2006年04月04日

DDT4.2後楽園より(NEWS侍)

帰国。「アスクヒム!」とかはいってませんでした
今日のNEWS侍より、DDT4.2後楽園大会のことなど少し。

まずは凱旋マッチで勝利したKUDOさん。試合スタイルは大きく変わってないみたいだけど、堂々とした感じになったような。三四郎さんが言ってた「プロレス流でいうところのあとひとつ」はつかめただろうか。

ううむ…
そしてこちらは、柳生三四郎十兵衛。…ハクシ?
リング周辺にはモリノスさんやザンスリアン風に変身したすぎはらさんもいて、なんかごっちゃり感。

この試合の後、田中リングアナがトークショーでポイズンさんが新日経験があり、後藤達俊選手と同期である話を。そして今のポイズンさんが息あがっちゃってることなどを批判。ここから、ポイズンvs後藤の話が出てくる。本気でやるなら声をかけてもいいと。しかしポイズンの呪文は田中アナには聞かず。

…このあと、田中アナがバックステージでDDT批判をした話が話題になっとりますが。リング上のとこだけ見てると、DDTの展開にのっかってるようにも見えますが、それだけでない部分もあったのかしら。

まあ、ケロさんのこれまでのスタンスでは、いきなりDDTのやり方にノリノリで対応するのも不自然な気がするので、こういう展開の方がリアルな気が。ていうかガチかも知れませんが(汗)。そういうの全部取り込むのはDDTのやり方だろうと思うので、ちゃんとオモロクするかが見せ所かも。

髪ぱふぱふ。
そしてメイン、大鷲対ディーノ。
ゲイバーでディーノ対策の特訓をした透ちゃんは、玉手箱のようにボックスを渡され、それを持って入場。

しかし序盤はディーノに手玉にとられる大鷲。見かねたディザスターボックスが介入。そして例の玉手箱を開けると、中からHGばりの帽子とサングラス。愕然とし失神する透ちゃん。
しかしかの音楽が流れてきたら、それを装着(!)。HG化した大鷲はディーノの股間攻撃もキス攻撃も物ともせず、自分からゲイ攻撃を。

…なんかちょっとかわいいぞ。ハードゲイというより悪ガキ風。

そしてパワーボムで勝利、タイトル移動。…ぢぐじょー。ディーノさんがー。

しかし、DDTならではの展開の中で勝ったからこそ、このタイトルを獲ることが出来たような。しかしこのまま終わるディーノさんではありませんので、次の出方に期待。

DDT、4/8はオールナイト興行、4/14は大阪、4/15は博多での試合が予定されていますが。
4/15、4/16はTLCマッチが組まれており、大阪ではT(タコ焼き)、L(ラダー)、C(チェアー)、博多ではTがとんこつとのこと。…とんこつて(汗)。スープとる前のブタの骨ならかなりの凶器になりそうですが、あつあつスープをかけあうってのもあるかも。うわ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。