2011年05月29日

大阪プロレス2011.5.29「大阪タッグフェスティバル2011」開幕戦試合結果&トゥギャッター&プチ感想

試合結果が公式に出ましたので、載せておきます。感想も簡単に。

◆6.26IMPでゼウスと田中将斗対戦決定!

◆タッグフェス公式戦、ビリーは黒のマスクとコスチュームのジョーカースタイルで登場、ルードファイトを見せて新技で勝利。

◆タッグフェス公式戦、桃の青春タッグが現タッグ王者タダスケヲロチに勝利!


[ツイッターまとめ]
2011.5.29大阪プロレス「大阪タッグフェスティバル2011」開幕戦

[試合結果]
5月29日(日)「大阪タッグフェスティバル2011」開幕戦
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ 13:00開始 観衆232人(満員)



■6人タッグマッチ20分1本勝負
 タイガースマスク&ブラックバファロー&×瀬戸口直貴
 (8分20秒骨喰)
 秀吉&○政宗&HAYATA


※試合後、バックステージにて戦国がコメント。
「俺たちはビリーが嫌で正規軍を抜けたんだ!来週のタッグフェス公式戦、俺たちはビリー達と当たるが、空牙の考えには納得していない!来週の闘いであいつらの考えを確かめる!事と次第によっちゃJOKERの今後に関わってくるだろう…」

■30分1本勝負
 ○ゼウス
 (8分24秒チョークスラム→片エビ固め)
 ×三原一晃
 
■タッグマッチ30分1本勝負
 ○松山勘十郎&アルティメット・スパイダーJr
 (11分28秒陣太鼓→片エビ固め)
 ×えべっさん&タコヤキーダー

■大阪タッグフェスティバル2011 公式戦30分1本勝負
 ツバサ&×くいしんぼう仮面
 (3分39秒フィッシャーマンズ・ボム→エビ固め)
 空牙&○ビリーケン・キッド


※序盤、空牙のスズメバチがくいしんぼうにヒット。
くいしんぼうが不在の中、ツバサが集中攻撃を受ける。
そのまま場外乱闘へもつれ込み、空牙がチェアーアトミコをツバサに決め、さらにフルスイングJOKERを決める。
リング上で虫の息のくいしんぼうにビリーが新技を決め圧勝。

■大阪タッグフェスティバル2011 公式戦30分1本勝負
 ○小峠篤司&原田大輔
 (21分25秒ウラカン・ラナ)
 ×タダスケ&ヲロチ


※序盤にタダスケが小峠をブレーンバスターで持ち上げ、脳天をコーナーに打ちつけ小峠が戦線離脱、原田がローンバトルを強いられピンチに。
中盤、小峠が復活し巻き返しを図る。
タダスケと原田が壮絶な打ち合いをし、場内ヒートアップ。
終盤、タダスケがラストライドを小峠に狙ったところ、小峠がウラカン・ラナで切り返し逆転勝利!

…タッグフェス入場式、選手宣誓はタコヤキーダー。ビリーは入場式辞退。

第一試合、LOV組が前半ややハイテンションで、フライングクロスチョップとか、普段やらない動きをやる丑寅。

試合後のコメントは、この試合結果で知りましたが…そうなる予感はあったよな…
牙ビリーvs戦国は荒れそうだ…

第二試合、予想以上に面白かった!派手さはないけど、じっくりとしたパワー対決。ゼウスに打ち負けないかずくんがいい!

試合後、ゼウスがマイク。
「自分もボディがーとタッグフェスに出たかった。だけど、ボディガーが負傷で出場できませんでした。
しかし、会社が最高のカードを組んでくれました。ゼロワン、田中将斗と対戦します!大阪プロレスが最強ということを見せてやります!」

…田中将斗戦はタッグかな、シングルかな?そこはまだわかりません。

第三試合、ゆるゆると楽しく戦う勘えべ、しかしタコスパは熱いぶつかり合い。
試合後、「タッグフェスに、このタコスパで出場することがてきました!」とスパイディ。
「必ず傷痕つけてやります!」とタコちゃん。この二人、いいコンビなのよな。

セミ、タッグフェス公式戦。くいさんは、目が怒っているシリアスモードのマスクで登場。
対するジョーカー組、ビリーは黒のマスクにコスチュームでベンダバル時代を思わせる姿に。マスクの目にメッシュが入っていて、表情が読み取れない。

奇襲にはじまり、ビリーはロープを使ってのサミングや急所攻撃、空牙のいす攻撃やブリキ缶攻撃もアシストする。
試合はビリーがボム系の新技で勝利。
試合後「これがビリーケンキッドを迎えて最強となったジョーカーや!」と空牙。ビリーは口を開かず。

…むーん、どうかな…。正直まだわからない。時間が短かったせいもあって、これまで見てきたビリーさんらしい動きはほとんどなかった…
だからこそ現状打破につながるんだろうか。

メイン、タッグフェス公式戦、こーれがとんでもないすげい試合に。小峠の奇襲スワンダイブにはじまり、タダスケがブレンバスターの形でコーナートップに小峠を叩きつける(!)これで小峠が戦線に戻れず、原田がローンバトルに。
それにしてもどちらも連携も容赦なさもすげかったよ…

試合後、小峠は「今年こそは証明してやるぞ、桃の青春が一番強いってことを!」とマイク。


posted by hazel at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。