2011年06月19日

大阪プロレス2011.6.18「大阪タッグフェスティバル2011」第5戦試合結果&トゥギャッター

昨日の試合結果を。

◆タッグフェスはAブロックは戦国勝利、Bブロックはヲロチタダスケ勝利。
決勝進出のチャンスがあるのは、Aブロックはビリー空牙と戦国、Bブロックは桃の青春タッグと丑寅に。


[ツイッターまとめ]
2011.6.18大阪プロレス「大阪タッグフェスティバル2011」第5戦

[公式試合結果]

6月18日(土)「大阪タッグフェスティバル2011」第五戦
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ 18:00開始 観衆129人


■タッグマッチ20分1本勝負
原田大輔&×瀬戸口直貴
(9分29秒フロッグスプラッシュ→片エビ固め)
ゼウス&○児玉ユースケ

■6人タッグマッチ30分1本勝負
ブラックバファロー&小峠篤司&×三原一晃
(10分54秒空牙髏苦弐號)
○空牙&ビリーケン・キッド&HAYATA

■3WAYマッチ30分1本勝負
○えべっさん
(9分54秒園田スープレックス・ホールド)
×アップルみゆき
※もう一人は松山勘十郎

■大阪タッグフェスティバル2011 公式戦 30分1本勝負
ツバサ&×くいしんぼう仮面
(13分19秒撃首→片エビ固め)
○秀吉&政宗
※ツバサ&くいしんぼう仮面(1勝2敗2ポイント)秀吉&政宗(2勝1敗4ポイント)

※戦国が入ると同時に秀吉がチェーンで奇襲を仕掛けゴング。
戦国ペースとなると思いきやツバサが政宗、秀吉を蹴散らす。
戦国は場外戦に持ち込み反撃。
終盤、くいしんぼうがキツイ張り手を秀吉に見舞うが、最後は秀吉の撃首で3カウント。

■大阪タッグフェスティバル2011 公式戦 30分1本勝負
アルティメット・スパイダーJr&×タコヤキーダー
(23分44秒ラリアット→体固め)
○タダスケ&ヲロチ
※アルティメット・スパイダーJr&タコヤキーダー(1勝1杯1引分3ポイント)タダスケ&ヲロチ(1勝2敗)

※タコスパのダンス中にタダスケ、ヲロチが奇襲を仕掛け試合開始。
スパイダーが捕まり苦戦を強いられるが、タコヤキに交代すると反撃開始。
スパイダーがトータッチトペを見舞うと、タコヤキもヲロチに強烈なカッターを喰らわせる。
終盤、タダスケとタコヤキが壮絶な打ち合いとなる。打ち合いを制したタダスケがラストライドを決め勝利。

…これで、タッグフェスAブロックは、戦国は勝ち点4、ツバサくいしんぼうは勝ち点2で終了。

空牙ビリー(4点)対三原瀬戸口(0点)で、かずグチが勝てば戦国にも決勝進出のチャンスがあるが…当然若い二人には厳しい。しかし、若い二人がタッグフェスで一勝あげたい気持ちはきっととても強いだろなあ…
そしてビリーのこの余裕がむしろ気になる。

Bブロックは、タダスケヲロチが得点2、タコスパが3点で終了。
タイガースバファロー(2点)対小峠原田(3点)の勝者が決勝に進むことに。ドローでも桃の青春タッグが決勝だな…丑寅は勝たないと進めない。

ノアタッグリーグに参戦が今年も決まった桃の青春タッグの意地と、丑寅の執念はどっちが勝るか。


posted by hazel at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | モブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。