2010年03月12日

大阪プロレス3.6サタナイ(観戦メモ&インディーのお仕事)その4

s_20100310%20040.jpg
大阪プロレス3.6サタナイ観戦メモの続きです。
これまでの分はこちら。

大阪プロレス3.6サタナイ(観戦メモ)その1
大阪プロレス3.6サタナイ(観戦メモ)その2
大阪プロレス3.6サタナイ(観戦メモ)その3

セミは、「インディーのお仕事」で試合映像がありましたので、その内容とあわせて書かせていただきます。
試合は、ボディガーvsクーガー。

・アジアン・クーガー(9分28秒両者リングアウト→引き分け)The Bodyguard
s_20100310%20041.jpg

ボディガーをコーナーにふるクーガー、しかしボディガー、切り返してクーガーをコーナーへ。
しかしクーガー、ボディガーに蹴りを入れるとコーナートップから肩口にミサイルキック。

コーナートップにボディガーをぶつけるクーガー、そしてエプロンギロチンの体制。しかしボディガーかわし、クーガー自爆。そしてボディガーは勢いをつけてエプロンのクーガーにラリアット。客席のイスに吹っ飛ぶクーガー。

ボディガーはクーガーにイス攻撃、そして担ぎ上げてコーナーにぶつけようとするが、クーガーかわしてボディガーをコーナーポストに激突させる。そしてコーナー越えのアトミコ。

リングに戻ろうとするクーガー、しかしそれをひき釣りおろして馬乗りで殴りかかるボディガー。
これで両者リングアウトに。

s_20100310%20044.jpg

試合後。
クーガー「おいボディガー。そんなに場外でやりたいんだったらな、来週、来週で悪いけどな。来週、場外ありの、日本語わかるか?エニウェアマッチで!やったろやないか、ボディガー!」

中指立てて去るボディガー。

*
…正直、試合見るまではあまり気乗りのしなかったカードでしたが(汗)

ボディガーの攻撃を受けてのクーガーさんの見事な吹っ飛びぶり。それが案外クーガーさんの持ち味を生かす感じで。

クーガーさんはここんとこ、ちょっとゆるめの試合の機会が多かった感じだっただけに、来週のエニウェアフォールは、久々に本領発揮の試合が見られるかも。
クーガーさんのジャッキー心溢れる試合展開に期待。

ボディガーには…攻撃のバリエーションもだけど、もう少しキャラがほしいよなあ。
登場時のインバクトを超える、第二段階のステップにいってほしいですぞ。
posted by hazel at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。