2006年10月10日

大阪プロレス10.9IMP 観戦メモ1

20061009151008.jpg
通勤バス中でできるとこまで書きますー。

天王山入場式。参戦選手、全員揃うが、前日のみちのくでルードに転じたガイナだけはこの式を拒否。
選手宣誓は小峠君。

・○アジアンクーガー&えべっさん(9分34秒クーガーロック4号)藤田峰雄&×原田大輔

…クーガーとえべ、ちょっとお笑い的なやりとり。
「椅子出して」とクーガー、コーナーで椅子出してそれに座るえべ(汗)。

試合は、ちょっとギクシャクした印象も。両方ともタッグとしてはこなれてないせいかも。
原田君は投げられた後の着地と立ち上がりがスムーズできれいですね。
みねぴょんは今日はイマイチだったような。天王山で戦うクーガーさんとのからみがもっと見たかったかな。

試合後、「約束の一ヶ月や、答えだすぞ」とクーガー。
「大阪プロレス、入ったるよ」
…このシンプルではっきりした答えに衝撃。クーガーさん、男だ。
しかし「ベンダバルには、天王山で勝ち上がって、ビリーが俺に勝ったら入る。オレが勝ったらビリーがアジエキ入り、アジアンビリーや!ビリーの「ビ」はうつくしいの「美」や!あとの「リー」は考えとけ!」
…お、オモロイけど(汗)。漢字の名前見てみたいけど。…いかんいかん。そんな楽しい企画、天王山以外でやってよ、クーガーさん(汗)。

しかしビリーvsクーガーって、シングルはこれまでなかったんでは。…過去はわかりませんが(汗)。


・スペル・デルフィン&×YUKA(12分09秒ブレーンバスター→片エビ固め)○フラッシュムーン&アイスペンギン

…アタクシは初YUKAさん。すらっと背が高く、パンフの写真よりもきれいな方です。

試合は…正直、もう少しやれるのかと思ってました。がんばってるのはわかるけど。でも、女優さんからの新人としてはというフィルターをつけても、秘蔵っ子の名で登場したからにはそれに値するところを見せてもらわないとなあと思ったり。
彼女にからむ時、試合の流れがちょっと止まってしまうのが気になりました。

YUKAさんだけの問題でなく、彼女をリングに上げるからにはそれが生きるような状況を作るべきなのでは。彼女のためと言うよりも、面白いものを提供してもらうために。今はただ無理がある感じ。なんか中途半端なものを見せられている気分。

あと、ミスターばっかし彼女に攻撃するのが多いので、なんかヒドイ人みたいに見えます(汗)。どういうスタンスで戦うがが難しい感じ。
相手との関係を打ち出すバファさんならどう戦うかなあ。

あ、バス着くのでとりあえず今朝はここまで。


posted by hazel at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。