2006年10月11日

大阪プロレス10.9IMP 観戦メモ3

20061009172144.jpg
セミ、メインです。

天王山一回戦
・○タイガースマスク(16分05秒タイガース・スープレックス・ホールド)×愚乱・浪花

…浪花さん、くいさんっぽいオーバーマスクに阪神のハッピで登場。上のTシャツを脱ぐと、しまったけっこういい体。…浪花さんてこんな鍛えた体してらしたんすね。動きにもキレがある感じ。けっこうえげつない攻撃をしつつも、割とお客さんをつかんでるような気がするのは、浪花さんのもつ雰囲気のせいかしら。

タイガースさんはあんまり好調という感じには見えなかったけど、サスケさんとの試合の時にも感じた、戦っている相手といい感じで呼応する空気が、浪花さんとの間にもあったような。戦う相手とこういう空気作れるのって、タイガースさんの得意技かも。

全体的に浪花さんペースのあと、ラリアットのうちあいからラストのタイガーススープレックスでタイガース勝利。

試合後。
「兄さん!浪花兄さん!」と呼びかけるタイガース。その言葉にちょっとどよめき。
「兄さん、強かったです。自分は過去のことは知りません。大阪には兄さんの力が必要です。かに道楽が必要なんです。師匠と組んで下さい。ヒーローインタビューして下さい!」


浪花「弟よ!」…わー。なんかうれしいぞ。
「大阪プロレスに、あがってもいいかな?」会場拍手。「もっと拍手してよ」と煽る。…こういうあおり方とか、確かに大阪向きですね。
「よし、師匠ともタッグ組むよ。弟とも組むよ。デルフィン軍団も再結成だ!」

…なんかあったかい気分。
しかし大阪プロレスを立ち上げ当初、浪花さんも合流するかと思われたのに、結局はみちのくに戻った、そのへんの経緯とかって、説明少しあったほうがよかったのでは。
なんとなく、みちのくがらみのことって、あんまし説明されませんな。


天王山一回戦
○ビリーケン・キッド(16分52秒ファイヤーバード・スプラッシュ→片エビ固め)×スペル・アストロ

…ビリー、コートもコスもマスクも全て新調。ニューコートもかっこいいですね。
入場時の脱ぐパフォーマンス、すんごいタメてました(汗)。

アストロ御大、小さい…。入場式の時にもそれはわかってましたが、いざビリーさんと組み合う様子を見ると、こういう体格の相手と戦うことって、これまでにそうそうなかったような。

試合は、独特の間合いでビリーさんがやりづらそうな印象。
ビリーが場外に逃れて、リング内の様子をうかがっている時に、アストロがサードロープとマットを間をすり抜けてトペを発射した時はビビりました。
なんか、急に前触れもなく、ふっと攻撃にうつるのが怖い。ちっちゃいのに、アトミコとか食らったらヤバイ感じなのはさすが。何度もしつこく丸め込んだりするのもやらしい感じ。

ビリーも、エプロンを走って場外にトペと、普段見せないような攻撃も。
アストロをコーナーにひっかけての串刺しドロップキック、こうもり吊り落としと技を連発、ラストはファイヤーバードスプラッシュで3カウント。しかし。

この裁定に不満のアストロは、セコンド陣がとめる中、ビリーに向かっていこうとする。ビリーもそのアストロに応戦体勢、そのまままるで再試合のようにはり手合戦に。

とめられるがまだおさまらないアストロ、何事かスペイン語でまくしたてるとビリーが答える。「マスカラ戦でも何でもやってやるよ!」
またかかってくるアストロ、と、その急所を蹴って外に出すビリー。

…こういうの、大阪ではあんまりないシーンですね。ベテランゆえに、負けたことに納得いかなかったのか。でも、こういうオトナげない意地(汗)は嫌いじゃなかったり。

タイガースを呼び出すビリー。出てくるタイガース。
ビリー「お前、さっき決勝で俺と戦いたいっていってたよな。俺も同じ気持ちだ。」
握手を求めるタイガース、しかし答えないビリー。「勝つか負けるかそれだけなんだよ」と。

…ここでようやく、天王山に思い入れのある2人の言葉が聞けたような。
この1回戦、ゲスト的選手の参戦が多かったせいか、大阪最強の男をきめる毎年の大一番、という雰囲気が少なかった印象。

もちろん、いろんな選手の参戦はうれしいけど、大阪の選手の思い入れがある大会であることを、もっと全面に出す試合があってもよかったのでは。大阪勢同士の試合、例えばフラッシュvs小峠とかをこの日にするとか。全体的に、ここで結果残す!というギラギラした熱さが薄かったです。


ビリー「もうレジェンドはたくさんだ。これからの試合で、俺がレジェンドになってやる今年こそ優勝なんていうのはこれまでだ。来年からは今年も優勝するっていうからな」

…この前のマスカラス戦といい、続いてるよなあ。これはこれで、直接戦うことで経験値をあげてるとは思うけど、ビリーさんの本領発揮とは違う試合でしたな。
個人的には、自由にやりたい放題戦うビリーさんがそろそろ見たい。


posted by hazel at 02:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

浪花選手とタイガース
Excerpt: 大阪プロレス試合結果blogと字blog(Z‐SIDE)さんで、タイガースマスク対愚乱・浪花戦の試合経過と試合後のマイクアピールを見ました。 試合後のマイクで、タイガースマスク選手が愚乱・浪花選..
Weblog: オーバーザレインボー
Tracked: 2006-10-11 18:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。