2006年11月05日

大阪プロレス11.4 観戦メモその1

おはよございます。よく寝たら復調しましたので、昨日の観戦感想など。

入場式。
田中君、原田君と新人さん達が登場するのを見て「若いかわいい子が増えてきて、よかねー」と、エロオヤジみたいな言葉を思ってしまいました(汗)。

印象に残ってる挨拶は
ふけ「12.3にここであるISHIDOのメインで、石倉選手と戦います、見に来てください!」…なにげに気合入ってるかしら。

フラッシュ「今日のスペイン語は『ここ』、アキと言います」…キにアクセントです。

くい(ペッキーちゃんがいなかったので一人で入場。久々にゲップするかしらと思ったら、マイクに向かって)
「ハアハア…」…なっ、なにそれ(汗)。

ミラクル「今日のメインで松山勘十郎が出ます。今、控え室でいじってましたがアホなことばっかりやってます」…そしてその全貌はこの後に。


・×ロベルト田中(天地雷鳴)コンドル○

…ロベルト、紺のタイツとニーパットで登場。体がかっちりした感じ。
対するコンドルさんが変則的な技使いのせいもあって、ロベルト君の基本技がすごくしっかりしてるのが感じられました。
そして表情がいい!自然と応援したくなる雰囲気を持ってます。
これからどんなレスラーになっていくでしょうね。


・×原田(スーパーラリアット)ガイナ○

…なんかここんとこ見たガイナさんで一番よかったような。パワーにまかせる感じがさまになってました。
肌も黒くなって、だいぶルードっぽい雰囲気も。…顔がかわいい系なので、恐い雰囲気ってのはちょっと難しいですが。

この前のインディーサミットの記者会見見て思いましたけど、ガイナさんは「オトナはわかってくれない」路線なんてどうでしょうね。
「人生もデルフィンも大嫌いだー!」って無軌道に暴れるのに、雨に濡れた子猫は見過ごせずに自分もぐっしょり濡れて抱っこしてたり。
…ごめん。これをプロレスでどう表現するのか(汗)。


・○クーガー(回転エビ固め)ペンギン×
※もう一人は小峠

…3ウェイ。ペンギンの登場に、西側の外人さん団体がすげい盛り上がる。見た目がお気に召したかしら。それにちょっと妬いた小峠が、自分もコールするように外人ズにうながし「ピンクボーイ」コール。
小峠「めっちゃありがたいですよ」…外人さんは盛り上がるのうまいよね。

クーガー相手には正面からは無理と思ったペンギンは小峠とつるむ。怒ったクーガーは「お前俺と組め!」と小田レフに指示、上脱ぐ小田。…わー、いいのか小田っち(汗)。

が、試合は以外とお笑い路線にならず。クーガーさんがあんまりそれにのらなかった感じ。
9月のIMPではややお笑い路線だったけど、今日みたいなホリパラこそ、もっとお笑いやってよかったような。

試合後、小峠君が「この後もセミ、メインお楽しみ下さい」と中間シメのマイク。珍しいね。


お楽しみ抽選会は、ロベルト君でした。進行もなかなか上手。


posted by hazel at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | モブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。