2010年08月11日

大阪プロレス7.30くいしんぼう仮面プロデュース(Sアリーナ)

サムライSアリーナ8/3放送でありました、くいしんぼう仮面プロデュース興行の映像内容を。

この日の試合の関連リンクは以下に。
7.30試合結果

携帯写真限界挑戦ブログ」さん(7.30はここから)

大阪プロレス感染記。」さん(7.30はここから)

デイリースポーツweb
“伝説のタテジマ”が一夜限りの復活

試合結果メルマガ等を載せたオレ記事…
大阪プロレス7.30くいしんぼう仮面プロデュース興行試合結果&トゥギャッター

ツイッター速報まとめ
大阪プロレス7.30くいしんぼう仮面プロデュース興行 くいしんぼう仮面と素敵な仲間達〜人の繋がり#1

映像は第三試合、大阪プロレスお笑い選手権&大阪名物世界一選手権、くいしんぼう仮面対菊タロー対タイガースマスク縦縞仕様。



大阪プロレスお笑い選手権 大阪名物世界一選手権 3WAYマッチ
・<王者>○くいしんぼう仮面(17分34秒逆片エビ固め)<挑戦者>×菊タロー
※もう一人の挑戦者はタイガースマスク
※王者が初防衛に成功。


タイガースを松井レフに捕まえさせるくいしんぼうと菊タロー、そして松井レフを背中を叩く二人、松井レフはその痛みの反動でタイガースを抱えあげてパワーボム。

菊タロー、タイガースをボディスラム、そして「くいしんぼう、決めろ!今日はキミの興行や。キミがしめて」という菊タロー。

しかしくいしんぼうは菊タローに譲り、菊タローは「俺がきめていいんか」と握手。
そしてコーナーからタイガースにムーンサルトプレス、と、その菊タローの足をとって逆片エビ、菊タローは即座にタップしてくいしんぼう勝利。

*
この試合で一番気になったのは、くいさんと菊ちゃんの、大阪伝統スタイルのお笑いと、タイガースのややプロレスの向こう側なノリが、ひとつの試合でかみあうか。

見た方の話だとかなりオモロかったらしいですが、この映像ではあまりその3者のやりとりの感じはわかりませんでしたな…DVD買えってことか(汗)

あと。タイガースマスクがドラゴンゲートで大阪プロレス王者のベルトを奪回、ブレイブゲートのベルトを防衛したのは、この前日、7.29だったこともお忘れなく。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。