2006年07月05日

大阪プロレス7.1サタナイ(Sアリーナ)

くそー、にくー
昨晩のSアリーナで流れました、大阪プロレス7.1サタナイの模様を。
この日の試合結果はこちら、「携帯写真限界挑戦ブログ」さん(7/1分はここから)、「billy of smile」さんの観戦写真観戦記もぜひ。

放送で流れましたのはメイン。

・スペル・デルフィン&○GAINA(12分50秒極楽固め)ビリーケン・キッド&×ブラックバファロー
テッドびっくり
入場時、リング下に立つバファビリー、互いに目で合図すると同時にサードロープ下からリングイン、奇襲をかける。しかしそれをデルフィン、ガイナは蹴りで迎撃、そのまま場外へ。

リング内、デルフィンをコーナーにふるビリー、突進してラリアット。デルフィンをコーナートップにつるし「いくぞー!」と気合を入れるが、テッドレフが「コーナー!」ときびしく制止。つかみあいになって振り払ったところに、ガイナがコーナートップからミサイルキック。
…ぶぁー、この肉連係ファック。

バファが別のコーナーに登ると、またそれを制止するテッド、ガイナがそこからパファをつかんでデッドリードライブ。
…ぶぁー。

ガイナ、バファにラストライド、しかしバファ、カウント2でクリア。これを見てテッド、驚きの表情。

極楽固め
ガイナ、バファに極楽固め、テッドそれを見るとすぐにレフェリーストップ。
バファ、立ち上がり抗議しようとするが、ガイナもテッドもすぐにリングを降りる。

バファ、怒りのあまり興奮状態
バファ「おいタナベ!おい…(興奮した口調でききとれず)、ギブアップしてねえぞ俺は!」
花道では無言でそれを見るガイナとテッド。
バファ「来週シングルだ、おい!きっちりカタをつけるぞ!レフェリーはお前でかまわん!今度はギブアップ…(すみません、また聞き取れない)」
…バファさん何言ってるかわかんないぐらい激しく興奮状態。
ガイナの単調なマイク(汗)
ガイナ「来週やってやるよこら、2度と立てないようにしてやるからな」
…ガイナ、アナタは普通に聞きとりにくいよ(汗)。

退場するガイナ、テッドに向かって行こうとするバファ、「来週だ来週」とおさえるビリー。
どーどー


…うー、ちょっと映像短いな。
しかしながら、あれだけ恨みに思っているらしい人生の技、極楽固めを使うガイナの気持ちってのもどうなんでしょうな。


これで7.8、メインのビリーvsデルフィンのタイトル戦、ガイナvsバファのシングルが決定しました。両方ともテッドの裁きで。

これがセミ、メインと続くわけで。新デルフィン軍団の悪徳包囲網を、チョイ悪ベンダバルがどう破るのかが焦点でしょうか。

どーなんかなあ。悪には悪をもって征すのか。ベンダバルはブラインドをついての反則や、戦国タッグのセコンド介入とかもあるだろうか。
今の空気でこういう介入したら、反則やって拍手されるということになりそうな気も(汗)。

それとも。正攻法にいくのか。ビリーさんにしてもバファさんにしても、反則のとりようのないフィニッシュ級の技は持ってるし。ベルティゴとかシュラスコとか。

7.8のカードはこちら
みちのくのページにはタイガースさん参戦の鉄人の星取表も掲載されました。こちらもそろそろですね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。