2005年07月10日

インディーのお仕事#140

差し入れ持参
さあ。お仕事いってみよー。今日のタイトルコールはマッスル坂井選手。新潟大会での撮りで、新潟在住のDJニラさんのお母さんがいろいろ差し入れしてくれて、その袋とジュースを手に持ったまま「いってみよー」。
…なんかいいですね。息子さんと同じようにがんばってる子って感覚なのかしら。
スタジオでは、この前のECWPPVでニコライがけっこう大きく映ったとのこと。…アタクシ見てたのに気づかなかったですよ。後でビデオで確認しよう。

お品書き。
<WEEKLY INDIES DIGEST!>
・みちのくプロレス7.1福島・雷山町
・大阪プロレス7.2デルフィンアリーナ
・フーテンプロ記者会見
・DDT6.29後楽園ホール
・DDT7.3新潟
・雁之助コメント
・リキプロ7.1佐世保&7.4大阪
・FOS記者会見
<WEEKLY INDIES PICK UP!>
・DDT6.29後楽園アイアンマン戦

みちのく。
マイクの持ち方がちょっといや(笑) 年長だったのね
メインが影虎vsラッセと、これから始まる鉄人リーグ戦で、若手ががんばることを予感させる。
試合後は鉄人に出場する選手がマイク合戦。
「優勝するのは俺だ」的マイクが続き、ちょっと平板な感じも。もっと自分のカラーをアピールしてほしい感じです。
ここで意外な個性を見せたのは佐藤兄弟。のどちらか。
「一応ボク、アイドルって言ってるけど、けっこうねトシいってるんだよ。だから今回の鉄人は怪我しないように、とりあうず、疲れない、ケガをしない、オトナのプロレスを展開するから。ボクには作戦があるからさ」
…名鑑で確認しましたが、佐藤兄弟は7.5に25才のお誕生日を迎えられたようです。まだ十分若いと思いますが、「アイドルにしては」ってことかしら。あるいはアイドルにありがちな年齢詐称で実はもっと上?(汗)アイドルといえば、ユタカさん元気かなあ…。知る方法もないし、引退された今、探るべきことじゃないと思いますが。元気でいてほしい。

大阪サタナイは別記事にしてこちらに載せています。タッグフェス開幕前の空気を。

池田大輔、記者会見。今回も銭湯で。
オフロなのでアフロなのだそうです…
バチバチ2を8.27に新木場でやるとのこと。
「前回タッグマッチが不評だったのでタッグマッチをやります」と。…逆にいいの見せてやるってことかしら。
池田選手のパートナーは飯伏選手。「オファーしたら『そこで終わってもいいから出ます』とコメントが帰ってきまして」
…ぐわ、飯伏君そんなことを。前回出場して充実感あったのかしら。しかしそのコメント、DDT的にはいいのか(汗)。

DDT6.29。NEWS侍での映像はこちら
わー 字の出方に時代感
お仕事では、DDT式マムシデスマッチの前に、ポイズンvsザ・マミーのかのビデオ映像が。
それに触発されたDDTヤングマックス軍、どんなデスマッチ(坂井いわくデスファイト)をやるか話していたところ、「俺はちゃんと考えてきたぜ」と石川。「さすが!」とほめる一同、葉巻を吸わせてあげるのとコールドスプレーで冷やしてあげるのを同時にやり、スプレーのガスが引火、石川炎上(笑)。そしてそれが布石に。

石川がいないまま試合をするポイズン組vsマックス組、そこにプラケースに入ったマムシをもってマミー登場。
つまり。デスファイトの案を考えてきた石川が炎上して包帯ぐるぐる巻きになってマミー化したってことね。ムダに作りこんだなー(笑)。そしてプラケースへのDDT、マムシに噛まれてその毒を有刺鉄線バットで擦ってキズを開いて吸い出すという、例の映像のマムシデスマッチでの名シーンが見事に再現(笑)。
再現!
ポイズンのマムシデスマッチにに感動した一同は、みんな蛇光に入ってポイズンについていくと。そして偶然記憶がよみがえったポイズンだが、「熱い血がよみがえったからユニオン立ち上げたいんだよ」と。「んじゃこの杖持つのも最後だから、これ持ってユニオーンってやんなさい」とディーノ、しかしその杖がポイズンの頭にあたり、再び記憶喪失(笑)。
すんげいサングラスだし
そこになぜか不動力也こと黒毛和牛太こと勇作登場、「ユニオーン、うージェーッツ!」としめる。…理解不能(笑)。
バックステージの勇作先輩。
「DDTで神と言われている自分が、5年半ぶりに帰ってきました」…あ、あはは(汗)。
ディーノ「どうですか、久しぶりに古巣に戻られて?」
勇作「まあ、古巣は…おっ、誰かと思えば、三四郎君じゃないか」と指差す。
…この時なんとディーノさんが、たまらず後ろを向いて笑いをこらえてましたよ。映んなかったけど三四郎さんの表情やいかに。なんかわかんないけどすげいぞ勇作(笑)。

ダブルクロスのHERO!、三四郎vsのKUDOのメインも。
試合後、「お前たちの成長は確かに素晴らしいけど、あとひとつ、プロレス流でいうところのあとひとつ、意味不明なものが足りないんだよ。正直言ってそれは俺にもわかんないよ」と三四郎。
…むー。KUDOさんに限った話でなく、インディーのいい選手だけでなく、メジャーな選手でもそういう感じの方はたくさんいるような。選手自身の努力鍛錬でそれが満ちるのか、団体での扱いや何かに見事にはまってブレイクするのかわからないのも謎で。それこそプロレスの神に祝福される瞬間なのかもしれませんね。…神といっても勇作先輩じゃないですよ(汗)。

DDT新潟。NEWS侍の映像はこちら
ディーノさんも驚愕のイタリアン
お仕事ではさらにイタリアンの店写真も紹介。「確かにあそこは東京にはないセンセーショナルな場所だったわ」とのディーノさんのお言葉も。…わー、すっごい食べたいよイタリアンー。
ばかうけにしんみり。
そして松井レフ買収シーンでは、「そろそろ栗山米菓のばかうけガーリック味が恋しい頃なんじゃないですか?」と坂井。
「栗山米菓…ばかうけ…なんて懐かしい響きなんだ」と松井レフ。BGにはくいさんのあのテーマ曲が。…わーん(泣)。
坂井「松井さんの古巣のスポンサーって言うじゃないですか」
松井「それを言うなー!誰もわかんないじゃないか」…新潟でする話ではなかったかもね。

他にはもハヤブサさんが歌うシーンも。中越地震支援大会に賛同しての参加とのことです。
ハヤブサさんのブログ見たら、この日いろんなブログ持ちの選手が入れ替わり立ち代り写真撮って「ブログに載せてもいいですか?」と聞かれたとのこと。この日のDDT参戦選手のブログは、確かにハヤブサさんだらけ(笑)。お子さんがまたマスクかぶっちゃってる写真もあります。これ、かわいくってすごく好き。
ぎゅ。
メインの試合では、ディーノさんに股間つかまれる松井レフの姿も。…これで松井さんもオトコになりましたね(汗)。

雁之助会見。
「レストラン」という映画に、グルメ雑誌の編集者の役で出演するのだそうです。
ニコライいわく、雁之助選手は「MASK DE 41」でもなかなかいい芝居していたとのこと。

リキプロ大阪。
金村、松葉杖で試合ができないことを詫びる。…むー、この前の長崎でやっちゃったんですね。大阪プロレスにもこれんかったし。お大事に。
仁侠映画のような絵
メインの時、観戦していた村上が「柴田、持ってけ」と鉄パイプを渡す。…この人達、ぎょわいよー(泣)。
試合後、リングにあがり長州に奇襲する柴田、リキプロのメンツが止めに入ると村上もリングイン、暴れまわって救出。…怖いよー。でも一番ダントツで怖いのは前田さん(汗)。

ゼロワンのファーストオンステージ会見。
名鑑見せつつ
8.12、13にインディー祭りを開催するとのこと。参加を募る形式のようで。
FOS側で用意したレスラーは「BIG MOUSE」。
微妙。
…「普段インディペンデントを見てる僕らとか面白がってる人が見てひきつけるものをやってくれないと意味ないよね」とニコライ。
三田さん「インディペンデントの底辺ってどのへんって思ってるんでしょうね」
ニコライ「ホントの底辺ってのは中村さんわかってないと思うよー」…ふふふ(悪笑)。

ベルトはどみまでいくのでしょうか
ピックアップはDDTのアイアンマン。女子レスラーさんがたくさん。そこにゴージャスがなぜか。
どんどんとタイトル移動、残り時間が少なくなったところで必死に先輩レスラーたちから逃げ回るチェリー、そのまま逃げ切り試合終了、DDTの意地を見せたか。
が、そこで宮崎が丸め込み、タイトル移動。ここでNEOの甲田社長登場、祝福したかと思いきや、甲田社長が宮崎を逆さ押さえ込みで3カウント、タイトル移動。しかしまた宮崎取り返す。その後、NEOの試合でも宮崎防衛とのこと。
…このベルト、DDTに帰ってくるんでしょうか…。

俺プラ選手権はまだ投票募集中だそうですよ。ぜひ!
ではまたらいしゅー。
posted by hazel at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | インディーのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不動さんが来てたのは「DDT出身で一番の出世頭」だからだそうです。
その論理で行くとNOSAWAさんの方が(以下略
Posted by ブラソ・デ・おろおろ at 2005年07月11日 23:39
>おろおろ様
しかしやはりあのグラサンのすごさでは勇作先輩にはかなわなかったのでは(汗)。
Posted by hazel at 2005年07月12日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。