2007年07月26日

UWAI STATION7.13IMP(いただき写真)

DSC03277.jpg
遅くなってしまいましたが、香山こすたリカ。様にいただいていましたUWAI STATION7.13IMP大会の写真をご紹介させていただきたいと思います。
では、公式ブログの試合結果にそってご紹介。(寸評はこちら)

<第一号車>
・○内田祥一(8分10秒、クロス・フェースロック)黒影●
DSC03284.jpg

DSC03288.jpg

(リカ様より)
−うっちぃ〜は・・・
ダイビングヘッドを決めたあとの関節技でギブアップだったけど、今人的にはダイビングヘッドで決めて欲しかったかなぁと。
黒影は・・・なんか強いのかどうかようわからん感じでした。ルードやったら、もっとそんな感じをアピールしてほしかった。

<第二号車>
○ドン荒川(3分57秒、逆さ押さえ込み )青柳政司●

<第三号車>
○角英輝(5分27秒、右ハイキック→レフェリーストップ )土屋クレイジー●
DSC03305.jpg

<第四号車>
○UWAI32号&UWAI231号(9分1秒、ファイアーバードスプラッシュ→片エビ固め)アントーニオ本多&マッスル坂井●
DSC03327.jpg

DSC03318.jpg DSC03320.jpg

-アントンと坂井はマジおもしろかった!スローモーションもみれたし!!!2人のマイクも最高でした!!!
メカのお2人もなかなかよかった。特に小さい方は身軽な動きでした。

…この試合は「インディーのお仕事」でも放送がありましたが、ほぼマッスルの世界だったようですね。ただ、大阪初公開のスローモーションには反応がいまひとつとの話でしたが…。
映像であったプチシルマのくだりはやられました(笑)。

<第五号車>
○近藤哲也(6分16秒、飛びつき三角絞め )石倉正徳●
DSC03342.jpg

−石倉さんは・・・相手が柔術家で、かみ合うのか?その辺が不安だったし、相手は百戦錬磨って感じ。余裕を感じました。
けどね〜その辺はプロレス技をきっちり魅せて、さすがでしたよ〜スプラッシュを決めたり、なかなかでした〜

<第六号車>
○吉江豊(4R1分46秒、ダイビングボディプレス→体固め)村浜武洋●
DSC03360.jpg

DSC03367.jpg
−変則ルールだったので・・・
それはもう、格闘タイムの時の村浜のうれしそうなこと!
吉江にバチバチいいパンチやキックをいってました。
しかし・・
プロレスの時には、もっとプロレスらしい技をしかけてほしかった!
無理でもブレンバスターと叫んでみるとか・・・

…村浜さんはデカい的でがんがん打撃をやってた感じでしょうか。今はプロレスよりも格闘よりな活動なんでしょうかね。そっちの場でも試合機会を作っていただきたいところです。。

<第七号車>
○西村修&新崎人生(20分25秒、逆さ押さえ込み)鈴木みのる&NOSAWA論外●
DSC03396.jpg

DSC03398.jpg DSC03384.jpg DSC03412.jpg

−セミのみのるはさすがでした〜
私的には人生さんを観れただけでも大満足でしたけどね〜♪
みのると論外っていいパートナーですね!!!

…思うに、上井駅ってカードを聞くとけっこう面白そうな印象を受けるのに、いざ試合になると、そのへんが期待した感じにはならない場合が多そうな、ちょっと出オチというか、マッチメイキングオチみたいな印象を受けております。
が、そんな中で、鈴木みのるさんという方は、もっとも出オチ率が低い方ではないかと思います。ちゃんと何かを見せてくださるような。

<第八号車>
○高瀬大樹(5分58秒、腕ひしぎ逆十字固め )須田匡昇●
DSC03427.jpg
…この試合はSアリーナで少しありましたが、須田選手がなぜかマスクを着用してきておりました。途中でマスクはぎにあいましたが。
…試合内容はともかく、なんか中途半端なパフォーマンスだとリアクションに困る感じがいたしました。格闘家の方って、きっちりそのへんきめる方はきめるんですが、演出意図とかなくただやりたいからやってるふうな方もいるよなあ。…レスラーでもそれは時々ありますが(汗)。

今回も、いろんな写真をたっぷりありがとうございました。
まだまだいただき写真ございますので、ちょっと試合やイベントから時間が立ってしまっていますが、追ってアップしたいと思っとります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。