがとうございます。
ビリーさんのルード軍、本当に新しい魅力満載だと思います。ルックスの良さ、雰囲気。どれをとっても、思わずひきつけられる感じ。ビリーさんのもつ明るい太陽のようなまばゆさをまとったまんまのルードって感じ。ほんと、いいですね。
フラッシュさんとタイガースさんはもっともっといけそうな気がします。フラッシュさんは、初めてでしたが、思わずすっげーって感じの飛び技連発でしたし。これでおタイガース様が、なんとなく彼らしい「ノリ」みたいなものをもっと出していければ、もっともっと魅力的なタッグになっていきそうな気がしました。
Posted by PONPON at 2006年03月01日 12:31
>PONPON様
どもー。この新ルード軍の勢い、これまであまり大阪に関心がなかった人たちもひきつけるものになってほしいと、いや、なるものと思っています。
その反対側に立つべきドルフィンさんが治療でお休みになりそうなのは残念ですが、そこでタイガースさん達が対抗心を見せてくれることで、双方が輝くのではと思います。
Posted by hazel at 2006年03月02日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。