2006年08月28日

観戦メモ大阪プロ8.26サタナイ その2

F1000074.jpg
さー、続きです。長いですから。すみません。

セミ
・○GAINA(16分28秒鳴門海峡→体固め)×秀吉

試合前Vで「男と男、真っ向勝負」の文字。…うん、確かにこの2人が戦うならそんな感じのが見たい。
入場後、両方とも選手コールがなかったような。なぜ。

手四つで互いを押し合う両者、どちらもひかず、そのままかなりの時間押し合う。
テッドレフが割って入るが、それでも放そうとしない。

両者、ラリアットの打ち合いと、シンプルに正面からいく場面が多い。どちらかというと、ガイナのスタイルに秀吉がつきあった、という印象。

秀吉は、パワーもあるんだけど、それがスピードにのった時に一番パワーを感じるような。ガイナは、重量をのせた攻撃、という傾向が強い気が。そのへんの違いがもっと際立てばなかったかなと思ったり。
それと、今もまだガイナがパワーファイターにシフトしきってないような感じもします。うわ、なんかすげー、でけーと、見たとたんに感じる迫力があったらいいなと思います。…でも、それってどうしたら(汗)。も、もっとウェイトアップ?(汗)

試合は、鳴門海峡でガイナの勝利。倒された後、大の字でしばらく寝たままの秀吉。
…うーん、これが結果なんだけど、ヘンな裁定なしで戦ったんだけど、個人的にはちょっと納得いかない…。ヒデびいきなので、そこんとこはゆるして。

試合後、握手を求めるガイナ、秀吉ははり手。そのまま互いを殴りあうが、最後は肩を寄せ合いがっちりと握手、秀吉がガイナの手をあげる。

…もっとこれから、思い切りいける相手としてやっていけるようになったらいいけどなー。


メイン
大阪プロレス選手権試合
・<王者>×スペル・デルフィン(27分14秒ファイヤーバード・スプラッシュ→体固め)<挑戦者>○ビリーケン・キッド

試合前、恒例の選手権試合宣言、写真撮影。
…7月の同じ顔合わせの時のタイトル戦の時は、ビリーさん写真撮影にも入んなかったよな。あれはちょっと異様だったけど、このままホントに何も起きないのかという不安も。

でも、この日のデルフィンさんは、ここんとこの空気とは違って、風格が感じられたような。見てるほうの気分のせいかしら。
動き自体もここんとこ見た中のデルフィンさんで一番よかったような。グランドでは巧者なところも見せ、なんだ社長、まだけっこういけるやん、という感じ。失礼。いやなんかここんとこずっと省エネっぽい試合してるとこを見てた感じなので。でもこの日は、「これヘンな(テッド裁定とか)終わり方したら嫌だなあ…」と思える内容でした。

後半、スイング式DDTから大阪臨海アッパーを何度も、全てのコーナーからやるデルフィン。技が出尽くした感じもあったけど、勝ちにいくにはこれしかないと、手段を選ばないようにも見え。

ビリー、ベルティゴ、ああこれはかえせないだろうと思ったら、肩をあげるデルフィン。うわ、逆にそうなるとビリーさんのほうに後がない…と思うところにビリー、コーナーに登り、もうずいぶん使っていなかった奥の手ファイヤーバードスプラッシュ、きれいに決まって3カウント、タイトルはビリーケン・キッドのものに。

…ふわー。ビリーさん、王者になったよ…。ずっと獲りたかった相手、スペルデルフィンから、それも正面から試合をして。

ラストがファイヤーバードだったせいか、ビリーさんが大阪に参戦して間もない頃の様子とかふと思い出してしまいました。そして今の姿を見ると、なんともいえない感慨が…。
これからどんな展開が待っているかはわかりませんが、この状況でのスペル・デルフィンに勝ったという事実は、意味あることだと思います。

試合後、ビリーのベルトを巻いてやるデルフィン、ちょっと戸惑う様子のビリー。
そして「ビリー、ようやった!」とデルフィン。…あ、あの、少し力が抜けるんですが(汗)。

そして。「秀吉、こい」と呼び寄せるデルフィン。さらに「政宗」と。この段階では「え、ベンダバルに何?」と思ったのですが。正規軍のメンバーも、本来パンクラスである冨宅も、お笑い中心の試合であるくいやペンギン、えべも、新人の原田も一人一人名前を読んでリングにあげる。「ドルフィン、お前もあがってこい!」と欠場中のドルフィンも。

ここでデルフィンは「これからの大阪プロレス、お前達が支えていけ」と。
…なんかまるで、忌まわの際の様子みたいに見えて、デルフィンさんもしや引退するの?と思っちまいましたよ。

そしてタイガースとくいしんぼうを真ん中にいたビリーの近くに呼び寄せ「これからの大阪プロレス、お前達が看板になっていけ!」と3人の手を合わせさせる。
正規軍のトップ、チャンピオン、そしてお笑いの核、という意味なのか。

しかし。この言葉を聞いた途端、ロープ際に立っていたドルフィンがリングを離れる。なんともいえないくやしそうな表情で。花道を通りゲートに向かうドルフィンにタイガースが「ドルフィンさん!」と声をかけるが、聞かずにそのままバックステージへ。

…いろんなくやしい思いがそこにあったのだとは思いますが。誰よりも越えたい人を、ライバルに先に越えられたこと、今試合ができない自分の状況。しかし。それは現状として、なぜここでデルフィンさんは、今欠場しているエース、ドルフィンさんにも看板になれと声をかけなかったのか。ママコみたいにしたその意図は。

でも。もう一つ別の見方をすると。欠場している時は、全くストーリーラインには入ってなかったわけで。ここでこういう形でストーリーにドルフィンさんがからむってのは、ドルフィンさん自身も何か動き出す、ということなのかと。…ってムリはしてほしくないですよもちろん。

「すごい試合でした、でもそのベルトは今度は俺が獲りにいく、それまでもっと強いチャンピオンになってください」とビリーに言うタイガース。退場する選手達。

残ったのはベンダバルの3人。「今日はお前らとも握手がしたい、リングサイドに来てくれ!」と観客に促すビリー、リングサイドにはたくさんの観客、どんどんタッチしていくビリー、とてつもなく明るい祝福と歓喜のムードに。と、秀吉も政宗も同じように観客にタッチ。うわー、なんかすげい素敵ですよ。会場支持率が高くて、ルードらしくないベンダバルですが、だからこそこんなことやったっていいと思う。いつもってわけでなく、こんな日ぐらいは。

しかしビリーさんは、リンピオの時も、チョイ悪の今も、見てる人をハッピーにする力は変わらない、いやむしろパワーアップしてますですよ。

次なる敵は何かわからないけど、またこんな歓喜の時間が味わえるのをまってますですよ。



…その一方で。やっぱまだなんかひっかかるところがあるわけで。
ていうか、みちのくに対するあのひどいやり方も、単に大阪内の誰かを奮起させるための行動だったってことなのだろうか。なんか違和感。

ここでそういう話でも、みちのくサイドにすれば、ずるい新デルフィン軍団であることに変わりはないわけで。ガイナもあっちでは裏切り者のままですよ。

9.2(土)のみちのくプロレス矢巾では、
新崎人生&気仙沼二郎vsスペル・デルフィン&GAINA
…ってカードが決まっています。

そして翌日9.3(日)仙台大会では、東北ジュニアヘビータイトル戦で、
東北ジュニアヘビー級選手権、スペル・デルフィンvs鉄人優勝者が。
今年の鉄人はラッセさんが制したとのことですので、デルフィンvsラッセとなります。…タイガースさん残念…。

あと。みちのくの公式ページ見たら。トップに、

みちのくプロレス vs 大阪プロレスの全面戦争が決定 !!
もう黙っていられない 陸奥で白(生)黒(死)ハッキリつけてやる !!
東北ジュニアヘビー、東北タッグの両タイトルマッチが決定 !
みちのくプロレスが消滅か !?  大阪プロレスが消滅か !?
全てを賭け、決死の最終決戦に挑む !!
「闘北伝説 〜最終章〜」
10月8日(日)15:00試合開始
岩手・岩手県営体育館


…の文字が。…ちょっと待て、それ大阪の選手了承済みって話、まだないんですが(汗)。しかもアナタ、「みちのくプロレスが消滅か !?  大阪プロレスが消滅か !?」って。おい(汗)。わー、なにすんのーーーーーー。


posted by hazel at 00:26| Comment(3) | TrackBack(1) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サタナイのメインは試合内容に文句はないけど・・・
社長のこれまでの行動はやっぱ謎のままですねぇ・・・

ホリパラの入場式には普通に社長もGAINA選手も出てましたし・・・
これまでのキャラはもう終わり?

何でも次の週ゴンに凄い情報が出るそうですby社長

9月3日のみちのくプロレスは・・・
GAINA、おタイ様、ミスターも参戦ですね。
ドリプロ前の大阪プロレスのカードはどんな感じになるのか・・・
そちらも気になります。
って、私は行けないんですけど。゚(゚´Д`゚)゚。
Posted by 香山こすたリカ。 at 2006年08月28日 00:42
こんにちは。この記事を読んで、私のブログ記事にリンクさせていただきましたのでご報告を。社長はいったい何を考えているのでしょうかねぇ?みちのくとの事はリアルタイムでは知らないのでみなさんのサイトにあった情報しか知らないのですがこの先両団体との間に何が起こるのか、恐くてみてらんない感じがしちゃいます…。
Posted by やすな at 2006年08月28日 18:19
>リカ。様
なんか「謎が解ける」っつって、ほとんど何もわからなかったような感じでしたね。
デルフィンさん自身のルード路線の意味も、ホントにただ奮起させるためのものだったの?って感じでしたし。

入場式出てたらしたですか…。私はドルフィンさんが姿を見せなかったことが気になりますが…。

すごい情報ってなんでしょうね。前から9月大会ですごいことが、という予告はあってますが、あまりにも内容がわかんなくて、期待の仕方が微妙な感じです。

9.2と3のカード、つくちゃんさんが書いてらっしゃいますですね。
http://blog.livedoor.jp/koh294/archives/50052954.html

3日はドリプロ参戦メンバーが多いですね。え、いや、そうじゃない方もいますね。コンドルさんとかロビンちゃん(!)とか、モ、モンキーさんとか(大汗)。


>やすな様
どもー。トラックバックありがとございます。結局社長の意図はよくわからないままですね。

みちのくとのことも、どういう方向に向かっていくかまだ見当がつきません。
各選手が、対抗心だしてどんどんいい試合につながっていくような展開になれば…と思います。
Posted by hazel at 2006年08月29日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

デルフィン選手はなにを企む・・・
Excerpt: 8/26の、シングル選手権試合はデルフィン選手vsビリー選手で、 ビリー選手が勝って、ハッピーに終わったっぽいですが・・・字blog様、billy of smile様をはじめとする、観戦記を載っけた..
Weblog: マスチフ犬の日記
Tracked: 2006-08-28 13:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。