2007年03月10日

みちのく3.9新宿観戦メモ3の2

遅くなりました。第3試合、東北タッグタイトル戦の続きです。
コメントのレスは、M-12まで書ききってからさせていただきます。恐縮。

ビリーのこうもり吊り落としからのフォールをカットする佐藤兄弟、佐藤兄弟の蹴りを受けきる政宗と、勝敗の行方がわからなくなる中、政宗が雷切をきめるが、その後方にいたビリーが佐藤片割れの攻撃を受けて体が下がって政宗にぶつかり、フォールをじゃまする形に。

「何やってんだよ!」って感じでビリーを突き飛ばす政宗、「違う!」というアクションのビリー、明らかにここでぎくしゃくし始める。…うわあぁぁぁ、やめてー!

このへんからどうなったんだっけ…(動揺して記憶朦朧)、場外からのイス攻撃をビリーが受けたかでカットに入れない状況の中、政宗が集中攻撃を受けてラストは秀がナチスゾンビを決めて3カウント、佐藤兄弟、タイトル防衛。…うわぁ、ちくしょーーー!


試合後、「おい、お前ら、タッグなのに連係がうまくいってねえんじゃないか?
俺たちはなあ、イスでアタマ殴られたってちゃんと連係できるんだよ」と佐藤片割れ(多分秀)。
…うぎー、たいして連係技やってないアンタらが言うなー!第1試合の佐野といい、今日は「お前が言うな」大会か(汗)。

ビリーを無視してふりきる様にして退場する政宗、やりきれなさにエプロンを叩いてくやしさをぶつけるビリー。

…ううう。アタクシはあなた方があの東北のベルトを巻くところを見たくて来たのであって、仲たがいするところを見に来たんじゃないのにー(号泣)。

去年の秋の天王山ぐらいから、苦い思いすることが多いんですが、これはチョイ悪メイツに与えられた試練なのか。ていうか、このままじゃそろそろ暴れますぜアタクシ。いや、その前に、すかっとビリー大先生に暴れていただきたい。

それと。みちのくのリングでこういうことが起きて、もう一つ気になるのは。
この前の、みちのく徳島大会で、ガイナと秀吉がタイトル戦をした後、両者が握手するシーンがありましたが。
あれも大阪のリングの展開として、これから起きることの何かだったのか。…うわ、考えたくない。けど、あるのかも…。


posted by hazel at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポ、感謝っ!
望んでない状況を書くのは辛いっすよね…ありがとうございます。
今日これから大阪で大きな動きがある予兆に思えてならないです(T_T)
観にいけないので心の準備だけはすることにしました…
Posted by やすな at 2007年03月10日 19:16
>やすな様
どもー。こういうこともあるかも…とは少しは思ってましたが、みちのくのリングだし、大阪の展開はあまり持ち込まないかな?と思った私が甘かったです(泣)。

しかし昨日の段階ではまだ特に何もなかったようで。これはこれで気持ち悪いっすね(泣)。
Posted by hazel at 2007年03月11日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。