2006年10月06日

DDT10.4新木場(Sアリーナ)

シューッ
Sアリーナより、DDT10.4新木場の様子をちらっと。

この日もチーム2サウザンアイランド登場。そこにMIKAMIが「なにそんなヒールやってんだ。戻って来い」と、KUDOに握手の手を出す。
しかしKUDOは、MIKAMIにシューッとモンゴリアンチョップ(汗)。
…この路線で本当にいいのかKUDO。ずっとやらされ感が漂ってますが。

このまま試合に。MIKAMI&柿本&松野vs三四郎&KUDO&矢郷は、三四郎が松野に裏STFで勝利。

試合後、松野を救出したのは蛇が井。

というわけで、蛇が井はベビー化したディザスターボックスと初絡み。
蛇が井&鳥羽&飯伏vs大鷲&HARASHIMA&坂井。
ホワイトバンド

ディザ組は、例によってHARASHIMAだけが一人ヒール。
コーナーで飯伏に攻撃するHARASHIMA、とそれをとめ、飯伏に「大丈夫?」と声をかける大鷲。
…そんなん、ベビーフェイスでもせんやろ普通(笑)。

ふたりともいいわあ
…いい表情なので、これ入れてみました(笑)。

と、チーム2サウザンアイランドが乱入して試合はノーコンテストに。

「テメエらなんて、タイツを脱がす価値もねえ」と、取り出したのはサウザンアイランドドレッシング。
サウザンアイランドドレッシング
…業務用ですね(汗)。ベタ。ていうかタイツ脱がす価値って何。
これを大鷲と蛇が井にぶっかける三四郎。
映像はなかったけど、ディーノさんもかけられたのね
ディーノさんが何かを誰かにかけるならともかく、ディーノさんに何かをかけるなんて許せないわっ。
…最近シモネタに遠慮がなさ過ぎる気が自分でしています。ごめん。

試合後。
「今年の春までDDTを認めてなかったよ。でも素晴らしさを教えてくれたのは高木だ。今度は俺が、高木にDDTの素晴らしさを教えてやるよ!
オレはここんとこ無我にあがっていたよ。でも、ここのリングにあるものは、紛れもなくプロレスだよ」と蛇が井。

…なんかこの方のセリフって、妙にじんとくるのはなぜ。言ってることが嘘臭く感ないのは、お人よしっぽい持ち味ゆえかしら。

そしてMIKAMIと握手。なんか珍しい絵柄。
珍しい2ショット
蛇が井「俺ここのリングで、お前達の望むもの見せるよ。これからも頼むよ!」
…あったかいわあ。なんか長井さんが出てきて落ち着くってのも何かしらDDT。
いろんな方のキャラ変更って新鮮になっていいけど、多いとイマイチ状況が落ち着かないせいもあるのかも。
とってつけたヒール(汗)と、迷走するベビー軍の中で、いい人丸出しで安定中。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。