2005年11月10日

大阪プロレス11.5サタナイ(NEWS侍)

開会式
11.8のNEWS侍より、大阪プロレス11.5サタナイの様子を。この日の試合結果はこちら
私も生観戦に行きましたので、ここここあたりにちょろっと観戦メモなど書いとります。

映像は、まず天王山の入場式、小峠選手の選手宣誓。
小峠君の宣誓
小峠「宣誓。我々選手一同は、大阪プロレスの精神にのっとり、最後まであきらめず、最後まで戦うことを誓います。2005年11月5日、選手代表、小峠篤司」
…天王山の宣誓は、初参戦の選手がやるので、初参戦の緊張感が感じられるがいいですな。
小峠君、ちょっとかんだけどけっこう堂々と宣誓。デビュー戦もそうだったけど、度胸よさそう。

第3試合
・○大矢剛功(10分18秒体固め)×小峠篤司
高さがある!
小峠、大矢にドロップキック、そしてコーナーで串刺しエルボー。
場外の大矢へ小峠、プランチャ。
小峠、大矢をロープにふりドロップキックを狙うが、大矢ロープにつかんでとどまり、小峠の気キックは不発。大矢、そこへラリアット。そして逆エビ。
ラストはバックドロップで大矢勝利。
バックドロップ
…生で見ている時はそんなに気にならなかったけど、小峠君、大矢さんといると細さが際立つなあ。
初めての天王山、来年はどこまでいけるか、ここからのがんばりを見せてほしいですな。

第4試合
・×くいしんぼう仮面(11分58秒片エビ固め)○秀吉
椅子の上に
場外、積み重ねた椅子のうえにくいを叩きつける秀吉。
リング内に戻ると、くいの上半身をトップロープにのせた状態で秀吉、急所蹴り。
…この日の入場式で、秀吉さんは作務衣で来てたので「あ、今日はくいさんと試合だからお笑い試合的なリラックス気分での試合なのかしら」と思ってましたが。わるー。

秀吉、くいをロープにふり攻撃にいこうとするが、くい、かわしてフライングラリアット。
コーナーから秀吉にフランケン、秀吉それをかつぎあげでパワーボムにいこうとするが、くい、それを阻止して秀吉を投げやる。
くい、秀吉をコーナートップからフランケン。
秀吉にラリアットにいくくい、が、秀吉もラリアット、逆にくいがなぎ倒される。
秀吉、くいにF5(これ、ヒデさんの技名ではなんて言うんだろう…)、しかしフォールはくいキックアウト。
落城
しかしラストは落城で秀吉が勝利。
…天王山のくいさんはキラーくいしんぼうになりますが、特に中盤からの動きはかっこよかったです。
しかし秀吉さんは今回ラフ多かったです。ペッキーちゃんにまで椅子をふりかぶったり。天下人がそんなことしていいのか(汗)。

セミ
・○ビリーケン・キッド(15分41秒片エビ固め)×エル・パンテーラ
エプロンでのアストロシザース
パンテーラ、ロープから突進、ビリー、それを捕まえてケブラドーラにいこうとするが、パンテーラ逆にアームホイップ。そしてロープ際のビリーに619。
パンテーラ、エプロンに立つビリーにコーナーからアストロシザース。…ぎゃっ。
さらにトップロープとセカンドロープの間をすり抜け、パンテーラ、トペ。…ぎゃぎゃっ。
パンテーラ、ビリーを担ぎ上げようとするが、逆にビリーからパンテーラを抱えあげるとこうもり吊り落とし。
こうもり吊り落とし
ビリドッキングヘッドロック、バックフリップとたたみかけ、ファイヤーバードでビリー勝利。
ファイヤーバード
…ジャベでじわじわ攻めてたかと思うと、いきなり危ない飛び技を出してくるパンテーラ、恐るべし。流れがなく、唐突にわっとくる感じなので間が読めずびっくりでした。それに対応するビリー大先生は、いつもと違う切り返しで応戦、まだまだいろんなことできますのう。

メイン
・○スーパー・ドルフィン(26分44秒エビ固め)×ツバサ
きれい!とても膝が悪いとは思えなかったけど…
両者の入場シーンから。
はり手合戦、とツバサ、バックキックでドルフィンの隙をつく。
ドルフィン、ツバサに蹴りを発、場外に逃れたツバさにドルフィン、トペ。
ドルフィン、ツバサにジャックハマー、フォールはツバサ、キックアウト。しかしすかさずその足をつかむ。
ドルフィン、ツバサに蹴り、とツバサ、その蹴り足をとるとドラゴンスクリュー。
ツバサ、場外のドルフィンにケブラーダ。…うわ、きれい。とてもこの数日後に足の手術をすることとは思えない。

ツバサ、ドルフィンに投げっぱなしジャーマン、そしてシャイニングウィザード。…お、珍しいですね。
シャイニング
ツバサ、ドルフィンを担ぎ上げようとするが、ドルフィン逃れ、ヒザに低空ミサイルキック。…うー、そこを狙うのは正直見ていてつらい。
勝利。
ドルフィン、ドルフィンマジックからフォール、しかしツバサ、キックアウト。
ラストはカオスブレイクでドルフィン勝利。

試合後、ツバサがマイクを。
必ず完治させて
「右膝の、再手術をすることにきめました。必ず、完治させて、このリングに戻って来たいと思います」場内、拍手。
…この時、会場しんとしてたなあ…。でも、ツバサさんの「戻って来たいと思います」と言葉を聞けてよかったです。
ブログを見ると、いきなり入院されてますね。マスクに検査着がなんかかっこいいのはナゼ。でもなんかマメにアップしてらっしゃるところを見ると、ファンに様子がわかるようにってのもあると思いますが、けっこうツバサさん退屈しているのでは。入院中ってできること限られるしなあ。激励からちょっとしたことまで、ブログに書き込みしてあげたら気がまぎれていいかもですね。

そして。
ツバサ「この大阪プロレス、お前しかいない。天王山の決勝のリングに、必ず上がってくれ」とドルフィンに。
決勝のリングに立つ!
ドルフィン「俺は勝手に、ツバサさんの気持ちを背負って、必ず決勝のリングに立つ。皆さん応援よろしくお願いします!」

…天王山は、もちろんそのタイトル通り、大阪で一番強いやつを決めるトーナメントで、この試合ならではの力の入ったいい試合が見られることが魅力ですが。シングルのぶつかり合いであるからか、ドラマの部分でもぐっとひきつけられるシーンもあると思います。この日のツバサさんとドルフィンさんのように。

去年の一回戦でも、映像で見ただけでもゴアvs初代えべっさんの試合後のマイクがよかったなあ…。カルトvsパファは試合はハードコア味な展開になったり。
今週末の一回戦後半でも、ぐっとくる何かが見られたら。

というわけで、今週末11.12(土)が天王山一回戦後半、その前に11.11(金)が後楽園大会ですよー。


この記事へのコメント
今週のゴングのインディーサミット追加カードでの小峠君のコメントでも「自分が一番この中で細い」と言ってましたが逆にだからこそ存在感を出せるようになって欲しいなぁと。NOAHの志賀選手みたいに。
ヒデさんはほら、天下人だから何やっても許されるんですよw
パンテーラ戦でビリーさんのルチャ魂が再点火したのかもしれませんね。大矢さんを翻弄してほしいですな。
ドルさんとツバっさんにはもう言葉はいらないかと思います
Posted by ブラソ・デ・おろおろ at 2005年11月10日 10:32
明日は後楽園大会なんですよねぇ・・・
天王山の前日なのに大変そう。

今週末も頑張って観戦してきますよ〜
武侍漢対決と師匠対決が気になるところですね。

また、感動を分かち合いましょう!
Posted by 香山こすたリカ。 at 2005年11月10日 22:56
>おろおろ様
ゴングのインディーサミットの試合ピックアップは、各選手のコメントがきっちり載ってるのがいいですよね。ぶっちゃけ、普段の試合でもこんぐらい取り上げてくれたらと思ったりしますが(汗)。
小峠君、これからさらにいい選手になる要素はたっぷりありますよね。どんな個性を見せてくれるようになるか楽しみです。

そうか、だからファックサインもするのか<秀吉さん(笑)。

大矢戦…見れない(泣)。ああ、どうかビリー大先生があの頭でスリップしませんように。

この時のツバサさんのしゃべりのトーンがまたかっこいいんですよね。お見せしたかったです。

>リカ。様
メールにお返事してなくてすみません…。て、ここで書くな(汗)。

移動があるので大変ですよね<後楽園〜デルアリ。それで言うと、いつも移動しているであろう。

あ、今週もご観戦なんですね。よかなー。私も今週末の試合では、政宗vsバファが一番見たかったかしら。
あと、ロビンちゃんも見れますね(汗)。

アタクシもまた観戦に行きたいですー。
Posted by hazel at 2005年11月11日 02:47
今読み返したら、レスがヘンですね。
「いつも移動しているであろう」の続き。

いつも移動しているであろう大鷲さん達が移動慣れしているので、今日の天王山は有利になるのかなと思ったりしました。
Posted by hazel at 2005年11月12日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。