2008年05月12日

九州プロレス5.11志免町シーメイト観戦メモ(その1)

F1010409.JPG
5.11の九州プロレスプレ旗揚げ戦の観戦感想を。

会場の志免町シーメイトは、福岡市郊外の、志免町の公共施設。天神、博多駅からバスで30分ほどとやや遠いですが、駐車場がたっぷりあって、遊具のある公園、格安の入浴施設と休憩室、簡単な食事どころもあるので、子供連れの方が車でお手軽レジャーにくるのによいところ、って感じ。
試合会場はこの中のホールで。

健介オフィスからお花が届いてましたです。
F1010408.JPG

会場はひな壇席が一面、残り三方を囲む感じで席が。割とこぢんまりした広さですが、立ち見の方もかなりいて、超満員でした。

暗転からライトがつくと、リングには九州プロレスジャージを着た筑前さんが。
「帰ってきたばい!
自分の故郷、志免町で試合をすることができて、本当にうれしかです!」と気合入りまくりの挨拶。

さ、試合開始。

・○台風1号&台風2号(18分21秒ダイビングヘッドバット)阿蘇山&×桜島
20080511170904.jpg

試合前に映像が。全試合、煽りVがありました。各試合のコンセプトがわかりやすくていい感じ。

最初の映像は緑いっぱいの外に立つ阿蘇山の姿が。…これどこだろう。平尾台? Vの写真、とればよかったなー。
弟子に稽古をつける阿蘇山。岩場を登る弟子、なぜかバットの素振りの特訓をする様子もw

入場してきたのは、阿蘇山、そして弟子の桜島。阿蘇山を小型にした感じで、山マスクとコスはそっくり、桜島のほうが少しアズキ色系。2人とも煙噴出。
二人そろった姿は、ちょっとかわいいw

続いてスクリーンには「台風上陸!」の文字が。天気図と荒れた強風の映像がw
台風1号、2号入場。2人とも山組と比べるとかなり細身。顔にぐるぐるのシコデリコそっくりのマスク、全身タイツで胸には目が。…台風の目やねw 2人とも強風でひっくりかえったビニール傘を手にしてるw

災害キャラなのでルードのよう。客席に割って入っていくが、特に悪さをするって感じはなく、おとなしめ(汗)。
20080511171208.jpg

アナ「第1試合、山対自然災害…」…ぷ。

試合は、修行してきたばかりの桜島が災害の2人につかまるシーン多し。
阿蘇山はド迫力をみせつつ、コミカルな動きで軽く笑いをとる。このへんは慣れた感じですな。

それにしても、阿蘇山以外は初登場の選手、ややぎこちないところはあったが、ムーブはけっこうしっかりしてる様子。台風の2人は、一見見分けがつかないので、リングシューズとマスクの後ろから出てる髪で識別しましたが、特に1号はいい感じ。

F1010405.JPG

ただ、2人ともかなりちゃんとムーブをやってて、悪役って雰囲気は薄い(汗)。
コーナーに相手をふって、そこに1号が2号をふって突進…と思いきや、1号は手を離さず、今度は2号が1号を投げやろうとし、それの連続で2者が輪になってぐるぐるとコーナーの桜島にアタック。…台風攻撃w これはちょっとムダ感(汗)もあって好きでしたが、これ以外は特に台風キャラならではの動きがなかったのも物足りなかったかな?

ラストは桜島をロープに引っかけての攻撃から、1号がダイビングヘッドバットで勝利。

…今後、山コンビは台風の2人と抗争するのかしら。あるいは新たな災害キャラが出てくるんだろうか(汗)。


ラベル:九州プロレス
posted by hazel at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 生観戦メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。