2006年10月06日

みちのく10.8を前に(Sアリーナ)

股くぐりお姫様抱っこで救出
今日のSアリーナで、みちのくプロレス10.8岩手大会の特集がありました。

メインのサスケvsデルフィンに関して、みちのくプロレス旗揚げからの映像が。
東郷との一騎打ちに負け、デルフィンが股くぐりさせられる有名シーンも。

復活後の対決
この後の復活の時のデルフィンさん、前に見た時も思ったけどかっこいーなー。技の角度や切れ味も違う感じ。

サスケとデルフィンでタッグを組んで、みちのくふたり旅を征した時の、観客の盛り上がりもすごい。

が、その後、98年のワールド覆面リーグでのシングルのあと、2人の関係に亀裂が入る。

そしてデルフィン達がみちのくを離脱し、大阪プロレスを旗揚げする様子も。
大阪プロレス旗揚げ

ここでばっと時間はとび、今年の春に、デルフィンがみちのくプロレスに7年ぶりに現れ、謝罪するところが。

この後は、テッドと組んで反感を買う試合をしまくるデルフィンの様子が。
…結局、みちのくでのこのスタンスは現在も継続してることになるのかしら。それとも、サスケを引っ張り出すための手段だったのか。そのへんは明言されてないですな。

そして今度のサスケvsデルフィンとなるわけですが。
古い映像とあわせて見たせいか、最近の流れって、何か淡々としてるような気も。

しかしながら、このシングルで、デルフィンさんはタイトルを、サスケさんは人生さんの身柄を賭けて戦うわけで、この後に大きく影響がありそうな試合ではあります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。