2004年11月07日

大阪プロレス11.3IMPホール大会(生ゴン映像より)

さて。昨日の生ゴンで放送された、大阪プロレス11.3IMPホール大会の様子を。この日は私も観戦してますので、見た時の印象なども少し書き足しつつ。

天王山2004準決勝
・×ペロ(9分17秒ラストライド)○“ビッグボス”MA-G-MA


水を噴き上げマグマ入場。そこを奇襲するペロ。バックをとるペロ、マグマは肘打ちで逃れ、ロープの反動でラリアットにいくが、ペロ再度マグマを捕まえバックドロップ。マグマ吼えてバックドロップの仕返し。ペロひかずに立ち上がり雄叫びをあげる。今度はラリアットの打ち合いになり、両者ダウン。

マグマはラストライドにいこうとするが、ペロ踏ん張り、逆に後ろに放り投げる。そしてペロ「おい、ラストライドやー!」と叫ぶや、なんとペロがマグマにラストライド。担ぎ上げる時にややもたつくが、技はきまる。しかしマグマはカウント2で返す。

ペロ、コーナーに上がるとマグマもあがり雪崩式ブレンバスター。そしてマグマ、ラストライド。ペロは返せず3カウント。

…とにかくペロたんが頑張って、力ではマグ兄にひけをとらないところを見せてくれました。後は、パワーファイターとしての技をもっと見せてもらえるようになれば、マグ兄打倒に一番近い存在になるのかも知れません。

天王山2004準決勝
・○ビリーケン・キッド(15分31秒ラス・エスパルダス)×タイガースマスク


リストをとるビリー、回転して逃れるやそのままアームホイップでビリーを投げるタイガース。今度はビリーがタイガースをアームホイップ、ドロップキックの相討ち、見合う2人。

…前半のこの息の合いっぷり、安定感がかえって双方の対抗心を見えにくくしている印象もありました。が、後半から変化が。

タイガース、ビリーをコーナーにふり、走りこむが逆にビリーに足ばらいをかけられる。コーナーに追い詰めたタイガースにビリー、ブロンコバスター。

タイガース、ビリーをドロップキックで場外に落とし、トペ。リングに戻るとタイガース、ビリーにジャーマン、バックをとるが逆にビリーがタイガースを丸め込みエビ固め、カウント2でタイガースが切り返すがこちらもカウント2。両者立ち上がったところでビリー、タイガースにラ・エスパルダ、フィニッシュの逆さ押さえ込みの体勢に入るがタイガースカウント2で肩をあげる。と、ビリー捕まえた肩を離さずグラウンドでもうひと回転で押さえ込む進化技、ラス・エスパルダスに移行し3カウント。

…最後のもう一ひねりの展開が面白かったです。ここにいくまでに、タイガースさんも初披露のストレッチ系の新技でビリーさんを追い込む場面もありましたが、ここでは放映はナシ。月末のサムライ中継の時に、じっくり見たいと思います。

天王山2004優勝決定戦
・×ビリーケン・キッド(18分04秒ラストライド)○“ビッグボス”MA-G-MA


ビリー、マグマをヘッドロック、そのままロープにいったところをマグマが抜け「当たってこいやー!」とマグマが挑発、ビリー、ロープから体当たり、動かぬマグマ。ビリー、別の方向からに再度走りこむ。がマグマ、いつもの見事な跳躍で飛び越え、再度向かってきたビリーを担げ上げ放り出す。

マグマ、ラストライド。がビリー、フォールをクリア。マグマ椅子を持ち出し殴りかかるが逆にビリーが椅子を奪い一撃、そしてライガーボム。そのままフォールするがマグマクリア。

ビリー、こうもり吊り落とし、フォールにいくがかえすマグマ。ビリー、ラ・エスパルダにいくが途中バックをとられ、マグマ投げっぱなしジャーマン。がすぐにビリーたて直し、再度エスパルダ、あわや…というところまでいくがカウント2。マグマ、仕返しにジャーマンの連打、そして"奥の手"ドラゴンスープレックスホールド、なんとかクリアするビリー。最後はとどめのラストライドでマグマ勝利。天王山3連覇を決める。

マグマ、マイク。
「俺の目標はな、3連覇ちゃうぞ。30連覇や。(UGMを指差し)おい、お前らどうしたおい、お前ら誰も俺に挑戦してくる奴いてへんかお前、おい! おい村浜お前どうしたお前おい!」と挑発。

と、怒りに叫びながらマグマに向かっていくタイガース、そのままUGMがリングになだれ込み、愚連隊と乱闘。と、ペロがバファとユタカにダブルのラリアットをお見舞いすると、マイクをとる。

「ふざけるな、愚連隊! 絶対、差は、縮まってる。これからは、ビリーやタイガースと力合わせて、若い力で大阪プロレスどんどん盛り上げていくぞ! もっともっとこの大阪のリング、熱く、熱く、盛り上げていくから、みんな、応援よろしくー!」

…まだペロとしてはシリアス戦線に入ったばかりで、試合もマイクも不器用な印象だけど、これから化けてほしいと思います。それと、若い力だけでなく、ベテラン勢の巻き返しも私は見たいです。

その他の試合はフィニッシュと結果のみの紹介。

・×内田祥一(7分49秒逆エビ固め)○ゴア

…内田さんのデビュー戦。試合後、内田さんをハグし、その手を挙げてあげたゴアさんは、善でも悪でもなく、ただ1人の先輩レスラーの姿でした(泣)。

・×えべっさん&的場真人(14分02秒体固め)スペル・デルフィン&○くいしんぼう仮面

…コーナー吊りのくいさんがばったり倒れてえべ様をフォール(笑)


・ビューティフルジョー&村浜武洋&○“兜王”ビートル(13分57秒エビ固め)大王QUALLT&ブラックバファロー&×ユタカ

…初登場のビューティフルジョー、バファに「ビューティフルじゃない」とつっこまれ、さらに「ウチのビューティフルなユタカに嫉妬するな」とか挑発される。ヒーローチーム、逆にカルトをブサイク扱い(汗)。しかしビューティフル、妙なキャラの立ち方で、なんとなく今後に期待(笑)。

うー。天王山、終わっちまいましたね。これから来年2.13の大阪府立での大一番へと向かっていくわけですが、どんな展開をしていくのか。誰かが特にフィーチャーされるのも悪くないですが、それぞれがストーリーを持ってどこから切ってもそれぞれにいいなと思える感じになるといいなと思います。でそれでもやっぱり特に活躍してほしいのはビ(以下略)。
この記事へのコメント
レポありがとうございます。
毎年の事ながら天王山は「終わり」から「始まる」んですよね。上手く言葉にできませんが。

2月の府立の前に12月にIMPがありますね。ココが岸和田・UGMともにターニングポイントになりそうですね。ベルト戦線とともに注目です。自他共に認める大阪一強い男・MA-G-MA親分に挑戦するのは?タッグチームとして完成されつつある虎☆ビリーのベルトに挑戦者チームは表れるのか?
個人的にはタッグ選手権やって欲しいです
Posted by ブラ・で・おろおろ at 2004年11月07日 22:58
>おろおろ様
天王山が終わると一段落した感じになりますが、次にどんな仕掛けが用意されているか楽しみにしたいですね。
12月のIMPではどんな試合が組まれるでしょうね。タッグタイトル戦もみたいところですが、もしや昨日の後楽園での展開が布石になるのかしら。いや、その前に…(1人いろいろ妄想中)
Posted by hazel at 2004年11月08日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。