2005年11月18日

インディーのお仕事#159(その1)

お前はカラスだ、カラスになるんだ!
さー、今日も書けるとこまでお仕事いってみよー。今週のタイトルコールはニコライ。とある人にインタビューするために、公園らしき場所にいます。そのインタビューは番組最後に。
お品書き。
冒頭で三田さんが言ってましたが、椎名誠さんが週刊文春のエッセイで、ご自身がサムライ視聴者で、「インディーのお仕事」で大日本のデスマッチを見ると「自分もがんばんなきゃ」と思うと書いてらしたとのこと。…ほー。元々嫌いじゃないですが椎名さん株急上昇。
お品書き。
<WEEKLY INDIES DIGEST!>
・みちのくプロレス11.12仙台育英高校
・インディーサミット会見11.11後楽園
・大阪プロレス11.11後楽園
(以下、後半でアップ予定)
・大阪プロレス11.12デルアリ
・BATI BATI 11.12金沢
・キングダムエルガイツ11.12新宿FACE
・DDT 11.9新木場
・インディーサミット会見11.15新宿タントラ&花膳
・水上プロレス11.6春日部
インタビュー〜あの人に会ってきました

みちのく。野球の名門、仙台育英高校でプロレス教室、カラスコ主催のカラスの穴。
カラスコもじゃれあう
たくさんの子供達と準備体操から指導。…こういう風景大好き。選手の皆さんが優しげで、お子様達も楽しそう。
「この前まで指導される立場だったので教えるのは難しいですね。でも子供達と触れ合うのは楽しいです」とラッセさん。
「子供達を教えるのは大変ですね、ほらお前達、ピースしとけ、テレビ映るぞ!」と子供達をうながすパイナップル華井さん。
子供いじり得意そう
…見てるとこの華井さん、子供たちと一番楽しそうに触れ合ってた感じ。子供好きと見た。ルードなのにいい人丸出し。サルセロスは元々かわいげのあるルードだけどね。

最後はカラスコも加わっての模範試合。プロレス教室がメインのイベントってのもいいですね。
…そーいや。少し前のニュースで見ましたが。最近のお子さんでジャンプして着地がちゃんとできない子が増えてるとか(10.11のニュースより。なんとなく写真とってました)。一般的なスポーツやっててもその手の身体能力を伸ばす機会が少ないためとか。
普通に外で遊ぶ機会が減ったせいとか
これ見て、プロレス教室とかならジャンプとか着地とかばっちしできるようになるだろなと思いましたです。


インディーサミット、記者会見大阪プロレス提供カード編。NEWS侍での映像はこちら
ここって駐車場かしら
お仕事で流れた、NEWS侍と別カット部分を含めたコメントを改めて紹介しておきます。
ドルフィン「一番信頼できる相手のビリーケンキッド選手とものすごいいい試合をして、大阪プロレスここにありというのを、全インディー団体にアピールしたいと思います」
ビリー「今、天王山というトーナメントを行なっていますので、その決勝戦が12月3日にありますのでね、僕ら勝ちあがっていけばそこの決勝で戦うはずなので、そこと、インディーサミット、僕に連勝できるように自分自身は狙ってますので、がんばりたいと思います」

というわけで、大阪プロレス提供カードはスーパードルフィンvsビリーケン・キッドと相成りました。このお2人の攻防の素晴らしさを知っている自分としては、ぜひ双方の自由に泳ぐような試合を味わっていただきたい。


大阪プロレス、後楽園大会。NEWS侍の映像はこちら
クーガーさん、絵になる
お仕事では、まずアジアンエクスプレスvs内田小峠から。
エプロンで内田を捕らえるコンドル、その股間を潜り抜けてリング下へ行き内田の足をすくうクーガー。そしてコンドルが内田にジャンピングエルボー、続けてクーガーがギロチン。
…アジアンタッグは連係がものすごくスムーズでよどみないですね。クーガーさんの試合はけっこう見てますが、このタッグもちゃんと見てみたい。
ぎゃふっ!
コンドル、場外で椅子に小峠を座らせ、そこにエプロンからドロップキック。…ぎゃっ、ことみちゃーん!
さらにクーガー、たくさんの積まれた椅子と小峠に向かってダイブ。…こういうハードな試合もする人じゃったな、確かに。
飛ぶ若き大阪たち
しかし小峠も二者同時のドロップキックで反撃、そして内田と2人でプランチャ二重奏。
内田、コンドルにダイビングヘッドバット、しかしフォールはクーガーがカット。
小峠、コンドルをロープにふるが逆に小峠がふられ、内田に激突、そこへコンドルがクーガーのサポートつきで場外へアトミコ。
ラストはハイジャックギロチンで小峠からクーガーが勝利。

メインはドルフィン&ビリー&タイガースvs大鷲&バファ&秀吉。
WR!
お仕事放映分では、天王山のシングルを前に、対抗心を見せるタイガースが大鷲に160km/hチョップを見せるシーンも。
ビリーをコーナーにふり、セコンドの政宗を含めて波状攻撃する武侍漢、そして大鷲がドルフィンにランニング喉輪落とし。さらにダイビングボディプレスを狙うが、タイガースがトラースキックで阻止。
ドルフィン、秀吉にWR、フォールにいくが秀吉キックアウト、そこにバファがコーナーからミサイルキック、ドルフィンはドロップキックでそれに応戦。
ドルフィン、バファに道険笑歩拳、そしてドルフィンマジックにいこうとするが。大鷲がそこにカットに。がドルフィン、2人まとめてドルフィンマジック。
この後両サイドへ一直線
タイガースとドルフィン、交差して双方向へ流れ星のようなトペ。…うわ、これ見たかった。タッグタイトル戦の時にツバサさんとビリーさんもやってましたが、タイミングがぴったりでとても美しかったですぜ。
ラストはファイヤーバードスプラッシュでビリーがバファから勝利。

試合後、ビリーマイク。
乗れ、乗ってから考えろ!…でも、乗った時点でもう行くしかないのでは(笑)
「我々、ただ今大阪プロレス、天王山トーナメントという、ナンバーワンを決めるトーナメントをやっております。明日、その一回戦、大鷲とタイガースがシングルで戦います。皆さん!見たいですよね?(観客拍手)
皆さん!皆さんがこれから帰るところは自宅ではありません!夜行バスに乗ってください!今すぐに夜行バスに乗れ、そして乗ってから悩め!大阪に着いたら大阪プロレスを見にこい!わかりましたかー!よっしゃー!
それではまた皆さん、東京で、いやさ大阪でお会いしましょう!今日はどうもありがとうございました!」
…ビリー大先生、マイク絶好調ですね。ここ最近で一番、らしさの出たマイクだったような。

V後、「私はね、このビリーケン選手のマイク大好きなんですよ。今マット界ナンバーワンと言ってもいいんじゃないですかね。わかりやすさと歯切れのよさ、そしてぶっ殺してやるとかでなく、ちょっと笑わせるとことか」と三田さん。
…あの。前々から三田さんのことは大好きでしたが、お願いがあります。抱いて。
もうこれからは、NHKのまる得マガジン(三田さん出演中)も全部録画。

…とか書いてたら、またこんな時間…。うー、もうちょっとすすめたかったですが。残りは後半でアップします。この調子では、今回は3分割になるかも。

あの、ところで。私こうして長くなる記事は分割してアップしたりしますが、読む方は一つの番組内容などはどばっと一つのほうがいいんでしょうかね。それとももっと短い長さで区切ったほうがよいのかしら。特に携帯から見ていただいている方からご意見いただけらうれしいです。よかったらですが。


posted by hazel at 04:25| Comment(3) | TrackBack(0) | インディーのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的な意見では分割賛成派です。携帯で見るにしても、ある程度で切ってくれたら読み込み時間も短いですからね。
Posted by ブラソ・デ・おろおろ at 2005年11月18日 05:59
hazelさん、こんにちは〜。ケータイ派ではないので、アレですが、毎回きっちり書いてくださるのは大変うれしいのです。なので、hazelさんの書きやすい方向で。無理はなさらずお願いします。後楽園での尾タイガ〜ス様とドルフィンさんの同時トペ。すばらしく美しかったのですが、体勢に入る前に、タイガースさんをドルフィンさんが一生懸命「タイガース、タイガース!」って3回くらい呼んでたのが、印象的。おタイガース様、「はっ!」みたいな感じで反応してました。さらに、ビリーさんのマイク、サイコ〜。すばらしすぎです!う〜ん。思い出しちゃうなあ。しみじみ。。。そして、大注目のカラスの穴、きゃ〜。hazelさん、ありがと〜。カラスコたん、かわいいなあ。
Posted by PONPON at 2005年11月18日 10:59
うー、今日もこんな時間…。しかもこれから更新開始です(汗)。先にレスしときます。

>おろおろ様
さっそくご意見ありがとございます。やっぱわけたほうがいいかもですね。私自身も携帯からコメントにレスつける時に、本文が長いとなかなかコメント部分まで行き着かないと思ってました(汗)。ライブドアブログは「続きを読む」の区切りの後からコメント部分にいけますが、seesaaはそれがないので。

>PONPON様
PONPONさんもありがとですー。パソコンからは長文でも特に問題ないかな、まとめてたほうがいいのかなと思ったりしてますが。最近けっこう携帯から見ていただいている方が増えた感じなので、分割にしようかと思います。
ムリは…ちょっとしてますが(汗)、好きでやってることなので、放置の方向でお願いします(汗)。

あのシンクロトペの前はそんな様子だったんですね。「タイガース、いくぞ!」って感じだったのかしら。
ビリー大先生の持つポジティブな空気は実にいいですよね。見ていると、自分もいろいろあるけど
がんばろうという気持ちになります。

カラスコたんはサービスです(笑)。
Posted by hazel at 2005年11月19日 03:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。