2007年11月28日

大阪プロレス11.24天王山2回戦(Sアリーナ)その3

DSC06408.jpg
すみません、またレスためてます(汗)。天王山分を先に書いてしまいますのでゆるして。ていうかメールの返事全然書いてない…すみません(土下座)。

Sアリーナ11/27放送分大阪プロレス11.24天王山2回戦、続きです。
セミは、タイガースvsバファロー。

「天王山2007」二回戦
・○タイガースマスク(7分23秒飛びつき式回転エビ固め)×ブラックバファロー
20071128052612.jpg
タイガース、バファにはり手、バファローも張り手で応戦、そしてバックドロップ、しかしタイガース着地、バファローのラリアットをかわすとドロップキック。しかしバファローもラリアットでタイガースをなぎ倒す。

ロープに走るバファロー、タイガース、帰ってきたところにドロップキック、そしてエプロン際のバファローにダブルニーアタック。
20071128052838.jpg
…この技、一回戦の冨宅戦でも使ってたけど、普通の蹴りよりも立体的な感じがいいね。

タイガース、場外のバファにトペ、しかしバファロー、逆にそのタイミングでリングインしてかわし、そして今度ははふぁろーがトペスイシーダ。
20071128053009.jpg
…いつもちょっと飛びすぎる感じだけど、きれいだなあ。

バファロー、コーナーからミサイルキック。
タイガース、バファローのロープからのラリアットをかわすと胴回し回転蹴り。
20071128053354.jpg
…お、きれい。空手表現でごめん。プロレス技ではなんていうんだっけ…。

バファローラリアット、タイガースすぐに立ち上がりハイキック、そして高速ジャーマン。しかしバファローもすぐに立ち上がる。
タイガース、バックキックからミドルキック、そして飛びついての丸め込み、それがカウント3つ入り試合終了。
20071128053623.jpg
バファローはタイガースに攻撃を加えながらレフェリーに確認するが、判定は翻らず。

…ううむ。ここで見た内容は悪くないけど、終わる感じじゃないとこで唐突に終わった、て雰囲気。
確かにプロレスでこういうフィニッシュもあるとは思うけど、因縁深く、そして今のストーリーラインの中心ともいえる戦いでこれだと、おあずけ食らったような気分。

この試合の結果として残ったのは、天王山で負けたらその時点でベルトを返上する条件のタイガースはベルトを守り、バファローは負けたものの、チャンピオンとしてタイガースを認めることにはつながらなかったということ。

この後もしもタイガースが優勝したことがあっても、バファローはタイガースを認めるかな?サシの戦いでもう一度、双方の納得がいくものをやらない限り、その答えはでないような。

しかしこれでタイガースは2回戦勝ち抜け、次の試合の勝者と準決勝を戦うことに。
そしてその次の戦いは、ゼロvsガイナ。この後に続く。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。