2010年04月14日

九州プロレス3.21「筋肉飛梅'10」(観戦メモ)その4

s画像 042.jpg
こっちから書いてしまおうと思います。
3/21西鉄ホール、九州プロレス「筋肉飛梅」、観戦メモの続きです。
続いてはセミ。九州プロレス一人一人ぶっつぶすという相島と戦うのは、博多銘菓ぶらぶら。

4.博多銘菓豪腕迎撃
・×博多ぶらぶら(11分13秒垂直落下式ブレンバスター→体固め)相島勇人○

s画像 038.jpg
試合前Vは、昨年12月での相島乱入、そして1月の白波戦の様子が。
そして次なる相手は…博多ぶらぶら。

いつものかさぼこ姿で、ふわふわと踊りながらぶらぶら入場。

相島は今回も不敵に登場。セコンドには中洲ヨースケが。

s画像 039.jpg

いつもとぼけた感じのキャラのぶらぶらだけど、パワーファイターなのはわかるし、あの体型。

今回はどう戦うかなあ…と思ったら、いつも通りに漂うぶらぶら。相手を茶化すようなムーブをやっては「ハハハハ!」と高笑い。

いやになって帰ろうとする相島、それでもぶらぶらはこのペース。

が、相島がぶらぶらを場外に引きづり回した後あたりから、ぶらぶらのムープがややシリアスに。DDTはかなり鮮やかだった。

それなら、という感じで相島もがっつりと攻撃、きつい攻めを受けても肩をあげるぶらぶらだったが、ラストは垂直落下式ブレンバスターで相島勝利。

s画像 044.jpg

…ううむ…。
いつものぶらぶらの感じからすると、健闘と言えるところなのかもしれないけど…
自分的にはもっといけるのを期待してたですよ。

いつも楽しい系のキャラが、ここ一番で底力を見せるのって、好きなんですよね。初代えべっさんや、くいしんぼう仮面さんが、大阪プロレス天王山では、シリアスな試合を見せてくれるように。

ぶらぶらは、見るからにその底力を持て余してそう。それを、九州プロレスに侵攻してきた憎き相手に、もっと爆発させるところが見たかった。

先代の、弟ぶらぶらが、台風の暴挙に怒って、デビュー戦を待てずに「頭きた。アンコ食べてノド乾け!」と叫んで試合になったような、九州プロレス愛を、兄ぶらぶらにも見せてほしかったですよ。

それっぽい言葉はなかったけど、つかみどころのないとぼけたキャラを優先させたのかなあ。

試合後、「お前、ちゃんと出来るじゃないか。そんなキャラ、筑前にやらされてるのか」と相島。
そして「いつになったら出て来るんだよ筑前!」と煽る。

…このとき、相島さんが、ぶらぶらの中の人と思われる方の名前を言ったような気が(汗)
自分はかなりびっくりしましたが…公式に書かれてないってことは、ぶらぶらが中の人とか別のキャラになるってわけではなさそうですな(汗) しかし、何か覚醒するなら、見てみたい気も。
posted by hazel at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。