2006年10月06日

天王山2006オレ的見所ガイド(1回戦前半)

脱ぎたて。
大阪プロレス天王山の開幕が来週月曜に迫りましたので、アタクシが勝手に考える見所など。
まずは10.9の開幕戦の4試合。

・GAINA vs 冨宅飛駈

…このシングルって初顔あわせでしたっけ。
去年まではみちのくにいたガイナさんと、なにげに大阪参戦してけっこう長いふけさんです。
ふけさんは最近、お笑い試合能力も激しく見せておりますが。ここではぜひ、パンクラス旗揚げメンバーの恐ろしさを見せていただきたい。相手は蹴り甲斐のありそうなガイナさん。蹴って蹴って、この大木を倒せるか。
ガイナさんの打撃、サブミッション対応力もいかがなものか見てみたい。


・くいしんぼう仮面 vs フジタ"Jr"ハヤト

…みちのくからの参戦は、フジタハヤト君です。
この夏の鉄人準優勝者。最近では、四代目タイガーマスクと対戦、そしてウルティモドラゴンとの対戦もひかえています。
そんな中、天王山で彼を迎えるのは、くいしんぼう仮面。むはは。なんか痛快。
メキシコ修行も経て、ハヤト君はいろんな敵と戦ってきたことと思いますが、その中でもかなりの難敵では。
天王山なので、くいさんはキラーモードで激怖い攻撃をすると思いますが、ちょっとくいさん式の鮮烈お笑いムーブで、ハヤト君を翻弄するところも見たいかも。


・タイガースマスク vs 愚乱・浪花

…なんとなく、みちのくあるいはみちのくがらみの対戦機会が多いタイガースさん。天王山では愚乱・浪花選手との対戦です。
この前のサスケさんとの対戦といい、デルフィンさんの上を通り過ぎていったオトコ達シリーズ続編。
あ、サスケvsデルフィンは、この天王山の前日に行われるわけですが。タイガースさんとミスターも同日、みちのく岩手でタッグタイトル戦ですが。その影響で何かここででてくるだろうか。佐藤兄弟の影響受けて、口からスライムとか。ない。

浪花さんは、最近はレッスルランドで試合をしてたりしますが、天王山のような、シリアス系の試合は久しぶりでは。
ここであえて出てきた意味を感じさせる試合を見せていただけたらいいなと思います。


・ビリーケン・キッド vs スペル・アストロ

…さてメイン。スペル・アストロ御大の登場です。迎え撃つのはビリーケン・キッド大先生。今年もメヒコのベテランとの対戦となりました。

ビリーさんは先日の9月IMPで、かのミル・マスカラスとも対戦したわけで。なにげにレジェンドな方との対戦が続きます。
まあ、マスカラスにはちょっとサービスでおつきあいしてあげた感じもありましたが、今回はわざわざ天王山に出てきてらっしゃるわけですで。大阪のおチャンピオンとしてばっさり切り捨ててやっていただきたい。もちろんよ。

それはともかく、スペル・アストロって今どんな感じなんだろう…と思ったら、野橋真実選手のブログにこんなことが書いてありました。

…これ読むと、衰えてはなさそうな印象。メヒコの選手は独特の間合いで、想定外の技を繰り出すので侮れません。そんな相手を前に、ビリーさんもいつもの相手とは違う攻撃に出る可能性も大です。ちなみに去年のエル・パンテーラ戦の様子をここに貼ってます。

フトコロの広いところたっぷり見せていただいて、最終的には相手を対戦結果の黒星側の数のひとつに加えてやってくださいな。「ああ、スペル・アストロ?軽く揉んでやったぜ」みたいな。


こんなわけで、天王山開幕戦は10.9IMPホールです。復活したツバサさんも出場されますです。ご観戦の方は、どれも楽しんでいただきたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

おいらのブログでは 闘魂伝承 闘魂伝承 ネットコラボ
Excerpt: おいらのブログでは 闘魂伝承 新日本プロレスを応援する記事とネットビジネスのコラ
Weblog: 闘魂伝承 ネットコラボ
Tracked: 2006-10-09 02:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。