2007年11月24日

大阪プロレス11.24天王山2回戦試合結果

メルマガきましたので改めて全試合結果を。

・松山&×タコ(コンドルボム)秀吉&コンドル○

・○デルフィン&○小峠&○田中(自爆)ミラクル○&くいしんぼう○&えべっさん×

※以下は天王山2007二回戦
・×原田(スーパーバイセップスエクスプロージョン)ゼウス○

・○クーガー(ラダーチェアーアトミコ)政宗×

・○タイガース(飛びつき式回転エビ固め)バファロー×

・×ゼロ(クロスアーム式パワーボム)ガイナ○

これで準決勝はガイナvsタイガース、ゼウスvsクーガーとなりました。

パクチさんとこにゼロ、ガイナがハグしてる写真があります。もう(泣)。


posted by hazel at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
週プロモバイルの試合速報も見ましたが、総括を見て「はぁ?」って感じです。

確かに今日のタイガースvsバファロー戦は不完全燃焼だったかもしれないけど、だからってマスクをかけるというのはどうなんだろう…あたりにも安直というか。


大阪プロレスの個性の1つとしてやはり「いろんなマスクマンがいる」というのがあると思うんだけど、それを簡単に剥奪するというのを考えるというのはファンの事を全く考えてないなと思わざるを得ません。


以前より週プロモバイルでの大阪プロレスの試合速報では速報でなくその取材した記者の感想になってたりしたんで大ファンともいえない自分もかなり不愉快な思いをしていたんだけど、先日のS-ARENAの件といい今回の総括の件といい、もう我慢の限界かな…って 気がしてます。


もう改善されるまでは週プロモバイルの試合速報は見ません!
Posted by TAKE at 2007年11月24日 23:37
…すいません。書いててかなりエキサイトしちゃったんで書き漏れが(^^ゞ


試合速報、大阪プロレスの分は見ません…という事です。他は結構いい事書いてたりしてるようだし(鈴木健氏あたりのレポは結構好き)大阪プロレスに関してはhazelさんはじめ皆様のレポの方が臨場感があるし。



あと文中の「あたりにも」は「あまりにも」でした(爆)
Posted by TAKE at 2007年11月24日 23:52
TAKEさんの意見に便乗してしまうのですが、
はっきりいって、週プロは大阪担当から
橋爪を外してくれと常に思ってますし、
今回の内容で記者としての腕もJ・S級、
もしくはそれ以下と確信が持てましたね。

ファイトあがりの敏腕記者と勝手に自惚れて
天狗になってるのは有名な話で
そもそもこの人、速報記事書けません。
宮尾リングアナに試合内容確認してから記事書いてるてのも有名な話。

個人の一方的な感想に的外れな問題提起と、大阪プロレスの
ファンを馬鹿にしているのかという記事ばかりで
いい加減憤りが溜まってるところに今日の総括。

本当に大阪プロレスの在り方を全く理解してないどころの
話じゃ済まされません。

なんで単なる雑誌記者もどきに、大阪プロレスの
経営面にまで口出しされなきゃならんのだ。

もう週プロ買う気も失せてしまいしたよ。

Posted by 十八番天下 at 2007年11月25日 03:32
>TAKE様
週プロモバイルの速報は、気になる興行の時はよくチェックしていましたが、今回はネットのメイツの皆さんの速報情報をいただいたり見たりしていたので、まったくそちらはノーチェックでした(汗)。

で、先ほど改めてモバイルを見たんですが。…なんともいえないズレた感じがありますね(汗)。
もちろん、思い入れだけでない第三者的な立場での意見や展望もあるべきと思いますが、今展開されている大阪の空気が伝わってこない感じがするのはいかがなものかと思います。

鈴木健氏のレポは賛否両論あるようですが、私も嫌いじゃないですね。たまにDDT関係の時に、もう少し客観的でもよいのでは、と思う時がありますが、そんだけ思い入れがあるとも思えますし。

わたしんとこはほぼ妄想と感情移入ばっかしですけどねw でも読んでいただけてうれしいです。

>十八番天下様
うはー、こちらも爆発されてますな(汗)。
確かに今の担当の記者の方は、試合以外の側面を書くことが多い印象はありましたが、それもこの方のカラーなのだろなと私は思っておりました。

取材の方法等は読んでる私にはわからないことですし、その方なりのやり方があると思うのでそこんとこには特に私自身は意見はないですが、ただ、今回、天王山の熱戦の中で書かれた内容が「えっ、これですか」って感じが強いですね…。

試合を見た人が追体験として読んだり、見に行きたかったけど見れなかった人が少しでもその雰囲気を知ろうとして読む場合もあるでしょうし、なんとなく関心持って結果だけチェックするってのもあると思います。
いろんなスタンスからモバイルをチェックする方がいると思うので、その気持ちにこたえる内容であってほしいと思います。
Posted by hazel at 2007年11月25日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。