2004年11月05日

大阪プロレス天王山2004・1回戦10.16&10.23デルアリ(サムライTV)その2

NEXT BATTLE
大阪プロレス天王山2004・1回戦10.16&10.23デルアリ(サムライTV)その1の続きです。

叫びながらの投げ現在は魔界風車固め…あ、魔界解散したっけ(汗)
・○タイガースマスク(11分51秒エビ固め)×Gamma
お、ガンマさんの紹介Vで流れたのは前のテーマ曲。ルード時代の力を見せる意図があるのでしょうか。そんなガンマさんも11.3の試合ではビューテ…(以下自粛)。
と、ガンマ魔神風車固め。川村さん「ガンマねー、カルガリー・ハリケーンズとか、烈風隊とか好きなんだよね」 …勉強になります。
やはりガンマさん、かなり調子を上げている感じがわかります。それでも、勝ちにいく気持ちがタイガースさんのほうが強かったような。タイガースさんは、いつも勝つ時は気持ちで勝っているという印象があります。勝ちたい気持ちが強い必死な感じは、見てて感情移入してしまいますが、そのせいで見てわかる「強さ」につながっていない感じも。そういうところも魅力ではありますが。

まだ満足しちゃいけないと
イガースさん、コメント。
「去年、天王山ベスト4に入ってるんで、一回戦勝ったぐらいで満足しちゃいけないと思うんですけど、今日の対戦相手のガンマさん。自分がデビュー前、そしてデビューしてもずっと、高い壁で、本当に勝てる日が来るなんてホンマに、自分でも…ホンマにうれしくて…まだ満足しちゃいけないと思うんですけど、ホントに…これからも頑張っていきたいと思います」

まだ満足しちゃいけないと勝ったぞー!
・ד兜王”ビートル(13分45秒ジャックナイフ)○ペロ
紹介VのペロたんのBGMは、マリリン・マンソンの「ビューティフル・ピープル」かしら。ビートルのほうは「デビルマン」のイントロっぽくもある。
KAZさん「ビートルの正体は一体誰なんでしょうね?」
川村さん「そんなのみんな知ってるっつーの。ミラクルマンがミラクルマンで仕切れなかったことを、この兜王ビートルに変身してやっていくことになったわけ。ビートルの生みの親は、あの永井豪先生。デビルマンとか、キューティーハニーとか…」 …あの、けっこう仮面は言っちゃダメですか(汗)。
…やはりペロたんの最後のジャックナイフは見事でした。私はけっこうボリュームがあって動ける選手って好きなので、ババレイ・ダッドリーみたいな感じになってくれたらすごくうれしいですが。

このまま優勝だ!
ペロたん、コメント。
「よっしゃー、一回戦、ビートルに勝ったぞー!金星だぞ金星。次、村浜武洋、絶対勝つぞ。大金星だ、見とけ!天王山、面白くしてやるから、このまま優勝だ!」
…マイクでもう少し感情がうまく出せるといーのになー。

えべザード、ウィザード、えべザードの連続えべラルドフロウジョン
・×えべっさん(12分11秒シャイニング・ウイザード→エビ固め)○ゴア
紹介Vに「この世の悪を叩き潰す為 怒りの神 降臨」の文字。そしてガラスが割れる音とともにえべ様のVが。一瞬ストーンコールドかと思いました(笑)。でもBGはズンドコ節。そしてゴアさんのV。「I am REAL PRO-WRESTLER」の文字が。最初にくるのが悪でもなく善でもなく、プロレスラーということ。なんかぐっとくる。
シリアスファイトのえべ様、いつもはすっぽ抜けるヘッドロックも決まり、「僕これきまるのはじめて見ました」 …私もそうかも。
しかし片エビを返されてそのままアンクルホールドにいくゴアさんの動きの流れが素晴らしい。いかんなあ。前からいいと思ってましたが、今年の天王山、ゴアさんにかなり持っていかれてます。
ゴア、プレンバスターにいくことろを逆に仕掛けられる。
KAZさん「持ち上げるの重いでしょうね、えべっさんの肉体は」
川村さん「ここだけの話、100kgオーバー」 …え。マジですか。そういやコロコロ度がアップしたような…。
えべ低空ドロップキック、もう一発、そしてシャイニングえべザード、しかし持ちこたえるゴア逆にシャイニングウィザード、立て直すとえべがまたえべザート、しかしその足をとってアンクルホールドするゴア。 …うーん、ここもすごいよ。さらにえべラルドフロウジョンまで。きれいにきまってましたよ。

越えてやるからな
ゴアさん、コメント。
「えびすのヤロー、なんだかんだいって強いじゃないか。あんだけ強かったら、毎日それだけの試合しろっつんだ。でも、去年も二回戦マグマに負けて、今年もマグマ。去年は腕試しで、自分がどれほどのもんか、ちょっと試したかったけど、今年は、勝ちに行く。どんな勝ち方しても。今年の天王山は、俺にとっては、下克上天王山。おいマグマ、おぼえとけ。全盛期のうちに越えてやるからな。おい、俺が第三章の主役だ。おい、おぼえとけボケ」

サービスカット(汗)猛襲!
・×ブラックバファロー(15分36秒チョークスラム→片エビ固め)○大王QUALLT
くそー、いちいち紹介Vがかっこいいな。
試合開始間もなく、バファが毒霧。
川村さん「毒霧はいいけど、俺の無人カメラの南極一号が真っ赤になったぞ今」 …確かにレンズに赤い水滴が(笑)。
視界をさえぎられたカルトがマスクを脱ぎ捨て、ペイントの顔をあらわす。
川村さん「グレートカブキみたいだな」 …ここでも言われてます、カルトさん(汗)。
KAZさん「バファもそろそろ上にいきたいでしょうね。いつまでもタッグ屋って言われたくないでしょうしね」
川村さん「本人ねー、けっこうタッグ屋って言われるのは好きみたいよ」 …そすか。
…ハードコアな戦いになればいいというわけではないけど、いつもやるわけではないのに、天王山という場でこのハードな戦いをやってしまうのはやはりすごいというか、メリハリのつけ方が素晴らしです。メリハリといえば。この方々、マイロランドであんなことしてた方々ですよ(汗)。

見とけよ!
カルトさん、コメント。
「おい、これでなあ、俺のブロックにはなあ、俺しか岸和田愚連隊がいないからよう、この俺が必ず決勝まで上がっていってやるからよ、バファローの分まで、必ず行ってやるからな、見とけよ!」

この続き、2回戦の試合映像はこちらに。
大阪プロレス10.29サタナイ(生ゴン映像より)

そして11.3IMPでの準決勝、決勝の模様は11.23(火)22:00〜23:00にサムライで放送があります。多分明日の生ゴンでも映像があると思いますので、放送され次第そちらも。
posted by hazel at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 試合中継onTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プロモVは会場で流れたものと同じみたいですね〜。今年はこのVが秀逸。「天王山だぞ〜!!」って気分にしてくれますよね。

なんだか会場で見てた興奮がそのまま伝わってくるような番組構成だったみたいですね。むしろ中継でも「熱さ、激しさ、プロレスらしさ」が伝わってくる試合ばかりだったというか…
Posted by ブラソ・デ・おろおろ at 2004年11月06日 13:50
>おろおろ様
確かに濃い放送でした。でも現場ではもっと濃かったんでしょうね。私は今回1回戦は見に行けてませんが、映像だけでも見れてうれしいです。
Posted by hazel at 2004年11月07日 01:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。