2006年11月05日

大阪プロレス11.4 観戦メモその3

・デルフィン&×くいしんぼう仮面(好色一代男)ミラクルマン&○松山勘十郎

勘十郎、傘をさして登場、リング上で見栄をきる。
最初はくいとミラクルの攻防、なぜか今日のくいさん、きっちりとした攻撃。
ミラクル「いつもそんなんせんやん」

勘十郎、出て来る時に「ささ、出て来いデルフィン」
ミラクル「あの、社長やから呼び捨てはよせ」
というが勘十郎、自称千両役者ゆえか、ずっと上から目線。おい。

勘十郎、デルフィンを捕まえての拝み渡り。しかし勘十郎バージョンは手に扇子。
さらにミラクルに「蝶々を持て、蝶々を〜」と指図、学芸会みたいな棒についたチョウチョを持ってリング下からその前をいくミラクル。
ミラクル「めっちゃ恥ずかしいやんけ」…て言いながらちゃんとするところが、さすがはドMのミラクルさん(汗)。

勘十郎を捕まえるデルフィン、後ろからひらひらと忍び寄るくい、
ミラクル「志村、後ろ後ろ」
勘十郎「拙者は志村ではないぞ」…で後頭部はたかれるお約束。
さらにそこでデルフィンが勘十郎に「だっふんだ!」というと、勘十郎、それに反応してヘンなおじさんの顔を作ってしまい、それに気をとられて攻撃受ける。…ナニあなたそれ(笑)。

この後も何度もデルフィン「だっふんだ!」、そういわれるたびに顔作ってそのスキに攻撃される勘十郎。
ミラクル「おまえアホやろ」
…このデルフィンさんの「だっふんだ!」を言う早さとタイミングがまた妙にオモロイ。

くいさんの欽ちゃんジャンプ、数珠繋ぎ首四の字、ヘッドロックごっちんから全員ダウン&2カウントで「おお〜っ!」の大阪ムーブも普通にこなし、勘十郎はクモの巣攻撃も。
そしてラストは飛びつきスタナーの好色一代男で勘十郎がくいから3カウント。げ、借っちゃった。

ミラクル「どうでしょう社長、ウチ向きの逸材だと思いますが。で、こいつめっちゃ特撮好きなんですよ」
そう言われると、勘十郎いきなりストロンガーとV3の変身ポーズ。
ミラクル「こいつ控え室でずっとこんなんやってます。歴代ライダーの変身ポーズ全部できるて」
それを聞いたお客さんから「アマゾン!」のリクエスト。勘十郎、即座に「ア、マ、ゾーン!」と変身ポーズ。…あの、流れは(汗)。

この際と、勘十郎にシメを一人でまかせるミラクル。
勘十郎「今日は千両役者松山勘十郎大阪公演によくぞいらした。明日は松山勘十郎大阪公演二日目、よろしく頼むぞ」…こんな調子でずっと上から目線。
ミラクル「お前メチャメチャ後輩やんか」と言いつつ、終わった後にちらっと「ごめんな」とシメをいきなり任せたことを謝ってました。ていうかガチでいきなりだったんすか(笑)。

IMP前のホリパラで、お客さん少な目でしたが面白かったですよー。


posted by hazel at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。