2010年09月03日

大阪プロレス8.20後楽園ホール大会(インディーのお仕事)その2

「インディーのお仕事」8/27と「Sアリーナ」8/21放送でありました、大阪プロレス8.20、後楽園ホール大会の映像内容の続きを。

これまでの分はこちら。
第四試合
大阪プロレス8.20後楽園ホール大会(インディーのお仕事)その1
セミ
大阪プロレス8.20後楽園ホール大会(Sアリーナ)

メインは大阪プロレスならではの試合に、佐々木健介登場。

・○佐々木健介&くいしんぼう仮面&えべっさん(21分12秒ノーザンライトボム→片エビ固め)菊タロー&×松山勘十郎&タコヤキーダ

握手を求める菊タロー、さがれというしぐさをする健介。
菊タロー、タコヤキ、勘十郎は一列に並んで「お手柔らかにお願いしまーす!」と1みんなで礼。

数珠繋ぎ首4の字、最後尾の勘十郎を健介が捕まえて逆エビ、ぐるりとひっくり返って悶絶する全員、先頭の菊タローが苦しみのあまりエスケープ。
…ていうか直で逆エビされてる勘ちゃんがとんでもない角度に(汗)

全員がヘッドロックでぶつけあい全員ダウン、カウント2で「おお〜!」、お約束中のお約束にもきっちり参加する健介。

健介を捕まえるタコヤキ、そこに勘十郎が愛しの乱れ髪にいくが、健介かわしてタコヤキに誤爆。
…あああ、健介さんのみだれ髪ミノムシも見たかったw

健介、勘十郎にノーザンライトボム、ものすごい表情の勘十郎、健介合掌してのフォールして勝利。

*
…ゲスト選手が、大阪プロレス独特のお約束満載の試合に入ったら、そのノリにつきあうかどうか、ってのはお楽しみどころですな。

あんまり頻発するのはアレだけど、たまには「あの選手がここに!?」なんてカードを組んでもらってもいいのでは。
パターン化してるようで、だからこそ参戦選手での変化が楽しめたら嬉しいぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。