2010年02月26日

大阪プロレス2.11大阪ハリケーン2010観戦メモ(その2)

s_20090705 166.jpg
大阪ハリケーン2010観戦メモの続きです。さあ、第1試合スタート。

・ペロ&×タコヤキーダー(9分31秒フライングソーセージ→片エビ固め)入江茂弘&○三原一晃

s_20090705 167.jpg
レフェリーは小田さんが。お久しぶり。ビッグマッチなので手伝いに来てくれたんだろか。
…確か、テッドさんの追悼興行の時にも来てくれたんじゃなかったかな?おそらくそれ以来の大阪プロレス登場。

ハリケーンの幕開けとなる試合はやはり、若手中心の試合。

入江、三原の2人は大阪プロレス教室出身。
ペロはその頃の教室の先生でもあり、チームでらでは入江の師匠でもある立場。そして久しぶりの大阪ハリケーン登場。

…ふと、一番最初のハリケーンで、ペロ…高井選手が、他の選手のミスをカバーして、臨機応変な動きを見せたことを思い出したり。

どの選手も、大阪プロレスに携わってきて、大阪ハリケーンへの思い入れは大きいだろうなあと思う、ついこっちもその気で見てしまう。

しかし、これまでに見てきた彼らの試合と比べると、なんとなく全体的にやや動きが固く見えた。大舞台で気負ったんだろか。
もっとがんがん声出して、初めて大阪プロレスを見るお客さんをビックリさせてもよかったんでは。
s_20090705 169.jpg
その中で、タコヤキーダーが気合いっぱいに軽やかに動けてた感じだった。

しかしラストは、三原がフライングソーセージでタコヤキから勝利。
…これはかずくんのフィニッシュ技として確立しつつある感じ。
それでいうと、タコちゃんも、これという決め手がほしいところかも。
s_20090705 171.jpg
posted by hazel at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。