2006年05月03日

みちのくプロレス5.1新潟(NEWS侍)

握手。
さー、やっと実家に帰る準備ができたどー。後は時間の許す限り、アップします。
…ブログ名鑑のチェック完了と「お仕事」の続きはムリそうです。恐縮。

5.1のNEWS侍で放送がありましたみちのくプロレス4.30新潟フェイズ大会の模様を

セミファイナルのサルセロスvsストーンドのタッグでは、ギクシャクしていたストーンドが、中盤から見事な連係を見せ、華井が大間を降して勝利。

試合後。
南野「けんちゃん、今までのことは、俺が悪かった。ごめん。やっぱり、ストーンドと戦うには、けんちゃんが必要なんや」
それを受けて握手する二人。

…確かに誤爆とかあったけど、どっちかってーとけんちゃん(華井)のほうがカリカリしてた印象で不仲になってた感じですが、たけしちゃん(南野)のほうから仲直りを申し出たんですね。オトナ。見た目も実年齢以上にオトナっぽいし。…よく見るとまだ若いなーって感じのかわいい方ですけどね。

仲直りしたし、大阪プロレス5.21IMPでのデルフィンさんとのダブルタイトル戦では、では、サルセロス全員でセコンドについたりとかはないかしら。
…介入とか。そうなると、タイトルどうなるかわかんなくなるかも。

続いてメイン、サスケvs佐藤秀のマスカラ・コントラ・カベジェラは、10mのロングチェーンデスマッチ。これがもう、アナタ(汗)。

最初っから秀がイスをもってラフ気味でしたが、サスケはそのまま秀を連れて外へ。…わー、ポーゴさんのマラソンマッチみたいー。
さらに、橋の上から落としあい。…わー、埼玉プロレスみたいー。でも川には入りませんでした。
川岸での攻防

さらにタクシーを拾おうとする議員。タクシー、県会議員を乗車拒否(笑)。

ようやくリングにもどったかと思ったら、今度は結婚式場のほうへ。噴水の中に入りびしょびしょ。…わー、さいたまさいたまー。

再度リングに戻ったら、今度はなんとストーンドが秀を加勢して花火攻撃。…わー、666みたいー。いやマジで。
切り替えしたサスケ、なんと自分の足に火をつけその足でミサイルキックと、爆竹ポア並みのことを。
足に火。
ラストは秀がKOされて、髪を刈られることとなりました…。

試合後、「一緒にまたやりませんか」と更生した佐藤兄弟。それを聞いて気をよくしたサスケ、「キープオン・ジャーニー」で一緒に踊ろうとするが、それを恵がイスで一撃。
「セーラーボーイズなんかやるかバーカ!」とこれからもサスケと相対する姿勢。

…いやあ、すげかった。サスケさんのキ○ガイぶりと、佐藤兄弟のこういう試合も対応できる力を見ましたですよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。