2010年05月23日

大阪プロレス4.29IMPホール11周年記念興行(観戦メモ)その5

IMG_5652.JPG
大阪プロレス4.29IMPの観戦メモの続きです。遅すぎる上に進むのさらに遅い(汗)
セミは、大阪お笑い選手権。
大阪プロレスお笑い選手権&大阪名物世界一決定戦
<お笑い王者>×菊タロー(12分44秒関空トルネード→片エビ固め)<挑戦者>くいしんぼう仮面
※くいしんぼう仮面が第3代大阪プロレスお笑いチャンピオン、大阪名物世界一となる。
IMG_5653.JPG
くいさんの長い入場の後に登場したのは、元大阪プロレス顧問の小林氏。
…リバティプラネットの小林氏と言ったほうがわかるかと思うけど、今は仕事がかわったそうで。それを菊タローがつっこむ(汗)。

小林氏は、手にした袋から大阪名物のベルトをとり出す。
大阪名物世界一のベルトは、もともとこの方が設立したものだったっけ?
これでこの試合は、大阪お笑い選手権と、大阪名物世界一のダブルタイトル戦に。

記念撮影で小林さんを菊ちゃんがおちょくる風景は、なんだか懐かしい。

そして二人の攻防も、ずっと見てきた、一緒にやってきていたからこその、打てば響く条件反射のような流れるやりとり。

菊タローとくいしんぼうの二人がボケ倒して、レフェリーかつっこむスタイルを見ていたら、ふと、去年の10周年興行で、松井レフェリーが出てくれたのを思い出す。

松井さんも入ると、揃った、って感じがするのは事実だけど。大阪プロレスのレフェリーとして、この試合を裁く吉野さんも、自分の持ち味でちゃんとこの試合をおもろく突っ込む。
…正直、オモロさの点では全然負けてないと思うとよね。

IMG_5661.JPG
試合は、菊タローがコスの上を脱ぎ捨ててのシャイニングを放つも、ラストは関空トルネードでくいしんぼうが勝利。
くいしんぼうは、大阪お笑い王者のベルトを取り戻すと同時に、伝統の大阪名物世界一の王者に。

IMG_5666.JPG

…試合前に挑戦者選出の投票を行ったり、くいしんぼうさんがブログで熱い思いをつづっていたのも、この大阪名物のベルトを復活させることと、そこに注目を集めたかったからこそだろうか。

しかし、ここでくいさんが菊ちゃんからベルトを取り返すと、決着がついてしまい、もう菊タローさんは大阪のリングにはあがらなくなるのでは…というさびしさも、自分はありました。

*
試合後。
IMG_5669.JPG
菊タロー「大阪名物は、大阪でのビッグマッチでしか組まない、俺とお前の歴史やった。
お笑いは大阪の大事な柱や。それを守るためやったら、いくらでも力を貸すから」

…うん。最初の大阪ハリケーンで、くいさんと菊ちゃんの大阪名物世界一戦を見た時、この試合が毎年のビッグマッチの名物になって、大阪プロレスに普段は興味のない人も、この勝敗結果で賭けをするぐらいになってほしい、そんな本当の名物になってほしいと思ってました。
これからも、できるならそうなってほしい。

それと。菊ちゃんとくいさんは、離れていた期間があるからこそ生まれた、独自のお笑いがあると思うのに、揃うと懐かしいもの中心になるのは、安心感もあるようで、もっと新しい融合も見たいような。

KO-Dタッグタイトル挑戦なんてことも松井興行で実現しましたが、こんなチャレンジも、新ネタ含めて期待してますぜ。
posted by hazel at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前大阪プロレスの昔のビデオ見てたら確かに大阪名物のベルトもそう。あと兜王ビートルもそうでしたね。大阪名物の選手権試合宣言は小林さんが出てこないと始まりませんでした。くいしんぼうが頭叩いてえべっさん(もちろん初代)がカンチョーして始まるというパターンでした。初期の頃のビデオにも大阪名物の選手権試合宣言、小林さんが出てきて、カフェで流れてきた時はあまりの若さにびっくりしたものです。
Posted by 貴恵子 at 2010年05月23日 14:40
>貴恵子様
そんなに時間が経ってない気がしても、以前の映像見るとびっくりすることありますよね。
Posted by hazel at 2010年05月25日 15:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。