2010年08月14日

大阪プロレス8.7サマーハクションシリーズ2開幕戦(Sアリーナ)その2

サムライSアリーナ8/10放送、大阪プロレス8.7サマーハクションシリーズ2開幕戦の映像内容の続きです。

次はメイン、大阪プロレス王者時期挑戦者決定ウェイマッチ。

大阪プロレス選手権時期挑戦者決定戦 時間無制限1本勝負
・○アジアン・クーガー(17分36秒キド・クラッチ)×ヲロチ
※もう一人は秀吉


二人でヲロチをロープにふりエルボーで攻撃クーガーと秀吉、クーガーは続けて秀吉をロープにふるが、秀吉が逆にラリアット、続けてヲロチにも一発。

コーナーのヲロチめがけてクーガーをふる秀吉、そしてそこに二人まとめてラリアット。
秀吉はクーガーをロープにふってラリアットにいくがかわすクーガー、しかし秀吉はジャンピングニーで場外に落とす。

秀吉、クーガーにぺディグリー、フォールにいくが、カウントはヲロチのセコンドにいるタダスケが阻止。そこにつめよる秀吉のセコンドの政宗、しかしタダスケは知らん顔。

秀吉めがけて椅子を振りかぶるヲロチ、しかし秀吉はそれをかわすと、場外のタダスケに向かって一気にトペスイシーダ。

ヲロチは今度はクーガーに椅子を振りかぶるが、クーガーはそれを奪ってヲロチを一撃、椅子の座面が吹っ飛ぶ。そして即座にキドクラッチ、3カウント入ってクーガー勝利、挑戦者はクーガーに決定!

*
試合後、まだ体制を整えないままで、クーガー「文句ないやろ。文句ないよな!」

リング下からタイガース「よりによってお前かよ。めんどくさいのうー。危ない試合しやがってよ!」
そしてヲロチのほうを向くと、
タイガース「なんやヲロチお前、使えん奴やの。アイツかよ!」
それを聞いたヲロチは、タイガースを突き飛ばす。とめるLOV勢。

タイガース「俺がアイツとやるのもお前のせいやろ」
バファロー「タイガースの言うとおりだぞ!」…ばふぁろー(汗)

タイガース「まあええわクーガー、やったるよ。タイトルマッチはあれやぞ。府立体育館やぞ。8.28府立体育館やぞ。
タイトルマッチだからって、俺と一対一でやると思うなよ。俺らは5人おるからな」

クーガー「こっちにも仲間がいることを忘れんなよ。8.28、府立体育館の、大阪プロレスチャンピオンシップに!注目や!」

*
タイガースのタイトルに挑戦するのは、クーガーに決定。8.28、大阪府立第二での試合に決定しました。

クーガーさんとタイガースのシングルってあまり記憶にないな…と思ってましたら、教えていただきました。
タイガース興行の第二回で、MWFタイトル戦で戦っています。
2006.6.25京都寄席2

…この時はクーガーさんは大阪プロレスに所属になる前。タイガースは縦縞で野球ムーブをやっている頃でした。
この頃とはかなり、双方とも試合スタイルが違ってきそうですが…どうなるか。

あと。クーガーさんは、自分にも仲間がいることを示唆していますが、これは今の正規軍や、ミラクルさんやツバサさんといったパートナーを意味しているのか。それとも、誰かくる?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。