2010年05月31日

大阪プロレス5.29モアエボリューションシリーズ第7戦試合結果

土曜の試合結果をメルマガより。

「HAYATA試練の7番勝負」
・○アジアン・クーガー(8分15秒クーガーロック2号)×HAYATA

・×男盛&くいしんぼう仮面(11分12秒もろだし)○松山勘十郎&○えべっさん


※急遽参戦となった男盛に苦戦するユニーク軍団。
しかし、男盛がもろだしで自爆し勝利。

試合後、松山は「今日のメイン、事の次第によっちゃアクションを起こすかも知れないぜ!」とアピール。

・秀吉&×冨宅飛駈(11分58秒スモールパッケージホールド)タイガースマスク&○ブラックバファロー

・ビリーケン・キッド&ユタカ(8分42秒無効試合)ミラクルマン&政宗


※試合中盤にミラクルが放った蹴りにより失神してしまったビリー。
ビリーは意識が戻るとミラクルにつっかかり、敵味方問わず乱闘を巻き起こす。
収集不可能な状態になった為、無効試合に。

試合後、ミラクルは「どんな手段を使ってでもベルト獲りにいってやる!」と発言。
ビリーは「ミラクル!お前がその気ならとことんやってやるよ!」と怒り心頭のマイク。

UWA世界6人タッグ選手権試合
・<王者組>小峠篤司&原田大輔&○タコヤキーダー(19分42秒エビ固め)<挑戦者組>ヲロチ&The Bodyguard&×タダスケ


※前哨戦ではタダスケに歯が立たなかったタコヤキだが、うまく小峠、原田と呼吸を合わせLOVを攻めていく。
しかし、場外乱闘からはタコヤキが捕まる展開に。これをなんとか脱出し原田が反撃。
回復したタコヤキも反撃に移るが、LOVの猛攻撃を喰らってしまう。
タダスケがWCでタコヤキを締め上げこれで終わりかと思いきや、エスケープ。
どれだけ攻めても屈さないタコヤキにあせったのか、タダスケが再びWCを狙ったところ丸め込みで勝利!

試合後、タコヤキが「これからどんどん防衛を重ねていく!」と言ったところ、松山、くいしんぼう、えべっさんが登場。
松山は「俺たちはいつも楽しい試合をしてるけど、今日お前の試合を見て火がついた。そのベルトに挑戦させてもらう!」と挑戦表明。
タコヤキはこれを受け6月6日にタイトルマッチが決定した。

公式試合結果

パクチさんご観戦

…メインは、UWAタイトル防衛!
ツイッター速報によると、タコちゃんの粘りが素晴らしかったそうで。チャンピオンとして、胸を晴れる試合だっただろか。

次に名乗りをあげたのはユニーク軍団。
くいさんはキラーっぷりを見せたり、えべっさんはたまにシングルでシリアスっぽい試合で意外と(失礼)いい試合を見せたりしてますが。勘ちゃんは、きれいなムーブを見せつつも、どシリアスって、これまでほとんどなかったのでは。貴重な機会になりそうです。

あと、気になるのはセミ。
ビリー、ミラクルのタイトル戦前哨戦で、これまでにない荒れっぷりだったようで。
お互いをリスペクトし「正々堂々やろう」って雰囲気だったのに、なんでここにきて急にこんな感じに?

ビリーさんは、前日のドラゴンゲートでの試合のムシャクシャもあったんだろうか。
しかし、ドラゲ参戦のことって、大阪のリングでは何か報告なり、決意表明なりってやってなさそう。

タイガースバファローが乱入した時も特に報告ってなかったような。…これってどうなんだろう?
結果的に、ブレイブゲートのタイトル戦をMアリでやったから大阪でもその展開が出る形にはなったけど。

スポット的なゲスト参戦ならともかく、今後対抗戦があるってのに、何もそれに触れないことのほうが、違和感を感じますぜ。

大阪の中で展開しているストーリーが別で動いてるのを考えてのことかもしれないけど、何もなかったようなことではないんだから、平行して伝えるべきでは。戦ってる選手の心情を知る上でも。
posted by hazel at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。