2011年02月27日

2011.1.23ビリーケンキッド自主興行「夢と元気をビリーから!!」観戦メモ書き(その3)メイン

s172.jpg
1.23ビリー興行の続きです。最後。
正直、どう書いたらいいか表現できるのか、それができそうになくて、それでずっと書けずにいました…

■スペシャルシングルマッチ時間無制限1本勝負
 ×ビリーケン・キッド
 (29分19秒猛毒波布空爆→片エビ固め)
 ○怪人ハブ男

s170.jpg

いよいよ、この試合が。
これを実現するために、この日の大会は開催された…
ずっと見たかった。どれほどこの二人の試合が見たかったか…

ゴアのマスクをオーバーマスクにかぶってきたハブ男。
…その姿にはっとしたけど。この人がこの姿でここにいることに、違和感がなさ過ぎる…

s182.jpg

s186.jpg

s209.jpg
試合が始まってみると。宙を泳ぐような二人の攻防。おそろしくあった呼吸。
こうして二人が向かうことが、まるで当たり前のような時間になった。
こんなすばらしいものが、いつも見れていたとよね…

その一方で、尻尾を使っての攻撃を見せるハブ男。
それは「ようビリー、俺は今はハブ男なんだ」という挨拶にも見えた…
きっと、今の自分の誇り。

そして互いの技の読みあいがすさまじい…。先の先の先を読んでの攻撃、その連鎖が止まらない。

ハブ男は、この試合までの間、沖縄プロレスで、昔の技や、ビリーの技であるベルティゴをフィニッシュに使っていた。
それは、この1.23の試合を楽しみにしているとのメッセージと思っていたけど。

それだけでなく。ずっと見ていたと。知っていると。遠く離れても、自分の世界で日々戦いながらも、いつだってライバルは心にあったのだと。

s210.jpg

s212.jpg

ビリーさんはどうだったのだろう。
スランプ、といった人がいたけど。…そうだったのかな…。
ケガがあったりしたのはせつなかったけど、試合ができる時はコンディションは悪くなかったはず。
いつだって一生懸命だった。ただ、辛い試合が多かった…。いろんな重圧が多かった気がする。
そこで何かがみえづらくなってきていたのかも…

ただシンプルに、今自分が一番やりたい試合を思った時、その相手には、この怪人ハブ男があったのではないだろうか。
自分の力を一番出せる相手。今どこまでやれるのか。それを確かめたかったのでは。

s217.jpg

s219.jpg

s221.jpg

s223.jpg

…期待してしまくって、それでもその期待を上回る、すばらしい時間が終わった…

だけど。ビリーさんが言ってきたように。
お互いが願っていれば、また同じリングで会えると。またその時は必ず来る。それを待っています。
これからの試合を楽しみながら。

s225.jpg

sDSC_0457.jpg
※PONPONさんよりいただいた写真

s228.jpg


posted by hazel at 12:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
やっぱり、いい興行でしたよね。。。
しみじみ。

昨日のIMPは悔しい結果になったようですね。。
でも、ビリーさんは、こんなもんじゃないと信じてますよん。
とはいえ、腕の状態がちと心配ではありますが。。。
Posted by PONPON at 2011年02月28日 19:18
>PONPON様
こんなまた素晴らしい試合を見るために、たくさんの人に見ていただくために、ファンとしてできることを頑張りたいですわ。
Posted by hazel at 2011年03月17日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。