2006年09月15日

大阪プロレス9.9サタナイ(試合結果より)

2006.8.26試合前
今週、Sアリーナで大阪プロレスの試合映像がなかったので、公式試合結果から流れだけ追わせていただきますです。
9.9の試合結果はこちら

まず、9.16IMPにかかわる流れとしては。

−※試合前、9月16日のIMPホール大会に大阪名物世界一のおき太くんが参戦表明をするVTRが上映された。

そして、第3試合の後。
−試合後、参戦表明をしているおき太くんの件でミラクルがマイクを取る。
ミラクルはくいしんぼう、えべっさんに「名物のベルトはお前らのベルトや!お前らがとりに行け!」と言いくいしんぼう、えべっさん、そしてペンギンまでもが名乗りを上げる。

そこに試合でテンションがあがりっぱなしの大阪出身の冨宅も名乗りを上げおき太くんを含めた5人で決まるかと思いきや、観客の後押しによりミラクルも参戦することになり全6選手によるバトルロイヤルルールでの大阪名物選手権試合が決定した。


…大阪名物挑戦の条件ってなんでしたっけ(汗)。まあ、なみはやでも謎な挑戦者もおりましたし。

しかしふけさん、いろいろ意欲的過ぎ。そのうち、アンダー30インターナチュラルとか、世界アナル級とかにもぜひ挑戦していただきたい。

6WAYか…。バトルロイヤルルールだそうですが、私としては、おき太君に負けずに、くいさんに本領発揮してほしいですな。ちょっとかわいいからっていい気にさせてはいけません。でも、「おはよう朝日ですのおきたくんの耳は鉄パイプの硬さ、彼は強いです」とのこと(タイガース談)。


セミ、GAINAvsアジアンコンドルでもIMPがらみの展開あり。

−※IMPでの一騎打ちが決まっている両者。コンドルは反則お構い無しでガイナを潰しにかかる。
イスを使いガイナの両膝を責めるコンドルはレフェリーの再三の静止を振り払い反則負け。


−試合後、コンドルは「来週のIMPお前のひざを完全にぶっ潰してやるからな!」と言い放ち、ガイナはIMPでの復讐を誓った。

…クーガーさんは椅子使いの達人ですが、コンドルさんはどうなんやろ。ラフは得意なのかしら。
急に決まった感じのシングルですが、コンドルさんは入団お披露目ってことでがんばっていただきたい。
ガイナさんは…どう戦うのだろか。大阪ではもう悪いことはしないのかしら。立ち位置はっきりさせる場でもあるかもしれません。


そしてメイン、タイガースマスク&フラッシュムーン&小峠篤司vsビリーケン・キッド&秀吉&政宗。

−※「IMPでの練習台にしてやる!」というベンダバルの挑発に正規軍トリオは先制攻撃を仕掛けお前らこそIMPの練習台だと言わんばかりの攻撃を見せる。

…ビリー&秀吉&政宗は、マスカラス&ライガー&デルフィンと戦うままの3人ですが。
タイガースさんはサスケさんとシングル。
小峠君はみねぴょんと組んで、ミスター、原田君組と対戦。…これ、ありそうでなかった組み合わせでは。

−試合後、ビリーはIMPでの打倒ライガーを宣言した。

…これに関係して、翌日9.10のホリパラで、ビリーさんはこういうマイクをしたそうな。
(kiraraさんのブログより)

−「IMPの試合では ミル・マスカラスに用はない!
そんな 思い出はいらない!
俺の目的は 獣神サンダーライガーただ1人!」


…前しか見てないってことですね。わくわく。
ビッグネームとの対戦で、お祭り的な要素もありそうなカードですが、それで終わらないってところをぜひ見せていただきたい。マスカラスだってなんだって、踏み台にしてジェットストリームアタック!

いよいよIMPは明後日でございます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。