2006年04月20日

大阪プロレス4.16IMP(NEWS侍)その2

雰囲気たっぷり
(画像提供香山こすたリカ。様)
はい、遅くなりました続きです。7分ぐらいの映像、分割してアップしてます(汗)。

メイン
・○スペル・デルフィン(12分59秒体固め)×新崎人生
デルフィン入場。肌にいい色に焼き入ってる。
人生入場。…人生さんの入場は、いつもこの雰囲気がどっぷりとその世界だよなあ。

人生、デルフィンのリストをとり、トップロープに登ると拝み渡りへ。が、なんとそこで反則カウントを入れ始めるテッドレフェリー。人生、カウントが進む前に急いで手刀をデルフィンの腕にふり下ろすと、リングに降りてテッドに詰め寄る。
テッド「コーナーだろ、お前」…うーん。
拝み渡りが反則て
(画像提供香山こすたリカ。様)
再度コーナーにのぼる人生、そこでも「コーナー、コーナー!」と強く注意するテッド、人生、コーナー上で合掌の体制、そこでカウントを入れ始めるテッド、人生、これに攻撃に移れずコーナーが降りてテッドに不満げな表情。
テッド「コーナー、反則だろ!」

人生、念仏パワーボムにいこうとしたころ、デルフィンすりぬけ人生にアッパー。そして御堂筋スタナー。
デルフィン、コーナーからスイングDDTにいこうとするが、そのデルフィンをそのまま担ぎ上げ、テッドに投げつける。…この時、少し拍手起こる。お客さんのフラストレーションたまっていたのだろか。
怒りのぶん投げ

人生、念仏パワーボム、しかしさっきの攻撃で倒れているテッド、そのせいでカウントはいらず。

人生、デルフィンに極楽固め、それを「チョーク!」と裁き、解放させようとするテッド。話さない人生にカウントを入れるテッド、人生、デルフィンを放すとテッドに詰め寄る。テッド「チョークだろ!」

人生、ジャーマンスープレックスホールド、このとき体制が崩れ、自分の肩もついてしまった人生、レフェリーカウントを入れ、両者ダブルフォールに。
が。「勝者デルフィン!」とコール。3カウント入る前に肩をあげたとのこと。観客からは「えーっ!!」の声が。
疑惑のダブルフォール
静かに退場する人生。

試合後。
旗色不鮮明
デルフィン「絶対、この、みちのくプロレスとの対抗戦、必ず、この、大阪プロレスが、主導権握ります。次の俺のターゲットは、東北の、ジュニアヘビー級チャンピオンや」

…うーん(汗)。既にかなり話題になっているこの試合ですが。
自分なりに感じることをいくつか。私自身はこの試合に特別強い関心があったわけではないですが、デルフィンさんと人生さんといえば、やはり存在感ある方々で、その初対決となれば、楽しみに見に来た方も多いはず。この試合を実現させるために、デルフィンさんがみちのくに出向いてわびを入れたことを考えると、こういう展開になるとはちょっと思えなかったような。

なんかエッチそうな番組で「全部見せます!」ってサブタイトルがついてるるのでワクワクして見たら、期待の方向とは違って、単に風俗業界のウラ話が少し紹介されただけ、みたいな感じ。…他に表現はないのか(汗)。

そして、勝敗の行方うんぬん以上に、「ふつうそれはとらんやろ」というとこで反則をとる裁定で、人生さんの技を堪能できなかったのはつらい。その度に冷めただろな。
どうしても、「人生さんが不利な状況での負け」という形にしたかったなら、試合は試合でたっぷり見せて、最後の最後でテッドさんが人生さんにロコツに敵意を示しての裁定という手もあったのでは。…それでも非難轟々にはなるだろけど。
しかし、ここまで、試合を台無しにしてまで作りたい流れってなんだろう。

デルフィンさんは、この勝負自体はもうこれで勝ちと判断して、次は東北ジュニアヘビーの王者との対戦を希望しているようですが。
…なんかすっきりと応援しづらいし、ブーイングするのもなんかわかんないなあ。
デルフィンさんの姿勢がすげい不透明。悪いのは個人的な恨みをここで出したらしいテッドさんで、デルフィンさんはその裁定にただ従っただけ。てのがね。

東北シングルタイトルに挑戦するためにこうしたのなら、もっとはっきりとその試合後のマイクで「人生さんを怒らせてみちのくへの対抗心を出すために、テッドさんさえも利用した」って言っちゃったほうが、かえってお客さんの気持ちつかめたのでは。
それかもう「テッド、ようやった。人生には勝ったから、シングルには挑戦させてもらうで」と完全にルード化して開き直っちゃうとか。

ただ、悪い意味ですごい印象に残る結果ではあります。ニュースで聞いただけでも「なにそれ」と思うし。ただ、それ聞いて興味を持つ人もいるかも知れませんが、激しくなえる方もいる、リスクの大きい展開ですな。そして見に行ったお客さんをがっかりさせたのもアレかと。
ここまでやっちゃったんなら、この大マイナスな空気をひっくり返してもらわないと困りますよ。マジで。

あと。メインでこういう試合をやらかしてくれたことを、選手のほうもなんか意思表示してほしい気も。特に、セミのビリー、タイガースの2人は、長時間の熱戦をやったらしいのに、それをこのメインのがっかり感で台無しにされてるのだから。
これを口実に、勝手なことやるって展開もいいですね。利用できるものは何でもやっちゃって。
つーか、このすっきりしない感をなんとかして。してくれないと困る。一番まずいのは、こういうことをしといてなんとなくずるーっと流れていくパターンですな。頼むぜ。


その他の試合の映像はありませんでしたが、リカ。さんからいただいた写真と共に。結果だけ。

・○冨宅飛駈(9分01秒トライアングルアームロック)×タコヤキーダー
フケタコ対決

・○大矢剛功&ミラクルマン(16分11秒体固め)×くいしんぼう仮面&えべっさん
リストをとられるくいさん

・○ポリスメ〜ン(16分15秒ポリスクラッチ)×アイスペンギン
いいとこ見せれたのかペンさん

・フラッシュムーン&ラ・内田&×小峠篤司(15分48秒体固め)ブラックバファロー&○秀吉&政宗
道場軍団vsひでくんまーくん

四つんばいヒデ。ゴチ。なんでもゴチ(汗)

今回もリカ。さん、そしてつくちゃんさんも写真をありがとうございました。大感謝。


この記事へのコメント
hazelさん、熱下がりましたか?ワタクシはだめです。今日本屋でプロ誌立ち読みして来ましたが、さらにげんなり。どうしてくれよう、このよわよわ感。ホンと、大丈夫かしら、この先。。。なんだかものすごく不透明感いっぱいな展開になっちまいましたが、私の次の観戦は約1ヵ月後の新宿大会。楽しく笑って帰れる興行になってくれないと、正直いやだなあ。まあ、東京ではあんまりストーリーには絡まないとは思うけど。。。
Posted by PONPON at 2006年04月20日 17:51
>PONPON様
大丈夫ですか?PONPONさんも熱あるみたいですが…早く体温計置くためにガンプラ作らないといけませんね。…すみません、ドルフィンさんのマネがしたいだけです。

今回のIMPのメインは、いろんな方々ががっかりしてしまっているようで気になります。実際に試合を見てがっかりした方と、話を聞いて気力を失っちゃった方といますが、いくらなんでもこのままこれでよしというわけはないと思いますので、どうしたいのか見ていたいと思います。
この日の興行という単体で考えると、相当きついですが。

東京大会、今回はストーリーと銘打たれているから久しぶりのサタナイ的興行だと思います。タッグフェスの公式戦もあるのではないかと思いますし、チョイ悪様東京初お披露目をどうか楽しみにしてください。まあ、PONPONさんはなみはやで既にごらんになってますですがね。
Posted by hazel at 2006年04月21日 03:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。