2007年07月28日

恥ずかしながら、受けて立つ男。

20070728101242.jpg
昨晩のインディーのお仕事より。大阪プロレス先週分、7.21サタナイでの、Sアリーナで流れていない別編集部分がありましたので、そこからちらっと。

バファローにシングルマッチを持ちかけるクーガー、それを受けてのバファローのマイク。

バファ「正直俺は、1年間プロレス界から逃げ隠れていたような状況で、モチページョンも下がり気味で、正直1年間の重み、今痛烈に感じている。今日も恥ずかしながら、メインのリングに上がらしてもらったわけで。
正直、迷うところだが、クーガーが俺とシングルマッチやりたいといってくれてるなら、これが来週、大阪プロレス来てくれているお客さんが満足してくれるなら、アジアンクーガー、来週シングルマッチ、このブラックバファロー、恥ずかしながら、受けて立とう!」

…すんげい殊勝なわけですが。殊勝なの通り越して、この「恥ずかしながら」ってフレーズが、終戦を知らずに潜伏していた日本兵の方みたいで、ここまで来るとなんかもうアタクシ笑いが(汗)。
試合勘とかはどうなのかわかりませんが、マイクに関してはある意味絶好調な気がします。

本日その、クーガーvsバファローのシングルマッチ。またあとで、勝手に見所書こうと思います。


posted by hazel at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | インディーのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。