2006年11月16日

インディーのお仕事#201(チラ1)

ぬらぬら
わー。完全に寝てました。こんな時に限って、けっこうアクセスいただいているような。すみません。
先週末放送の「インディーのお仕事」の内容と感想を、書きたいとこだけちろっと。

みちのく新宿大会。

男盛vs勘十郎のシングルは、なぜか途中で男盛のスイッチが入ってしまい、勘十郎にマウントパンチ。観客から「アレクだ」の声が。
これには勘十郎も汗びっちょり。…ていうかすげい汗かきです、この方。

先日大阪プロレスで試合した時も、試合開始まもなく、「なんでお前そんなに汗かいとんねん」とミラクルさんに指摘され、「拙者だって嫌なのだ」とぼやくシーンがありました。体ぬらぬら。

魔王様です
そして人生が新たなキャラ、魔王で登場。…体にはタトゥー(ていうかペイント)に、サイクロプス(エックスメン)のようなサングラス。ちょっとハクシっぽくもありますが。ラストはジャックハマーで勝利。今後はこれでいくのかしら。

石川雄規vsハヤトはこれまで見たハヤト君の試合の中で、一番よさげな感じ。
メインで佐藤秀がゾンビキングで勝利した後、マイク。

オリにいれといて
「12.17は、佐藤兄弟と、ザ・グレート・サスケで、金網デスマッチだ!」
…うわ、それはちょっとオモロそうな気が。なんかこの方達の場合、互いが逃げないための金網が、アブナイ生き物なので檻に入れてる雰囲気がしそうですが(汗)。

いったんここまでで。作業遅いなあ。すみません。


posted by hazel at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | インディーのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。