2006年06月09日

月刊大阪プロレス2006年6月号

image/hazel-2006-06-09T09:47:43-1.jpg
はい、今月も出てますですよ、月刊大阪プロレス。

お品書きです。
・表紙…タイガースマスク
・ファイティングレポート4.22〜5.7
・合宿所大運動会!
・タイガースマスクの○○プロレス化計画
・スーパー・ドルフィンの我が心の名勝負百選
・大阪プロレススーパースター列伝〜ひとつ屋根の下4 マンガ・こにっちゃん
・大阪プロレスデザイン天王山〜ミラクルマン デザイン&カラーリング大会
・ベンダバルの「チョイ悪」ビリーケン・キッド半世紀 ビリーズ・ディスタンス
・タコヤキーダーの新人はつらいよ日記
・デルフィンアリーナ グッズショップコーナー
・大阪プロレス観戦ガイドQ&A
・大阪プロレスオリジナルグッズ
・大阪プロレスレスラーファイル…写真・冨宅飛駈
・選手紹介
・大阪プロレス「技」辞典
・裏表紙…試合日程、携帯用メルマガ紹介、選手ブログ紹介

ファイティングレポートは、IMP翌週から5/7の和泉大会まで。大きくはみちのくへのアクション、タッグフェスまでの流れ。
先月号からすごく見やすくなりましたが、ゴールデンウィークで連日連戦だったので、ちょっと各興行のレポがぎゅっとした感じ。やはりこういう時は増ページしてほしいような。


合宿所大運動会は、夜中のフェスティバルゲートで肝試し。…シャレにならんです(汗)。
今は閉鎖されてる棟のトイレの話が出てきますが、確かにあっちのトイレは、テーマパークっぽく演出されていたので、普通に営業している時から急に音がしてビビった記憶が。
現在はもうそっちにはいけないので、観戦時にはデルアリ近くのトイレで選手とニアミスするドキドキ感をお楽しみ下さい。


おタイガースさんコラムは、野球をプロレス化しよう計画。ポジション争い、特に阪神タイガースのライト争いはプロレスで、との内容。…これ、全然やきゅうぢゃないです(汗)。


ドルフィンさんの名勝負は昨年2005年の天王山2回戦、vs秀吉。これは対戦した秀吉さんも迷わず挙げる試合で、これが見たくて先日DVD買いました。しかし、収録時間が短くて、映像ではちょっと物足りない印象。蹴りまくるひでぴょんがもっと見たかったなあ。ドルフィンさんが書いてる通り、会場で見てた人だからこそのラッキーかも。生観戦って、全部そうですけどね。はあ。次に行けるのいつかなあ。じっと手を見て交通費捻出。


おマンガは、先月号でいろいろ書かれたタコちゃんが作者に怒りの電話。タコちゃんのトホホぶりはガチなようで、バックで内田さん轢きかけたという話も。…せっかくなので、電話の会話でなく、そのエピソード自体をマンガに書いてもらったほうがよかったような。


今月の塗り絵はミラクルさん。…なんかすんげいマッチョなボデーです(笑)。色もデザインも豊富なミラクルさんですから、好きなコスの色に塗るもよし、新しいデザインを作ってみるもよし。いいのあったら、ミラクルさんなら実際のコスに採用していただけるかも(勝手な期待)。


ビリーさんのコラムは、書き出しで下の欄のタコちゃんのと入れ違ったようなギミックでの書き出し。…ガチでミスかと思った…。ただれたいやらしいオトナのアタクシですが、大先生に関してはお子様のようにピュアなのでだまされ。…ごめん、オレのことコロしていいです(汗)。

今回は、いよいよメキシコに旅立つ時の様子と、その心の不安感が。上のお兄さんてドイツ留学経験があるんですね。お兄さんのその経験があるから、ビリーさんのメキシコ行きもすんなりいった感じ。下のお兄さんも空港まで見送ってくれたりと、兄弟仲がとってもよさそう。ビリーさん愛されてるなあ。

で。お兄さん方ってどんな感じかなーって考えたりしましたが、どうしてもマスクマンしか浮かびません(汗)。すこーしずつビリーさんとデザインが違うんですよきっと。ウルトラ兄弟風。上のお兄さんはチョイ悪ツノが大きかったりして。
…お兄さん方一般の方なのにいらん妄想してすみません(汗)。


タコちゃんのコラムは、岸和田大会の灼熱地獄の話など。きっとタコヤキだけに、いい感じで鉄板の上に。ごめん(汗)。一人称の「ぽっくん」は、普段から使ってるのかしら。

グッズショップコーナー。これまでプライズ商品だったり別で売られていたパネルクロックやがま口ポーチをショップにも置くようになったとのこと。
そーいやドルフィンさんが欠場の間、時々ショップで働くことにしたと。ショップにドルフィンさんいたら、うれしいけど緊張しそう。この月刊のコーナーでも、にっこりグッズ紹介する松岡さんの後ろで、ナカシマ店長に叱られてシュンてしてるドルフィンさんの姿とか見られたらいーなー。


ポートレートは冨宅さん「じゅうぶんですっ!!」さんでもちらっと載せてあります。
シブ線でとてもいい雰囲気です。タカクマニアの皆さんにオススメ。

そして最終ページ近くに、なんと技辞典が掲載されました。新連載とは書いてないですが、ぜひ継続していただきたい。今回はフライングヘッドバット(タコヤキ)、スライサー(バファ)、レッグラリアット(小峠)、雪崩式フランケンシュタイナー(くい)、六甲おろし(タイガース)、えびすトレッチ(えべ)の写真で紹介されています。

大阪に関しても、プロレス全体においても、常に「技辞典が欲しいよう」と念力を送り続けているアタクシにはとてもうれしいページ。
い、意外とガチでアタクシ念力使えるのかしら。がんばってこれからも送信しよう。
スカイAで放送再開再開。ビリーさんプロ誌の表紙表紙。ツバサさんとドルフィンさんと内田さん、早くよくなりますように。とうふとうふ。

あ。今はまずは今週末のミラクルレンジャーvsベンダバルが見たい…。ムリ。幽体離脱希望。


posted by hazel at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 月刊大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミラレン劇場が長期化しますように。エビちゃんエビちゃん。
Posted by とーこ at 2006年06月10日 11:07
>とーこ様
これからもひでぴょんがハジけますように。エビちゃんエビちゃん。
Posted by hazel at 2006年06月10日 13:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。