2010年09月11日

大阪プロレス8.28大阪府立第二(Sアリーナ)その2

サムライSアリーナ8/31放送、大阪プロレス8.28、サマーハクションシリーズ2最終戦、大阪府立第二大会の映像の続きです。

続いてはメイン、大阪プロレス選手権、タイガースマスクvsアジアンクーガー。

大阪プロレス選手権試合
・<王者>×タイガースマスク(19分21秒スカイカナールホールド)<挑戦者>○アジアン・クーガー
※王者が初防衛に失敗。アジアン・クーガーが第20代王者となる。


場外に椅子とラダーをすえるクーガー、エプロンでタイガースを攻撃するが、タイガースは蹴りで回避、リング内からセコンドのバファローがクーガーに向かって突進し、クーガーは場外のラダーの上に墜落。

リング内、コーナーにクーガーをふるバファロー、そこにタダスケ、タイガース、バファローが同時にキックとショルダータックル。

バファロー、クーガーにバックドロップ、その間レフェリーを押さえて目隠ししているヲロチ、タイガースは足にトンファーを仕込む。
そして悪魔組曲二短調にいくが、クーガーかわし、タイガースを押しやり、タイガースはレフェリーと激突。クーガーはタイガースにツームストン。

プラスチックケースを持ってかまえるヲロチ、制止するクーガー、クーガーはタイガースを指す。

するとヲロチはケースでタイガースを一撃!大破して破片が飛び散る。

クーガー、スカイカナールホールド、これがきまって3カウント、クーガー勝利、タイトル移動。手をあげるヲロチ。

試合後、ヲロチに詰め寄るバファローとタダスケ、と、その背後からボディガーが二人を攻撃。
リング上で居並ぶクーガー、ヲロチ、ボディガー。

*
…クーガー初戴冠!
ここでタイガースが負けるとは…。シーマからベルトを取り返し、他団体にもあがりまくってるタイガースが負けるとは予想外…。

しかしそれ以上に、ヲロチとボティガーがクーガーにつくとは。

ヲロチは、この前の週にはタイガースを勝たせるために身を挺して、自分の忠誠心を見せていたのに。

ヲロチのブログ

…急な裏切りに思えたのに、こう書かれるとなんだか、妙に納得いくというか…タイガースと戦いたいと思うあたりが。

ヲロチ、こんなに深みのあるキャラになるとは思わなかったよ…

そして。ここから大阪プロレスは、正規軍&ユニーク軍、LOV、クーガー軍の三つ巴の戦いに?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。