2007年01月31日

大阪プロレス1.27サタナイ(Sアリーナ)その2

20070131053132.jpg
Sアリーナ放送、メインです。

・タイガースマスク&×原田大輔(17分22秒片エビ固め)ビリーケン・キッド&○アジアン・クーガー
20070131053411.jpg
互いを殴りあうタイガースとビリー。タイガース、ビリーの肩口を連打した後にロープから走るが、ビリーそれをとらえて担ぎ上げ、急所攻撃、リングの外に放り出す。

クーガー、コーナーから原田をふると、ビリーがそれをかつぎあげ膝にのせると、さらにそこにクーガーがギロチン。

…まだするっとなめらかって感じじゃないけど、この2人ならではの新しいタッグワークで新鮮。しかしえげつないですな(汗)。

タイガースをコーナーにふるビリー、そこに「いけビリー!」とビリーを投げやるクーガー、しかしタイガースかわし、タイガースはクーガー、ビリーに続けざまにバック投げ。

タイガースと原田、同時にリングを走りダブル攻撃にいこうとするが、リング下のクーガーがタイガースをすくい、ビリーが原田を捕まえ、エスパルダっぽいムーブからマットに叩きつける。一方のクーガーはタイガースにエプロンからリングインしながらの蹴り。

ラストはクーガーが原田を顔面スタンプを見舞って勝利。

試合後。
20070131054751.jpg
ビリー「大阪プロレスのチャンピオンは、この俺だ。メインは俺が、すげえ試合をして、俺が勝つ。お前ら楽しみにしておけよ!」

…ビリーさんにしてはちょっとシンプルなマイクですが。おチャンピオンとして試合の内容を見せる、それが重点てことだろうか。

大阪ハリケーン、2003年からこのビッグマッチが始まりましたが。ビリーさんとタイガースさんがメインをつとめるのは、これが初めて。そのことからも、試合内容の重要さを強く感じているのかも。

ふと思いましたが、タイガースさん側のアピールを聞く機会があまりないようなのは私の気のせいか、私がビリー大先生に気がいきすぎてるせいか(汗)。
ビッグマッチの前に、その大事さを感じるが故に言葉数が少なくなってるのではと思ったり。
双方とも、この試合に賭ける気持ちだしまくってほしいですぞ。言葉にして。

*
V後、ガイナが実力をのばしていること、それとゼウスの迫力を絶賛する、本日の解説ゲスト、清水勉さん。…あの、そっちはほどほどでいいですから(汗)

そして、2.12ハリケーンのカードを見て。
清水「僕の一番はサスケ&デルフィンvsウルティモ&浜田ですね。これはユニバーサルからの遺恨とかもあるしね。サスケデルフィンってのは今も仲悪いしね」

三田「大丈夫なんでしょうかね」

清水「知る人ぞ知る、グラン浜田とウルティモ・ドラゴンこと浅井嘉浩は、犬猿の仲でですからね」

…え。まじ。

三田「ダメじゃないですか、どっちのタッグも」

清水「昔浜田さんの付き人をデルフィンがやってて、浅井の付き人をサスケがやってて、だからどっちがどっちにつくのかって感じもしてしまいますね」

…これってそういうカードだっのか。なんかちょっと楽しみになってきました、ヘンな意味で(汗)。

今週末のカードはこちら。
2.3(土)サタナイ
2.4(日)ホリパラ

…今週、大原はじめ選手がまた参戦しますね。「浅井校長からのメッセージだ!」とか言って、デルフィンのシューズに画鋲仕込んだりしないかしら。ねえよ(汗)。

試合はハリケーンに向けての空気いっぱいになることと思いますので、どの方にもアピールぶっこいていただきたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。